人生なんとかなる!浪人生だった息子の母日記

2016年、息子は大学生になりました。が!なんと休学することに!母の苦悩は続くけど、息子を信じて見守るのだ。

2016年04月

息子の状況が少し見えました


携帯の機種変で母がスマホにしました。

母にとっては多分、最後の携帯電話になるでしょう。

死ぬまで挑戦し続けないと
人生はつまらないのかもしれませんね。

電話をかける、電話に出る。

それは大丈夫そうですが、
メールなどの文字の入力に四苦八苦していました。

でも、スマホだとラインなどができて、
普通のメールより手軽にやり取りができるので、
文字入力さえ慣れればなんとかなると思っています。

難しい、できない、と思うのではなく、
やってやる!と思うことは、
子供にも年寄りにも必要なことだなと感じました。



今日、息子からLINEが来たのですが、
「ひげそりの充電器って、そっちにある?」でした。

引っ越しの時に持って行ったはずだと夫が言っていました。

でも、どうしても見つけられないみたい。

どこかにあると思うのですが、
私は見ていないのでどうしようもありません。

夫は自分中心に勝手に物事を進めてしまうので、
こういうことが起こってしまいます。

自分の引っ越しじゃないんだから、
息子がわかりやすいようにしてあげなければいけないのに。

きっとどこかわかりにくいところへ突っ込んで、
どこどこに入れたからなとかなんとか言って
終わりにしたに違いありません。

そんなの息子が聞いているはずないのに。

で、どうしても見つからなかったら
買いなさい、ということになりました。

それにしても息子は引っ越してから今日まで
一度も電気髭剃りを充電しなかったのか。

また無精髭を生やしていたのかしらん。


息子に髭剃りのことで電話した時、
部活はどうなの?
大会には出ているの?
と聞いたら、
今のところ出てはいないけれど、
レギュラーメンバーには入っているということでした。

しばらく日曜日には大会があるようです。

関東には優秀な学生が通う大学がたくさんあるので、
息子も刺激になるのではないでしょうか。

わたし的には、
息子が電車で都内を移動する
っていうだけでよかったなーと思っています。

普段はアパートから大学まで徒歩で通っているので、
部活がなかったら東京の大学に通っている意味が
あまりないように思うのです。

理系や法学部なら勉強第一ですが、
文系の息子はどれだけ色々な経験をするかが
とても重要なんじゃないかな。


今日も読んでくださってありがとうございます。
勉強もちゃんとやっているのか、
今度聞いてみたいと思います。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ



*スポンサードリンク* 
 

里帰り中です


今日は私の実家に来ています。

息子がいた時はなかなか
泊まりで来ることができませんでしたので、
とても久しぶりのことです。


息子のことは気になるけれど、
いなくてとても淋しいということはありません。

この一年は家にいても部屋から出てこなかったし、
まともな会話もできませんでしたから。

私の記憶の中の息子は
今の無愛想な息子ではなく
小さくて可愛らしい男の子です。

だから、息子の部屋にある色々な物を見ると
切なく胸が苦しくなるのです。

もう二度と会えない可愛かった息子。

今の息子ではない息子。

でもこれで子離れができるのでしょう。


今日も読んでくださってありがとうございます。
スマホで入力はちょっとしんどいので
この辺にしておきます。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ


*スポンサードリンク*
 

ほかの子の進路が気になる



ゴールデンウィークですね。

みなさんはどこかへお出かけでしょうか。

以前ゴールデンウィークに夫の実家へ里帰り
しようとして大渋滞に巻き込まれ、
この時期には二度と行くまいと思ったものでした。

観光地なんですよ。

そういえば何年か前、
休日を分散してとる話が持ち上がったことがありましたね。

地域ごとに分けてとか。

現実的じゃないとは思いましたが
とんと訊かなくなったのは消滅したんですか?

祝祭日はなくして、
休みは好きな時に申請してとるというのが良いと
個人的に思っています。

学校の休みは祝祭日とは別に決めればいいことで、
子どものいる人は学校の休みに合わせればいい。

っていうのはどうでしょうか?

AD


妄想はこのくらいにして。


受験のあと、
子どもの友達や同級生はどうしただろう?
と気になるものではありませんか?

息子のことだって気にしている人がいるにちがいありません。

現に、最近ランチをした知人に、
気になっていたけど訊くわけにもいかないし・・・
と思っていたと言われました。

そうですよねえ。

デリケートな問題ですもんね。

人づてに浪人していると聞いていた
保育所時代から中学まで一緒だったAくん。

息子とは違って公立のトップ進学校へ通っていて、
きっとあそこの大学を狙っているんだろうなあとは思っていましたが、
昨日何気にネットで名前を検索したら
某予備校の合格者の声みたいな欄で見つけました!

やっぱり思っていた大学でしたが、
てっきり理系だと思っていたのに経済学部でした。 

お兄ちゃんも国立大学に通っていて、
ご両親は教員なので、
やっぱり持って生まれたものなのでしょうねえ。

 私も、あのひととあのひとに連絡しないとなあ。

スーパーでばったり会った時に、
大変なんだよぅ~と泣きついちゃったので。

すごく気にしていると思う。


今日も読んでくださってありがとうございます。
どんな進路になっても堂々としていればいいのだけど、
それは理想ですよね。
難しい・・・

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ


*スポンサードリンク*

教育を妄想する-スポーツのケース



もうすぐゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークには
家を離れて大学に行っている子たちは
里帰りするものなのでしょうか? 

自分が大学生だったら・・・帰らないかな。

高校時代の友達と遊ぶ約束がある
とかなら別だけど。

大学のホームページをみてみたら、
祝日に授業をし、平日を休みにしたり調整して
少しまとまった休みにしているようでした。

そうしてくれると何かとありがたいかもしれません。

AD


さて、今日のタイトルはなんじゃらほい?

野球などを観戦していると
一本ヒットを打たれただけで
ピッチャーが崩れてしまう場面に出くわします。

まーくんのように、
打たれてエンジンが全開になる
というような選手は理想ですが
なかなかいないかもしれません。 

野球以外でも、
スポーツは精神力だなとおもうことはよくあります。

能力がなければ勝てないことが前提ですが、
練習でできていることを本番で発揮できなければ
それは能力がないこととなんら変わりがありません。

失敗を恐れない人間などいません。

ピッチャーなら、ランナーがいる状態で
「打たれたらどうしよう」と思って逃げ腰になるのもわかります。

でもそれって、
ぴしゃりと抑える自分じゃなくて
打たれる自分を想像してしまっているということですよね。

ここからが私の妄想ですよー。

もし自分が監督やコーチだったら。

日本人はよく反省をします。
それは良いこととされています。
私もずっとそう思ってきました。

でも、今日のプレーをみんなで反省したら
良いことじゃなくて悪いことばかりが出てきそう。

今日のプレーはここが悪かったと、
失敗したことを思い出すのです。

繰り返しは記憶の定着につながります。

反省は、悪いイメージの定着になる。

それじゃあ、ピンチで怖くなるのがあたりまえ。

と、私は考えました。

じゃあどうするか。

失敗は忘れる。
思い出さない。

反省会では、今日の良かったプレーを出し合う。

ひどい試合の後はそれについて一切話をしない。

素晴らしい試合の後に、
今日はよかったねーとみんなでその試合を思い出す。

っていうのはどうでしょう。


今はずいぶん昔と指導方法が違ってきていてると思います。

優れた指導者のもと、選手が伸びています。

昔はど根性。


息子が小学生のころ、
スポ少の野球の試合を観に行ったことがありました。
そこで、おじいちゃんと言ったほうがいいような
おっさん監督がどなっているのを目にしたのです。

何やってんだー!
ちゃんとしろー!
勝つ気ねーのかー!

あのね、勝ちたくない子なんていないでしょ。

こんなおっさんがいるから、
失敗したら怒られるから、
ピンチで萎縮しちゃうんじゃないの?

と思うのです。

試合で怒っちゃいけないよね。

怒るなら、練習をさぼってるとか、
やる気がないとか、
そういうことについてなんじゃないかな。

ちゃんとしたプレー、教えてる?
ちゃんとってどういうプレーですか?

具体的に指導をしてあげてください。

自分で考えろ、とか、
人のプレーを盗め、とかじゃなくてさ、
ここをこうしたらもっとよくなるよ、
って教えてほしいの。

教えられないなら指導者失格ね。


今日も読んでくださってありがとうございます。
あんたは親失格、って言われそう・・・・

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ




*スポンサードリンク*

エースで四番



息子が宅急便を受け取ったと夫からLINEがきました。

もう、そんなことでいちいち連絡してこなくていいから。


夫は失敗を非常に恐れる人です。

誰だって失敗しないほうがいいに決まっていますが、
失敗を恐れていては何事もチャレンジできません。

受験だって落ちることを恐れていたら
絶対に安全と思われる大学しか受けられないだろうし、
そもそも受験に絶対なんてないし。

学力が十分でも体調を崩すとか、
交通事情で遅刻したり、
家族に不幸があったりとか
どんなことだって起こりうるのです。

夫は人が失敗をすると責めます。

茶碗を割ったりすると、
何してんだ!という言い方をします。


もうずっとずっと前のことですが、
浴槽の栓についているボールチェーンを引っ張ったら切れたことがあり、
「切れちゃった」と私が言ったら、
「切れたんじゃねーだろう。切ったんだろう!」
と言われたことがありました。

そういう言い方はどうなんでしょうねえ?

私は誰にだって失敗はあることだから
普段の生活の中で起きるそのようなことで
いちいち怒ったりはしません。

形あるものいつかは壊れる。

怒ったところで泣いたところで
壊れたものがもとにもどることはないのです。

失敗からしか学べないこともある。

この先の道がどうなっているのかは
行ってみなければわからない。

行き止まりかもしれないけれど、
もしかしたら近道かもしれない。

私は行ってみるほうなのですが、
夫は自ら行く人では決してありません。

いつもいつもずっと同じ道を通る人です。 



プロ野球だとピッチャーは投球に集中するために
4番を打つことはありません。
そもそもパリーグだと打席にすら立たないし。

でも、高校まではエースで四番というのはよくあることですよね。


私が子どもの頃のお勉強ができる人は、
エースで四番みたいな人ばかりでした。

勉強ができるしスポーツもできる。
学級委員長はもちろん
生徒会活動をしたり生徒会長になったりもする。 
ルックスもよかったりしてね。

持って生まれた才能で
自らどんどん成長していくタイプばかりだったなあ。

今ももちろんそういう子は多いでしょうが、
昔の田舎には存在しなかった
親や周りの協力で良い成績を収めている子が
今は結構いるのかもしれないなと思っています。

週刊親技というメルマガを今も購読しているのですが、
それを読むといかに自分がダメ親なのかを突き付けられます。

でも、どう頑張っても仕事をして遅く帰って
家事をやらなければならない毎日で、
子どもの勉強を見てあげる時間など皆無でした。

子どもの隣で勉強する様子を見ている時間がどこにあるというのか。

今さらどうでもいいことですけど。

研究者など学問で身を立てようと思っている人は別として、
ほかの多くの企業で働こうと思っている人は、
高校までとは違う経験という勉強をしていけばきっと大丈夫。 

少しでもたくさんの小さな失敗を重ねてほしい。
失敗しても大丈夫、と思えるように。 

本当の失敗は、失敗をしないことさ。


今日も読んでくださってありがとうございます。
失敗したんだよね、今日。
今度から気を付けようと思ったのは言うまでもありません。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ


*スポンサードリンク*
 
スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより
睡眠障害を患い休学ののち
大学辞めたいと言い出す
結局さらに1年休学することに

2018年4月に復学しました。
まだまだどうなるかわからず
ドキドキ中。

心配するのではなく
信じて見守る態度にシフトチェンジ

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ