初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク



こんにちは。

昨夜のふたご座流星群、ごらんになりましたか?

私は寝る前にちょっとだけ夜空を見上げました。

ものすごく寒かったのですが、
星が見えていたのでベランダに出ました。

そうしたらいいタイミングで、
北西から南東に向けてシュッと流れていくのを見ることができました。

その後すぐ雲が広がってきて星は見えなくなりました。

もう少し見ていたかったのになあ。



昨夜のクローズアップ現代+に信田さよ子さんがゲスト出演されるということを
ツイッターで知ったので見てみることにしました。

「夫婦げんかで子どもの脳が危ない?」というもの。

意外だったのが、暴力を見ていた子より
暴言をきいていた子のほうがより影響が大きいというもの。

激しい夫婦喧嘩はなかったけど、
夫の悪口を息子に言っていたなあ~と心配になりました。

夫の失業に伴うお金の心配から
どうしても愚痴を言ってしまっていました。


私、女性もバリバリ働くべきだと思っています。

理由は、夫が病気やけがで働けなくなったり、
失業したり離婚したりしても生活に困らないために。

パートやアルバイトじゃお小遣いにしかならないので、
それでは焼け石に水。

私がもっと高給取りだったら、
夫が失業してもあれほど追い詰められなかったと思うし、
子どもに愚痴ることもなかったはず。

もっと子どもと過ごす時間がほしかったとも思いますが、
お金がなければ生きていけません。

猿と違って人間の子どもは母親だけでなく
たくさんの人がかかわって育てられるようにできているとも聞きました。

もっとたくさん稼ぐことを考えていればよかったなあ。

これからの人には女性でもバリバリ働いて、
男性と対等に渡り歩いてほしいものです。


そういえば、サイボウズの社長、
青野慶久氏が選択的夫婦別性の訴訟を起こされました。

そして、選択的夫婦別性への反論への反論が話題になっていたので、
その記事を読んでみました。

夫婦別性に関しては人それぞれ考え方が違うと思いますが、
私は青野氏の記事の最初に書かれていた2つの原則、

1. 一人ひとりのニーズを尊重しよう。(多様な個性の尊重)
2. 社会の変化に合わせてルールを変化させよう。(生成発展)

に非常に共感しました。

こんな簡潔な言い回しではありませんが、
私もよくこのブログで同じようなことを書いています。

そうそう、私もそういうことが言いたいんですよーと。


そんでもって私も改姓によって不利益を被ったことがあったことを思い出しました。

このブログでも書いたことがあったでしょうか?

結婚してから社員旅行でハワイに行ったときのこと。

パスポートの名前、結婚したのち手続きをしたのですが、
サインは変えられないのでそのままだったのです。

社員旅行の企画をした旅行代理店の担当者が
旅行に参加する全社員のパスポートを集めていたのですが、
なんと私のパスポートを空港へ持ってこなかったのです。

名簿にあった名前と違うからという理由で。

確かにサインは結婚する前の名字ですが、
下の名前は変わっていないし滅多にある名前ではないので、
ちょっと考えればわかるはずです。

おばかさんだったのでしょうね。

結局パスポートがなくて私は出国できず、
翌日一人でハワイに向かう羽目になりました。

旅行へ行かずに家へ帰ろうかと思いましたが、
時間も遅く帰る交通手段もなかったので、
仕方なく翌日の便で移動しました。

夫婦別性だったらこんな問題は起こらなかったのでしょう。

ま、今は旅行会社の人がパスポートを集めるなんてこともないでしょうから
こんなことは起こらないと思いますけど。

ハワイかー。

もう一度行きたいな。

一度目は上記のような具合だったし、
二度目の姉の結婚式の時は足を骨折していて砂浜を歩けなかったから、
三度目の正直でワイキキビーチを歩きたいぞ。



今日も読んでくださってありがとうございます。
選択的夫婦別性になっても、私は夫の姓のほうがいいな。
こっちのほうがかっこいい。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD