初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

実は昨日、仕事でミスをしでかしました。

商品センターへ出荷依頼をしたときに、
送り先を間違って指示してしまったのです。

退社する直前に荷物が発送されたか確認したとき、
送り先が違っていることに気づきました。

これは大変だ!

あわてて送り状番号を教えてもらい、
運送会社に電話をして、
荷物の転送をお願いすることができました。

取次店に到着してからの転送になるので、
たぶん配達が一日遅れてしまいます。

お客様に電話してその旨お話ししてお詫びしました。

失敗したけれど、手遅れになる前に気づいてよかった。

私って運がいい。

反省しつつ自分の強運を再確認した出来事でした。




昨日はジョブチェンジの話題でした。

記事の雰囲気はまったく違うのですが、
ジョブチェンジがちょこっと見える素敵なお話を
ほぼ日の中に見つけましたのでリンクを貼ってみました。


ペットボトルキャップとわたし


後編の真ん中あたりに、
著者のジョブチェンジについてのくだりがあります。

憧れだったテレビ局に転職ができたあとの部分。



けれど、いざ入社してみると、思ったようにはいかない。
これまで若い企業で自由に働き過ぎたこともあったと思う。
文化やお作法がまったく異なる会社の中で、
会議で発言することのない自分‥‥
雑用をこなすばかりの自分‥‥。
仕事にのめり込んでいたこれまでが嘘のように感じられ、
日に日にわたしは透明人間のようになっていった。

誰か、わたしのことを
見てくれているひとはいるのだろうか。

いまの自分を、小学生のころの自分が見るとどう思うだろう。
もっと役に立ちたい。
だけど、うまくいかない。
宛名書きだけで終わってしまう1日もあった。
気づけばテレビはもう見なくなっていた。 


入りたい会社とやりたい仕事。

両方実現できたらいいのだろうけれど、
そううまくいくはずはない。

本人以外からしたら、
大きい会社、名の知れた会社、安定企業につとめているのなら
それでいいんじゃないのと思うかもしれません。

でも、外側から見たら素晴らしいと思える職場でも、
中でどんな仕事をさせられるかによって
精神的に追い詰められてしまうことだってあるでしょう。

この私も最近は、
生活のためだと割り切って
心を不感症にして耐えています。

一体どんな不満があるのだ?
と言われてしまうような恵まれた環境にあるにもかかわらず。



この記事の終わりの方に、
過去の経験が役に立って、
テレビ番組に関わる仕事もはじめることになった
とありました。


昨日の記事にもあった、スキルが合わさってレアになる
ということの実例ですね。

人生がどうころぶかなんてわかるはずがありません。




息子は特別秀でた能力は持ち合わせておらず、
勉強もあまりできずに高校受験は失敗しました。

けれどすべり止めで入学した高校がよいところで、
大学は息子にしては十分すぎるところに合格することができました。

なのに病気で休学。


人生は上がったり下がったり。

浪人した上に休学して、
人によっては「終わったな」と思うかもしれません。

でもこんな時代です。

この先どうなるかなどまだまだ全然わかりません。



姪は頭脳明晰、何をやらせてもそつなくこなす。

高校は勉強せずとも地域のトップ校の一つに入学。

けれど病気をしたこともあり、
がんばって勉強して難関大学に入ることより
やりたいことができる大学へ行くことを選びました。

姪も同じです。


今が良くても悪くても、
ずっと同じ状態でいられることはありません。

今やるべきこと、やりたいことは何なのか。

それを考えて毎日を生きるしかありません。




もうすぐセンター試験。

人によっては人生で初めての
自分の生き方に影響を与えるかもしれない大きな試練です。

みんな、がんばれ。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ただなんとなく毎日が過ぎるのって、すごく幸せなことですね。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD