人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

2017年05月

読み返したから覚えている



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

すっかりご無沙汰してしまっております。


まずは、みなさまコメントありがとうございます。

初めての方にもたくさんコメントをいただき
とても嬉しく思っています。

なのにお返事が書けず、本当に申し訳ないやら情けないやら。


この頃、ものすごい眠気に襲われ、
ブログの更新がおぼつきません。

仕事が忙しくて今日も帰りが遅くなってしまい、
今、電車の中でスマホで入力中です。

途中からは家に帰ってからになると思いますが。


昨日は社外研修で、ビジネスマナーを学んできました。

今更?と思われるかもしれませんが、
私くらいの年代だと女性は研修など受けたことがなく、
先輩社員の見よう見まねで仕事をしてきた人が多数派です。

だから、間違っていることがあるし、
ビジネスマナーは時代とともに変化することもあるようです。

他業種で年齢も性別も違う人たちとの交流は
とても楽しかった!

ポジティブになれました。

でも体はしんどくて、
疲れているのに朝早く目が醒めるし
年齢を感じます。

ぐっすり眠りたいよう。


先日息子に会った時、おいおい!と思うことがあったのですが、
今日は書けないかな。

明日書けるかな。


   
先日記事にした、くらもちふさこさんの「おしゃべり階段」ですが、
電子書籍を購入してから2度読み返しました。


おしゃべり階段 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)



おしゃべり階段 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)



発行された日付を見ると、私が中学生の時だということがわかりました。

そうか、私は中学生だったか。

この本を読んでいて、
今なら絶対にこのような表現はできないだろう
と思われるところがたくさんありました。

タバコを吸っているところだとか、
学校で禁止されているのにバイクで通学していたり、
ヘルメットをかぶらずバイクを運転したり。

今この漫画を連載したら、苦情が寄せられそう。

そんでもって、高校生ってこんなに大人だっけ?って思った。

比較する基準が自分じゃなくて息子になっているからかも。

今の中学生や高校生がこの本を読んだらどう思うだろう。
感想を聞いてみたいな。



今日も読んでくださってありがとうございます。
くらもちふさこさんの「いつもポケットにショパン」は
どんな話でしたでしょうか?
題名は記憶していますが内容を覚えていません。
やっぱり文庫本を買って読み返したものじゃないと覚えていないものですね。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

息子に遊んでもらいました



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

東京からの帰りです。

昨日いつもの研修がありました。

研修の後、本社の人と3人でカウンター席しかないフレンチへ行きました。

話が弾み、ふと時計を見たら10時。

おっと〜!

ホテルにチェックインしたのはもうすぐ11時になるという時間でした。


今日は息子と10時45分に新宿駅で待ち合わせ。

もったいないお化けの私はそれまでの時間を時間を有効に使おうと、
上野公園へ足を運びました。

今回は銅像巡りがテーマです。

西郷隆盛像
ポードワン博士像
野口英世像

を写真に収めました。


新宿へは私も息子も10時半くらいに着きました。

10時半に着いたということは、
息子は9時半頃にアパートを出ているはず。

朝ごはんを食べたと言っていたので、
それは良いことだと思いました。


天気が回復したので予定通り新宿御苑へ行きました。

素晴らしいですね!

大都会のオアシス。

明治神宮とはまた違った癒しがありました。

バラの花も予想通り美しく匂い立っていました。

ランチは新宿御苑の中にあるレストランで食べましたが、
お弁当なども売っていてるのを見て、
持ち込んで食べるのもいいかもと思いました。


新宿御苑は千駄ヶ谷口から出て、
鳩森八幡神社へ行き、富士塚に登りました。

そこから青山霊園を通り、
ほぼ日のtobichiへ。


それで私の予定は全て達成されたのですが、
時間がまだある。

がしかし中途半端。

表参道をてくてく歩き、
表参道駅の近くのSubway で一休み。

そこからまたてくてく原宿駅まで歩いて山手線で新宿へ。

そして、紀伊国屋書店新宿本店へ。

駅へ戻り、ミロードのレストラン街でご飯を食べて息子と別れました。


今回もかなり歩いて、
股関節が辛かったです。

こんなんじゃダメだ。

まだまだ元気で遊べる体でいないと。


息子とこうして一緒にいると、
すごく元気でいられるし頑張ろうと思える。

息子よ。

あなたは私のエネルギーなんだよ。

わかってる?

わかっていないだろうな。



今日も読んで下さってありがとうございます。
エネルギーはすぐに切れちゃうんだよね、悲しいことに





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

医師としてあるまじき



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。


昨日の夕方ドラッグストアで買い物をしているとき
姉から電話が入りました。

母が入院していることもあり「何かあったの?」ときくと、
「すごい頭に来ることがあってさ!」と。


母が入院したのは背中の骨を痛めたからです。

入院するときには姉が付き添いました。

そしてそのとき、コルセットが出来上がって装着する日には
家族に立ち会ってほしいという話があったそうです。

母の入院は長引きそうだし、
いつ急に駆けつけなければいけなくなるかわからない、
お店をやっていてそうそう休むわけにはいかない状況なのだが、
コルセットを装着する日には必ず立ち合いが必要なのか?
と看護師さんにきいたところ、
立ち会わなくても大丈夫だとの返事をもらったと。

ところが昨日、担当の医師が患者である母に、
あなたの娘は気が強くて、コルセットを装着するにあたり
立ち会うように言ったのに拒否された。
とんでもない娘だ
というようなことを言ってきたというのです。

家族が立ち会わないことについて
看護師が医師に責められて苦し紛れにそう言ったのだろうと
姉は想像しているようでした。

家族の立ち合いが必要な理由は、
コルセットは自分で装着できないからとのこと。

姉は、説明されたって一緒に住んでいないんだから意味ないと。

まあ確かにそうなんだけど。

なんとなく私が立ち会いにいくのかな~とうっすら思っていたのですが、
そういう話もなかったのでそのままになっていたらこれですよ。

あちゃ~

誰も行きたくないなんて言ってなくて、
どうしても立ち会う必要があるのか訊いたら
立ち会わなくてもいいって言われただけなのに!
立ち会う必要があるならはっきり言ってくれればいいのに!
とすごい剣幕で怒っておりました。

私は看護師さんの気持ち、ちょっとわかります。

私の姉は、怖いんですよ。

普通にしていてもなんか怖いの。

だから姉の雰囲気にのまれて、
立ち合いは必須です、とは言えなかったのでしょう。

でもって、そのことを医者に責められて、
苦し紛れに姉を悪者に仕立て上げた。

そんなところだと思います。

人間の心理ですな。

瞬時に相手と自分の力関係を測る。

それはしかたのないことだけれど、
必要なことはちゃんと伝えなければなりません。
それが仕事であれば。

でも医者からそういわれた母は打ちひしがれた模様。

病院にいられなくなるからトラブル起こすのはやめてくれと。

医者も医者です。

弱っている患者にそんなこと言ってどうする。

直接姉に言えばいいじゃない。

本当に最低の医者だ。

素晴らしい医師はもちろんたくさんいます。

でも、そうじゃない人も結構な割合存在する。

病院にかかっている人は病気やけがで弱っているものだし、
人生の終焉を前につらい思いをしたら
家族も患者もどうしたって医師や病院を恨んでしまいます。

私の友達でも、何でもない事のようにがんの宣告をされて
ものすごいショックだったと言っていた子がいました。


もしかしたら医師を目指している人がこのブログを読んでいるかもしれません。
あるいはお子さんが医師を目指していることも。

できたら、病気やけがを治すだけでなく、
患者さんやその家族に寄り添える医師になってあげてほしい。

そう願います。



今日も読んでくださってありがとうございます。
母は今日コルセットを付けてリハビリをしたそうです。
がんばれ~



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

優等生やめます



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

NHKの朝ドラ、「ひよっこ」おもしろいですね。

とりたてて大きな展開がなさそうな話だったので
正直あまり期待していませんでした。

でも、おもしろい。

たぶん「母」である人にとっては特に。

そうそう、そうなんだよーって。

んでもって、娘側の気持ちもわかったりするし。

朝の癒しとなっております。



さてさて、みなさまいつもコメントをありがとうございます。

全然お返事が書けていません。
ごめんなさい。

ちょっと前まではお返事を書かなくちゃと思っていたのですが、
記事を書くので精一杯でどうも無理みたいです。

お返事かけません。

開き直ります!笑


皆様からのコメントはもちろん読ませていただき受け止めています。

心配してくださり、共感してくださり、見守ってくださっている。

本当にありがとうございます。


何度も書いているように、
まずは自分の精神状態の立て直しが必要なので、
コメントのお返事を書けない自分を情けなく思うことを止めることにしました。

お返事は書けませんが、コメント欄は開いておりますので
どうぞこれからも気が向きましたら書き込んでください。

なんかわがままですけど。


子どもに優等生を求めないように
自分にも優等生的な行動を課すことを止めます。

世知辛い世の中、
もう半世紀も生きてきたんだから
残りの人生はもう少しゆるく生きることを自分に許したい。

すごいとか、素敵だとか、
人の評価を意識した生き方をする必要なんかない。

人に迷惑を掛けないようにしつつ、
でも人は頼ったり頼られたりなんだから、
その辺のことも固く考えずにいけたらいい。


最近、赤ちゃんや小さな子を見ると、
あのころはよかったな~とすごく思います。

小さなころはお母さんが大好きなんだよね。

お母さんが一番なんだよね。

子どもに愛されるって最高に幸せだよねって。


子離れはしなくちゃいけないのだけど、
人はみんな「愛されたい」って思っているから、
その欲求をみんなはどうしているんだろうってふと思う。

犬を飼っている皆さんは犬からの愛を感じるかも。

ネコはちょっと微妙?笑

鳥も愛してくれますよ。

でも割と一対一の愛なので、
家族の中で一番を獲得できないとさびしい思いをします。
(鳥飼さんならわかるかな)



今日も読んでくださってありがとうございます。
やっぱりLINEは送らないほうが精神衛生上いいみたい。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

ひとりでいることと孤独はちがう



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

今日もおそくなっちゃったなあ。

時間の使い方がいかんのですよ、わたしは。


息子が休学しているにもかかわらず一人暮らしをしていると
心配なのはやっぱり孤独が精神に与える影響です。

現代社会で必要とされる能力の一つがコミュニケーション力といわれていて、
私たちは何となく友達がたくさんいたり
グループで行動する人がコミュ力が高いように思いますが、
必ずしもそうとは言えないのかもしれません。

そして、一人でいることが好きだからと言って
コミュ力が低いとも言い切れません。


息子は人が嫌いでも苦手でもなく、
ただ単に一人でいること、邪魔されずに好きなことをしたい
という意識が高いように思います。

逆説的ですが、それは感受性が強く、
気を遣わざるを得ない性格が影響しているように感じています。


休学中に自動車免許をとったら?と提案したら、、
車の運転はしたくない、事故を起こした夢を何度か見たことがある、
と言っていました。

だから、アルバイトすることもいろいろ不安に思っているのかもしれません。

息子はひとりでいますが、孤独だと思っているかどうかわかりません。

沢山の人と一緒にいても孤独を感じることはありませんか?
私は感じます。

人に会いたいと思ったら会えばいいし、会うと思います。

先回りして勝手に息子の気持ちを詮索し心配しないようにしたい。
今はそう思っています。



そんな一人でいるのが好きな人の心理を調べていたら、
蛭子さんの「ひとりぼっちを笑うな」という本の存在を知りました。

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)



息子とは関係なく、おもしろそうだったので
仕事帰りに買ってきてしまいました。

それから、昨日紹介したこれと、

バカボンのパパと読む「老子」 (角川文庫)



これも

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)



買ってきました。

息子ではなく、いかに自分の精神を安定させるかのほうが先です。


昨日と今日、息子は結構パケットを使っていたようです。

バイトでもしてたらいいんだけど、と夫が言うので、
あまり期待しないほうがいいよと私。

バイトじゃなくても外に出ていてくれたら今はそれでいい。


今週末、息子に会います。

そんなふうに、母親に付き合ってくれるだけで充分。

たぶんバラが咲いているから、新宿御苑にでも行こうと思っています。



今日も読んでくださってありがとうございます。
生きていてくれるだけでいい。
外出してくれたらすごくうれしい。
そんなこの頃です。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ