初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

昨日の仕事帰りに寄った八百屋さんで
息子の同級生のお母さんを見かけました。

小学校は違いましたが、
保育園と中学校が一緒。

息子とは特別仲が良かったわけではありません。

ただ、同級だっただけですが、
保育園が一緒だったので
家族で一緒に出掛けたり遊んだことがありました。


お兄ちゃんは学校の先生になり、
同級生は一浪して難関国立大学へ入学したところまで知っています。

ということは、今4年生ということですね。



見かけたものの声を掛けられませんでした。

息子のこんな状況を恥ずかしいと思うとかというより、
これから息子がどうなるのか
親である私自身が状況の把握をできていないから。

休学して留年して、
でも今はちゃんと大学に行けているというのならそれでいい。

こんなんでさー

って話せますが、今は何も言えない。

まだ胸の中がもやもやしていて、
ぜんぜん吹っ切れていないから。



でもそのうち必ず知り合いにばったり会うはず。

そのとき私は何ていうんだろう。







新しく通うことになった病院は、
私が大学を卒業して最初に勤めた会社があったところの近くです。

今は会社員なら健診を受けるのが当たり前になっていますが、
私が働きだしたころはまだそうではありませんでした。

その会社で働き始めて5年目くらいだったでしょうか。

初めて健診を受けたのが、
今度新しく通うようになった病院だったのです。


そしてなんと、
紹介状を持ってその病院へ行ったら
受付で、カルテがあることを告げられました。

二十数年も前のことなのに。

「〇〇産業さんでしたよね」と会社名まで!

ちなみに今はカタカナの社名になっています。



もしかしたらこのブログに会社の健診のときのことを書いたことがあったでしょうか。


問診の時の先生がとても感じの良い年配の方で、
こんな話をしてくれました。

先生には息子さんが二人いて、
長男が物心ついたころはとても忙しくしていたから、
彼は医師というのはとても大変な職業だと思ったらしく
医師の道は選ばなかった。

しかし次男の時には仕事が落ち着いているときだったので、
医師という職業はそれほど大変だと思わなかったのか
医師になる道を選んだ、とおっしゃっていました。


どんな道を選ぶのかは本人次第。

たとえ親でも子どもの意志は尊重しなければなりません。



先日病院からの帰り道、
ちょうどお昼近くだったので
気になっていたお店のランチを食べてきました。

行きたいところへ行き、やりたいことをやる。


嫌な人には会わない。

好きだと思う人とは積極的にかかわる。


そう思う今日この頃。



今日も読んでくださってありがとうございます。
明日死ぬかもよ、の気持ちで今日も生きます。

あした死ぬかもよ?







にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD