初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

またしても更新が滞りました。

たくさんコメントありがとうございます。

ひとりひとりにお返事を差し上げたい気持ちはいっぱいですが
そうするとますます記事が書けなくなってしまいますので
今回もお許しいただいて
記事を書くことでお返事とさせていただきます。


息子はHSPではないかとコメントいただきました。

HSPを調べたところ
確かにそのような傾向はあるかなと思います。

ただ、HSPの定義で、
いくつもの項目のうち
ひとつでも当てはまらなければHSPではない
なんて書かれているものもあったりして
素人判断をしてはいけないなと思いました。

私自身なんとなくそんな傾向が無きにしも非ずですが、
そういう傾向があるのとHSPであるのとは
たぶんちがうんじゃないかとも思います。

そもそも世の中にはっきりとこうだというもの自体が
無いような気もしますし。

よくわかりません。


昔は個性で片づけられていたことが
最近は障害として扱われるようになり
それが良いことだったりよくなかったり
状況によりけりかなと。

HSPは障害ではないですし。



息子のアルバイトについては、
コネと書きましたが、
息子の状況をわかってもらったうえで
一種のジョブトレのような意味合いで
アルバイトをさせてもらう予定です。

息子には、仕事が忙しいので手伝ってもらいたいんだって、
というように伝えてあります。

毎日フルタイムというわけではなく、
週に何日か短時間で
とにかく外に出て体を動かすことをしてもらいたいのです。


息子がやるかどうか不安でしたが、
やる気になっていることがわかったので
10月から働くことになると思います。

問題はどれくらいの期間働かせてもらうかです。

これをきっかけに他でアルバイトできるように
なったらいいなと思っています。




私の手術のほうはまだその手技が保険認定されていないため
来年の春以降になることが決まりました。

母は私の手術のことが気になっているので
もしお金がかかるようなら援助するから言いなさいと
言ってきました。

私は
「親に頼るつもりはない」
と言ったところ、

「親に頼るつもりないだって?何を言ってるんだか」
と鼻で笑われました。

「それって、育ててもらったくせに」って言いたいの?

と私が言うと、
複雑な表情をしていました。


明らかに、育ててやった
こんなにしてあげた、
という気持ちがありありなのです。


以前も書いたかもしれませんが、小学校低学年の頃、
熱が出て吐き気があって学校を休んだとき、
おこづかいをあげるから一人で寝ていなさいと言われ
母は仕事に行きました。

一人で寝かされていたことよりも、
お金をあげるからという条件を出されたことに
私はショックをうけたのを覚えています。

幼稚園児のころからかぎっ子だったのですが、
その話をすると、
働かないとお金がなかったからと言われます。

私はかぎっ子だったことで
親を責める気持ちは皆無です。

でも、育ててやったのだから恩に着ろ
という思いを押し付けられると
さすがに抵抗したくなるものです。

だったら、
働いているから介護はできません、
と言っても許されるということでしょうか。

子どもは私一人ではなく
兄も姉もいるのだから、
私が親の面倒を見なければと負担に思うことは
全然ないなと思うようになりました。

そこは成長したなと(笑)。



この間兄にあったとき、
こんな話をしていました。

兄が初めて車を買う時に母からいくらかお金を援助してもらったら
(頼んだわけではなく母から申し出たのだと思いますが)
いつの間にか車を買ってもらったことになっていて、
伯母たちから
「車買ってもらったんだって」
と言われてとても嫌な思いをしたと言っていました。

確かに私も何度もその話は母から聞かされました。

他にも兄にお金を出した話はたくさん。


そうなんです。

母は人にやってあげたことを
手柄のように言いふらす人なのです。

私の話もいっぱい言いふらされていることでしょう。



だから私は母に何かしてもらったり
お金を出してもらったりするのはいやなのです。

娘にこんなにもしてあげたと
どれだけ言いふらしていることかと思うと
そうやって人を自分の思うとおりにコントロールしようとする
マニピュレーターは姉だけでなく母もそうだなと思って
暗たんたる気持ちになってしまいます。

母は頚椎を圧迫骨折してから
体を自由に動かすことが難しくなっています。

もともと掃除洗濯など
父にやらせていましたが、
90を過ぎて父の体力も落ちてきたようで、
父にあれこれ命令するように指示を出しながら
「お父さんもすぐ疲れたと言うようになってしまった。
 困った。どうしたらいいんだ」
と、自分の思うように父が動けなくなりつつあることを嘆いていました。

父の人生はなんだったんだろう。

かわいそうだと思うものの、
それも父が選んだことなのだろうと
思うようにしています。


母は末っ子で婿取りで両親を看取っているので
おそらく私に面倒を見てもらいたいと思っているし、
姉も私にその役割を期待しているのかもしれないと思うと
何が何でもその役割は果たさないぞと
逆に意地になってしまいます。

施設に入るしかないかな、と
わざとらしく言ってくるところもいやらしい。



母がもっと人の気持ちがわかる人で、
姉があんな人じゃなかったら
私はもっと両親のためにやっているだろうし
姉とも仲良くしていたでしょう。

でもそれは単なる「たられば」にすぎません。

現実を見据えて自分はどうするのか
しっかり考えていきます。


なんか、親の悪口になってしまいました。

すみません、
その部分はお読み逃しください。

母がやっぱり子どもに対して
「育ててやった」と思っている人間だとわかったので
気持ちを吐き出さずにいられませんでした。



「間違ってできた子で産むかどうか迷った。堕ろそうかと思った」
と言われてからの
「娘を産んでおいてよかった」(介護要員?)
という言葉を経ての
「育ててやった」(言葉にはなっていませんが)
にはさすがにちょっと、ねえ。




今日も読んでくださってありがとうございます。
人生いろいろありますね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD