人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

2016年09月

大学再受験の可能性

AD


こんにちは。

早く良い報告をしたいーという気持ちが焦るばかりで
いっこうに良い方に進まない状況です。

睡眠障害があるのは間違いがなく、
今日は3時過ぎまで電話に出ない、LINEは既読にならず、
非常に心配しました。

大学がつまらない、
大学に行きたくないという気持ちでいるうちは、
治る病気も治らないと思います。

学生相談室のスタッフのかたと話しているうちに、
ちょっとした気づきがあったことと、
誰もがするように情報を求めてネットサーフィンしているうちに、
今の大学にこだわらない方向を示してあげてもいいのかもと思いました。

そこで、息子が学びたいことが学べそうな大学の説明会が明日あるので、
行ってみようと思っています。

私の思いを息子に話したところ、
説明会に行って話をきいて、資料をもらってくるということに、
行かなくていいとか、ダメとかいう言葉がなかったので、
とりあえず行ってみることにしています。

嫌なら息子ははっきり言いますので。

決断するのは息子ですが、
情報提供するくらいはいいと思うのです。

ただそこの大学は、推薦やAOが中心の入試なので、
一般受験では狭き門です。

そのあたりのことも訊いてみるつもりです。


詳しいことはまたあらためて書こうと思っています。


今日も読んでくださってありがとうございます。
痩せられてラッキーって思おうっと。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

腹をくくるしかない

AD


こんにちは。

昨日はもう記事を書く気力がまったくありませんでした。

ご飯もぜんぜん喉を通らず、昨夜も今朝も無理やり胃に流し込む感じで、
昼は豆乳200mlで済ませてしまいました。

こんなに食べられていないのに、
体重って簡単には減らないものですね。

ダイエットがいかに難しいかがしみじみわかりましたよ。


詳しいことはまた後日に譲るとして、
とりあえず事の輪郭だけでも書いておきます。


息子はほとんど大学へ行っていない。

あらゆる手をつくそうと、
大学の学生相談室→学部事務室と電話をした。

昨夜も息子と話をした。

今日も学生相談室に電話をした。

なんとか息子に会いたいと思って、
部屋に入らなくていいから顔を見に行きたいとLINEを送ったら、
「日帰りで東京観光にでもくれば?」という返事が来た。

息子から日にちの提案があった。

8日。

8日に東京へ行って息子と会ってきます。


なんとなくわかったこと。

鬱じゃないね。

やっぱり大学がいやなだけなんだな。

それと、夜眠れない、朝起きられないっていうのは事実。

でも、何としてでも大学に行こうっていう気がないから、
ますます起きられないし行こうと思わない。


精神が病んでいないということが分かっただけで安心しました。

8日だと病院へ行った後だし、
詳しいことがわかりましたら、
もしかしたら同じような悩みを抱えている人がいるかもしれないので、
ここに書けることは書いていこうと思っています。


それから、もう一度「子どもを信じること」を読みます。

子どもを信じること



全然安心できないけれど、
ちょっとはご飯が食べられそうです。

短いけれど、今日は報告だけで失礼します。

本当に皆様、コメントありがとうございます。
お返事を書きたいと思っているのですが、
記事を書くことで精いっぱいです。

息子と電話で話したり、LINEでやりとりしたり、
時間がいくらあっても足りません。


今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログのタイトルを地で行っている。
神様っているんだな。
私に与えられた試練にちがいない。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

子育ては自分を基準にしてはいけない

AD


なんだかすっきりしない天気が続いていて気が滅入ります。

お日様が出るところまではいきませんでしたが、
明るくなったときにはやっぱり気持ちも前向きになりました。
またすぐどんよりした天気になってしまいましたが。


昨日の息子はとりあえず午後の遅い時間の授業に出ました。
午前中のは捨てています。

今日も午前中のにはやっぱり出られなくて、
午後のはどうだったんだろう。

あとで聞いてみるつもりです。

とにかくとれるものだけでも取るようにね、と。

ほぼ毎日LINEして、電話も入れています。

うるさがられてもいいんです。

今はこれでいいと思っています。



ここに何度も書いていますが、
私は幼稚園児のころからかぎっ子で、
姉は一緒に遊んでくれず、
小学生のころから一人でお昼を作って食べたりしている子でした。

一人が好きなわけではありません。

一人になりたい時もあるけれど、
基本的にはさびしがり屋で、
気の置けない人たちとワイワイやるのが好きです。

母は忙しかったので、中学生のころから自分でお弁当を作り、
進路も就職も何もかも自分で考えてやってきました。

一人暮らしをする時のアパート探しも
ぜーんぶ自分でやりました。

自由が好きです。

人から指図されるのが嫌いです。

だから私は息子にあれこれ強制したくないと思い、
中学生になったころから手を放しました。

もちろん危なっかしくて、
求められれば手も口も出してきました。

それでも極力息子を信じで任せてきました。


でも今になって思うのは、
自分と息子は違う人間なのだから、
自分だったらという仮定で息子を放置するのは
間違いだったのではないかということです。

息子にはもっと関わらなければならなかったのでしょう。

自分はこうだったから、ではなく、
きちんと息子を見て話を聞いて判断すべきでした。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

というのはまさにこのことだと今思いました。


前のブログに兄のことを書きました。

兄の高校も大学も、母が決めました。

それだけ見ると、子どもを自分の思うように操る毒親のように思えますが、
兄が自主的に行動することについては
おそらく一切ダメとは言わなかったのだろうと思っています。

大学時代に寝袋を担いで日本中を旅してまわったり、
欲しいと言われれば高価なロードバイクを買い与え、
写真に興味を持てば自室を暗室にし、
当然現像するための機器をそろえていました。

兄の弱い部分を補い、長所を伸ばしていたのです。

勉強も運動もできないダメな子ではなく、
興味のあることで輝ける人間に育て上げていました。

一方の私は、やっぱり勉強も運動もできない息子を憂いているばかりで、
そしてそのまま手を放してしまったのです。


お子さんがまだ小さな皆さんは、
私のことを悪い見本としてください。

子どものことをしっかりと見つめ、
どうしてあげることが最善なのかを考えてみてください。


私は今息子の顔を見ることができませんが、
声だけは聞くようにしています。



今日も読んでくださってありがとうございます。
太陽でてこーーい。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

経験した人にしかわからない*今さら思う親の気持ち

AD


こんにちは。

なんだかあちこちで地震がありますね。

地震は多い、大雨は降る、日本が壊れちゃうんじゃないかと心配です。

大震災が東京で起こって息子と連絡が取れなくなったら
そのとき私はどうするだろう。

とにかく連絡が来るのを待って、
まってもまってもダメだったら行くしかない。

そんな日は一生来ないことを祈っています。



仕事をはじめ、私たちには経験が大切であると言われます。

でも一方で、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とも言われます。

これは、オットー・フォン・ビスマルクの言葉だそうで、
直訳するとちょっと違っていて、
「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む」となるようです。

たぶん、客観的に判断しなければならない物事に関してはそうでしょう。

本を読んだり、人の話を聞いたりしてわかることもありますが、
子どもが困難に直面した時の親の気持ちというのは、
実際に自分がそういう立場にならなければ絶対にわからないものだ
ということを今回痛切に感じました。

想像することはできる。

でも、実際のこの気持ちは想像しても感じることはできないと思います。


俳優さんや芸人さんのプロフィールに
よく〇〇大学中退と書かれていたりしますが、
今はそのときの親御さんの気持ちに思いを馳せます。

人気が出て活動が忙しくなり大学に行けなくなった
というのならまだいいかもしれません。

でも、そのような人ばかりではないでしょう。


毎年プロ野球のドラフト会議が話題になりますが、
指名されて入団しても数年で戦力外になる選手がたくさんいます。

そんなときの親御さんの気持ちはどうだろう。

とてもたくさんの人たちが、
一般的に順調と思われているレールから外れ、
それを見守る家族もきっと子を思って苦しい思いをしているんじゃないか。

そんな思いに今なっています。

近くで見守れるならまだいい。

様子がわからないという苦悩。


一人暮らしを始めたのだからと意識して連絡を絶っていたことを後悔し、
試験期間にも心配ながらあえて電話などしなかったことを
今、本当に後悔しています。

遠慮せずどんどん息子に電話をかけていたらよかったのに。

過ぎてしまったことはもうどうしようもありません。

だからこそ、今できることをとにかくしていこうと思っています。


一つでも二つでも、単位をとれるものをとっていく。

それを私は応援する。


そんな学生、留年すればいいんだよ。
と言う人がいるかもしれません。
勉強しないんだからしかたない。
授業に出ないんだからしかたない。

正論です。

でも、自分の子どものこととなると、さすがにそうも言っていられないものです。


一人で生きていけるようになるための助走期間です。

滑走路が短くて済む子がいれば、
長いものが必要な子もいるのです。

だから、過保護だとか甘やかしすぎだとかいう声に動じず
しっかりと息子を見守っていきたいと思っています。



今日も読んでくださってありがとうございます。
親ってほんと馬鹿ですね。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

現在の状況報告

AD


こんにちは。

みなさまコメントを本当にありがとうございます。
そして、返信できていませんこと、申し訳ありません。

食欲がもどらず、
食べないから元気も出ず、
元気がでいないからおいしいご飯を作ることもできず、
作れないから食べられない・・・という悪循環に陥っています。


金曜日の夕方、仕事が終わってから事務所に残り、
息子と電話で話をしました。
(もちろん自分の携帯電話で)

家に帰って息子との会話を夫に聞かれたくなかったためです。

息子はあいかわらず事務室に行かず、
もたもたとしていました。

だったらお母さんがそっちに行くから事務室に一緒に行こうと言っても、
こないでくれの一点張り。

土曜日も事務室はやっているから、
必ず行くという約束で電話を切りました。

でも結局土曜日にも事務室に行かず。

新しく履修登録した授業にも出ず、
出ると言っていた体育の授業にも行かず、
大学がつまらない、授業に出たくない、と言い出す始末。

中退という二文字がちらつきました。

しかし、大学には行きたくないけれど大学は卒業したいという
矛盾したことを言っているのです。

事務室に行かないことが決定的になった昨日の3時ころ、
夫が髪を切りに行っている間に息子と電話でさんざん話をしました。

事務室に行かない、話をしないで電話を切ったら、
お母さんそっちに行くからね!とおどしをかけて。

かなり長い時間話をしました。


病院は予約をして再来週行くことになった。

大学はちゃんと四年で卒業しようと思っている。

やりたいことがあってそのための勉強もしたい。


文字にすると、なんとなく大丈夫そうに思えます。

しかし息子はまだひとつも授業に出ていないのです。

息子が思っているようにうまくいくのかどうか。

ここはほら、「子どもを信じること」でしょう!


とにかく月曜日の5時限に新しく履修登録した授業には必ず出るように
さっき電話して言いました。

新しく履修登録した授業と体育、
それに出たくないと思っている授業にでること。

それができたら私も腹がくくれるのですけれど、
そうしないと息子が望む大学卒業も難しくなってしまうと思って
胃がきりきりと痛んでしまうのです。

今のところ引きこもっているわけではなさそうなので、
もう少し様子を見ようと思います。


息子がやりたいと思っていることは何なのか。

忍耐強く話を聞き出しました。


ここにそのことは書きませんが、
へーーー、そうなんだと思いました。

息子は普通のサラリーマンにはなりません。

いわゆる公務員とか、名の知れた一流企業に就職したいとか、
そういうことはまったく考えていません。

どこに就職するのかではなく、
やりたいことがはっきりしているのです。

目標がはっきりしていることは良いようですが、
それ以外ないと思っていると危険である場合もあります。

でもそれは今心配することではありません。


ちょっと前に、将棋棋士の羽生善治さんの奥さんのツイッターについての記事をネットで読み、
興味を持ったのでフォローしました。

そして、彼女の以下のツイートに、そうだなと思ったのです。


「昨夜遅く、私のTwittweを覗き込んだ善治せんせいが、リクエストしてる人が沢山居るのにどうして承認しないの?物事は、心配して待つんじゃなくて、何かが起きたその時に最善を考えて答えを選択してゆけば良いじゃない。と無邪気に笑うのでそうしてみる。」


なるほどーですよね。

それから、どなたかへのリツイートでも、

「聖書にも、明日のことは思い悩むな、明日の事は明日自らが思い悩む。その日の苦労はその日だけで充分である。マタイ6:34とあります。明日考えよう~は、超ポジティブ主人と結婚後ネガティヴNo.1から変化。できる、やれる。」


とありました。

いいですね。

一緒にいて元気になれたりポジティブになれる人っていいな。


今心配してもしかたない。

なんですけどねー。

くよくよ考えてしまう母です。



今日も読んでくださってありがとうございます。
ちくしょー!ポジティブになりたい!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD

 
スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ