スポンサーリンク


こんにちは。

4月に入ったので、ブログ村のカテゴリーを一部、
「大学受験体験記」に移しました。

ブログを始めてもうすぐ2年になりますし、
通りすがりでこのブログにたどり着いた方の目次となるように
このブログを紹介しておくことにいたします。

このブログを書き始めたのは、
息子が浪人生になった2015年4月からです。

最初はFC2ブログのこちらで、2016年2月19日まで
浪人時代の一年間を記録しています。


地方都市在住。

地方にありがちな、高校なら公立、
大学は国立という土地柄。

息子は公立高校を落ちて、
底辺と言われる私立高校の進学コースへ入学しました。

模試の偏差値は30台を何度も見せられました。

ずっと40台を低迷し、地元私大も最初は合格圏内にないほどひどいものでした。

息子の大学受験を目の前にして夫が失業。

地元国立大学を受験しましたが、当然不合格。

現役時代に合格できたのは、
センター利用で受験した東京のMG大学だけでした。

そこでもよいと私は思いましたが、息子は浪人を選びました。
父親が失業している状態で、
東京の私大には行けないと思ったからだと後から知りました。

確かに実際難しかった。

その後夫は再就職できたものの、収入は少なく
今も生活は苦しいままです。


浪人して、息子はさらなる高みを目指していましたが、
思うように成績が伸びず、
予備校のチューターさんが代わったり、
本当の原因はなんだったのかわかりませんが、
模試を受けなかったり、予備校にも行かなくなっていきました。

息子も私も追い詰められていきました。


そんな苦しい浪人時代で、
苦手な数学は相変わらずでしたが、
国語と日本史がよくできたので、
センター利用でMARCHの一角の大学に合格することができ、
無事大学生になることができました。

ところが、息子は睡眠障害になってしまい、
2016年10月から大学を休学することになってしまったのです。

こうして経過を書いてみるとあっさりとしたものですが、
実際にはどろどろぐちゃぐちゃ、
心配して悩んでどうしようもなくてのたうちまわりました。

なんであんなことをしたんだろうということもたくさんありました。

息子のことは現在進行形で心配な状態ですが、
今は信じて見守ろうと思っているところです。

2017年4月から復学し、留年せずなんとか4年半で卒業できるのか、
そこが問題となっています。

【追記】
4月に入って息子から「大学辞めたい」という連絡が入りました。
すったもんだの末、もう1年休学することとなりました。
問題の先送りと批判されるかもしれません。
でもここで安易に中退を選ぶことが最善の策とは思えませんでした。
この1年でどうなるのか。
1年後、よい報告ができればいいなと思っています。

【追記2】
2018年4月に復学しました。
復学はしましたが、今度は留年の心配があります。
1年半の遅れで済まなくなるかもしれません。
でもそれでもいいと思えるようになりました。
少しずつ息子の生きる力を信じることができるようになってきています。



年度を記しましたので、
興味のある方はそれを参考に検索してくださいね。



このブログは大学合格のための指針になるものでも
参考になるものでもありません。

どちらかといえば、反面教師的なものになるでしょう。

でも、これを読んで冷静になったり、
我に返ってくれる人がいたらいいなと思っています。


受験は試練です。

苦しくて苦しくて逃げ出したくなります。

でも乗り越えてほしい。

乗り越えてもまたいろいろな試練が待っています。

人生はその繰り返しなんだなとしみじみ思っています。

そして、子どもがその試練に向き合っているのを見ている親もまた
苦しくて苦しくて逃げ出したくなるのです。

弱くてダメな親である私の醜態をみて、
どうぞ冷静になってください。

その苦しさから抜け出すヒントになるかもしれません。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD