初めての方は、よろしければこちらをご覧ください





こんにちは。

息子の引っ越しの日が近づいています。


物件探しやら何やらは息子に任せることに決めていましたが、
アパートの契約に関することが大方決まったある日、
今住んでいる物件を退去する連絡を、
「ええい!気になるのでやってしまえ!」と
私が大学生協に電話してしまいました。


そうしたところ、
退去の手続きは大学生協に直接行かなければならないこと、
私が電話した日が年内最後の営業日であること、
営業時間は5時半までであることがわかりました。

すぐさま息子に電話をして状況を説明し、
大学生協へ行くように促しました。


ちょっと心配しましたが、
息子はちゃんと生協へ足を運び、
手続きをしてきました。

ほっと胸をなでおろしました。


新しいアパートの賃貸契約に関する重要事項説明は
私が委任状を提出して息子が説明を受けました。

ライフラインやインターネットの契約などは
息子におまかせです。


ちなみに今日の時点で新しいアパートで
電気とインターネットは使えるようになっています。



息子が帰省して、
物件探しをしたときのことを話してくれました。

結構あれこれ見て回ったようです。

息子はSUUMOで探して、
いいなと思った物件を扱っている不動産屋へ連絡したようなのですが、
そこの不動産屋で扱っていない物件でも、
自分がネットで見つけた物件のことを話すと、
他のところから情報をもらってくれたそうです。

だからまずはネットで物件をチェックしたうえで
近くの不動産屋へ行けばいいのだと話してくれました。

今は大抵ネットワークが構築されていますからね。



その不動産屋で対応してくれた人と
私も何度か電話で話をしましたが
声の様子からとても若そうに感じました。

息子にそのことを話すと、

その彼は高校卒業した後フリーターをしていて、
水商売なども経験した後、
24歳で今の職場で働き始めたそうだと話してくれました。

だから20代後半か30代初めくらいかなと。


息子が無職だときいたから
そんな話をしてくれたのかもしれませんね。


そして息子は、
東京って案外地方出身者が少ないと言いました。

その彼も職場近くの出身だったようで、
息子が通っていた大学でも息子のクラスの子のほとんどが東京か
東京近郊から通ってきている人ばかりだったそうです。



どうでしょうか。

自分の要求を話すことができ、
人の話も聞くことができ、
プライベートな話までさせることができる息子です。

精神を病んでいるとか、
コミュニケーションがとれないとか
そういう引きこもりではないのです。



ということで、今日はここまでにしておきます。


今日も読んでくださってありがとうございます。
引っ越しが終わるまでは気が抜けません。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ 

 


AD