人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

2017年07月

受験生の夏に大切だと思うこと



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

皆様、夏バテしていませんか?

受験生のみなさんは勉強はかどっているでしょうか。

さっき思わず「受験生の夏」で検索してしまいました。

ご想像の通り、もっともなことが書かれた記事がたくさん。

我が家にはもう受験生はいませんからおなかいっぱい。

読んでも具合が悪くなっちゃう。


書かれている通りのことができれば素晴らしい。

でもたぶん、ちゃんとできている人は
そんな記事なんて読まない。

そして、できていない人は読んでもやらないんじゃないでしょうか?
かなりの割合の人が・・・・


親がそういう記事を読むと、
記事と自分の子どもとのギャップに不安になるでしょう。

もしかしたら不安や心配で精神的に不安定になるかもしれません。

親がそういう状態になってよい影響があるでしょうか。

ありませんよね。

だから、子どもが勉強しない、
こんな状態で大丈夫なんだろうかと不安な方は、
そういう記事を読んではいけません(笑)。

自分は散々読んでいたくせに、断言します。


その代り私がアドバイスするとしたらただ一つ。

生活リズムだけは崩さないように。

息子のように昼夜逆転してしまったら、
自分の意志ではもうどうしようもありません。

たとえ遊びに行ってもいいから
朝の時間のうちに起きて光を浴びましょう。

勉強させることはできなくても、
規則正しい生活をさせることは、
やりようによっては親にもできると思うのです。

息抜きしよう!
と、朝一の映画に誘うとか。

行ってみたいラーメン屋があるから付き合って。とか。

親子の関係がかなりぎくしゃくしてからでは
そういう声掛けにも反応しないかもしれませんが、
なるべくそうならないよう、
お子さんを追い詰めないようにできたらいいですね。


私は朝起きるのが苦手でしたが、
高校の時は英語の先生が希望者に
夏休みに入って一週間くらい英語の薄手のペーパーバックを使って
講習会を開いてくれたのと、
夏休みに10回、プールに通わなければならなかったので、
そのおかげで遅くまで寝ていた記憶はありません。

3年生のときは予備校の夏期講習にも通いましたが、
正直言って無駄でした。

全然頭に入らなかった記憶があります。

講義を聴いているだけではダメなことを実感。

受動的な学習は身に付かず、
やはり能動的でなければなりません。

そのためには参考書や問題集に取り組み
わからないところを先生に尋ねるというのが良いですね。

自分の場合は、ですが。

そう思うと結局、予備校に払うお金は無駄?

無駄なの?

いえ、ほら、規則正しい生活のためよ。

うん。




6年ほど前、資格を取るために勉強しました。

あのときは苦しかった。

月に3回毎日曜日に通い、
課題を提出し、
試験のための勉強をする。

フルタイムで働き、家事もしたうえで勉強もする。

犬は寝たきりになり目が覚めているときは吠える、
夜中に何度も起こされる、
そんな中でよくやっていました。

勉強するって大変。

よほど意志がないとできないことです。


Where there's a will,there's a way.
(意志あるところ道は開ける)


本当にやりたいことがある。
何が何でも行きたい大学がある。

そう思える受験生はきっとやりきれるでしょう。

そうじゃない場合。

ある程度流れに身を任せるしかないのかもしれません。

だって、進む方向がわからないのだから。



今日も読んでくださってありがとうございます。
私はどっちへ向かおうかなあ。


*広告*

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

介護は疲れるのだ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

実家に行くとやっぱり疲れます。

買い物に行って、昼食と夕食を作り、
母にシャワーを浴びさせ、
話し相手をして掃除もして。

帰ってくると10時。

日曜日にはぐったり疲れてしまい、
掃除や片付けをしなければならないのに、
なかなかできません。

自分に余裕がないとできないものですね。

ま、言い訳なんですけど。

でも今週からヘルパーさんが入浴介助をしてくださることになりました。

なので、その分少しは楽になるかも。



読書もあまりはかどっていません。

読みたい本はたくさんあるのに。

ですから最近はツイッターなどなるべく見ないようにして、
通勤電車の中で本を読むようにしています。

もう少し時間を有効に使わないとね。


大学もそろそろ夏休みでしょうか。

息子は休学中ですから夏休みは関係ありませんが、
いつ帰ってくるつもりなんだろう。

明日あたりきいてみることにします。


大学生の帰省はどのくらいなものでしょう。

アルバイトをしていたり部活があったりすると
お盆の時期くらいなものでしょうか。


コメントのお返事が遅れてしまうことが多いです。

でもお返事は書きたいと思っています。



今日も読んでくださってありがとうございます。

「おかんメール」の小さい文字の部分を読むのが大変。

拡大鏡がないと辛いかも。

老眼、やだー。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

自分の人生を歩く。楽しく



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

このごろなかなか早く帰れません。

要領が悪いということもありますが、
仕事ってうまいぐあいにばらけずに、
暇な時と忙しいときとあるもので、
夕方になって急に大量の仕事がまわってきたりするものだから
やっぱり今日もおそくなってしまったー
ということが続いています。

とはいえ、夜に予定があると何が何でも片づけちゃうんですけどね。

来月は8日と9日に予定が入っていて、
この日はブログの更新が多分できないと思います。

8日は野球を観に行きまーす。

9日は大学時代の友達と女子会でーす。

夏休みをうまく取り入れつつ楽しみたいと思っています。



女子会は6人で全員既婚者だけど、
子どもがいない人が二人。

3人が学校の先生。

みんなバリバリ働いている。

6人のうちの一人とは年に1~2回くらい会っていて、
息子が休学していることを話しています。

といっても4月以降も休学している話しはまだしていないので、
今回はみんなの前で息子の話しをするつもり。

ここで隠してもしかたないし、
案外良い話がきけるかもしれないし。

息子の同級生や友達のお母さんには息子の手前話せないけど、
息子と直接つながりがない人には話してもいいと思っています。

自己開示すると相手も心を開いてくれるものです。

もちろん世の中には自分が優位に立ちたくて
自慢話をしてくるような人がいるかもしれないけれど、
私の「友人」にはそんな人いないし、
そういう人だと思ったら2度と近づかなければいい。


夫の取引先の人で、
一度重い病気をしてからやりたいことは
どんどんやることにした人がいるそうです。

ハーレーでツーリングするんだって。

趣味でつながる仲間がいて、
プライベートには深く入り込まないらしい。

そういうの、いいな~って思う。

私も好きなことでつながる仲間がほしいなって思っています。

その集まりでは、家族のことは話さない。

旦那さんが何をしているとか、
子どもがいるとかどこの学校だとか、
そういうことを詮索しないルールの集まりがあればいい。

ときどきいるよね、
自分のことを語らず子どもの話しばかりする人。

子どもの人生を生きちゃいけないよ。

しっかりと自分の人生を歩いて行かないと。


今日も読んでくださってありがとうございます。
受験生の皆さん。
夏休みで大切なことは生活リズムを崩さないことですよー




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

おかんメールに癒される



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

今年も高校野球の季節が近づいてきましたね。

今でこそプロ野球大好きですが、
子どものころは見たい番組がプロ野球中継でつぶれるし、
野球選手のムチムチした体がいやであまり見ていませんでした。

でもね、高校野球は大好きでした。

夏休みの多くを甲子園大会のテレビ観戦に費やしました。

夫はデータ大好き人間なので、
どこのだれがどうこうということを今でもよく覚えています。

しかし私はそんなことはどうでもよく、
とにかく野球の試合そのものを楽しんでいました。

判官びいきでした。

今はそうじゃありません。

野球に高校生活のすべてを費やしてきた子どもたちのことを思えば、
公立だとか私立だとか、
地元の子ばかりだとかそうじゃないとか
そんなことにこだわるのはナンセンスだと思うから。


ネットで、「レタスクラブ」が売れているという記事を読み、
最近はなるべく雑誌など買わないようにしていたのですが、
たまにはいいかと書店に足を運びました。

ええ、買いましたとも。

レタスクラブ ’17 8月号



付録も魅力的でしたから。


ついでに書店内をふらふら~とさまよっていたら、
目に付いた本がありました。

おかんメールFinal



おかんメールfinal

ぱらぱら~とめくって立ち読みしたのですが、
もう笑いをこらえるので必死。

おもしろすぎる。

さんざん迷いました。

ほしい。

でも、こんな本を買ってどうする?

そして出した結論は、購入です!

笑いは素晴らしい。

めちゃハッピーな気持ちになれます。

そしてなにより、
子どもが母親を面白がるところに「愛」を感じて
自分の息子もそんなふうに思ってくれていたらいいななんて
わずかに希望をもったりしました。

私のブログの読者の皆様はお子さんのことで
苦しくつらい思いをされている人が多いかと思います。

そんなときにこの一冊(笑)。

つらいことをちょっとでも忘れる時間をもって
心の回復をはかりましょう。


今日も読んでくださってありがとうございます。
人生に無駄はない!





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

嫌いな気持ちをどうする



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください

スポンサーリンク


こんにちは。

以前、カルロス・ゴーン氏が新聞にコラムを連載していました。

今でも忘れられないコラムがあります。
それはお嬢さんのことについて書かれたものでした。

詳しい内容については忘れてしまいましたが、
嫌いな人に嫌な態度をとってしまいそうになるのだが
どうしたらいいのかという相談を受け、
嫌いな人からは離れればいい、と答えたというようなものでした。

なんとなく波長が合わず、
一緒にいるとイライラしてしまう人はいるものです。

私自身のことで言えば、
合わないと思う人には近づきません。

問題は、向こうから近づいてくる場合です。

とはいえ、大人ならなにがしかの言い訳で
いくらでも離れることはできるでしょう。

でも、子どもの場合はそうもいかない。

離れればそれが「仲間外れ」といういじめととらえられる可能性もある。

我慢してつきあえば、
どんどん自分の領域に入り込まれて苦しくなる。

自分に正直でいられないのが子どもかもしれません。


社内でも、ちょっと合わないなーと思う人がいます。

他の営業所の事務員さんです。

一緒にいて心地よくない。

話が盛り上がる共通の話題もない。

Web会議には毎回定刻になっても入って来ない遅刻の常習犯。

忙しいと電話に出ず、
困ったそこの営業所の営業マンが私に仕事を依頼してくる。

よく言えばマイペース。

みんな大人だから誰も彼女の悪口は言わない。

でも、心の中でどう思っているのかはなんとなくわかる。

社員旅行はめったにない情報交換の機会なので、
夜を徹しておしゃべりに花が咲く。

そのためには同じ部屋になることが必要なのですが、
去年の社員旅行ではその人だけ
本社の若い子たちと同じ部屋割にされていました。

私はそこに意志を感じました。

意図的に彼女だけ外されたなと。

自分だけ別な部屋で不満そうでした。

そうして彼女以外の営業所の事務員さんと、
本社のベテラン事務員さんたちで朝方まで語り続けました。

こういうのもいじめというんでしょうかねえ。


いじめは陰湿だったり、
いじめというよりは犯罪であるものも多いですが、
まずはお互い合わないと思ったら距離をとるのがよいと思っています。

ただ、学校というところはそういう子たちを
無理やり一緒にさせて仲良くしなさいと言うことがある。

最近はクラス編成するにあたり事前に聞き取り調査をしていますが、
それもどこまでできているのか。

いじめをなくす取り組みはもちろん大切ですが、
大人の世界をみてもわかるとおり、
いじめをゼロにすることは不可能です。

であれば、なくす取り組みと同時に、
嫌なことは嫌と言う訓練であったり、
友達がいなくてもはずかしいことじゃないと思えるようにしたり、
何より弱い自分を親が受け止めてくれると思えることが
大切なんじゃないかなと思ったりしています。

欠点だらけの自分、万歳!

完璧な人間なんていないし、完璧じゃなくていい。


ということで、現在の懸案。

某営業所の事務員さんと、
秋の全体会議の後、東京に泊まって一緒に遊ぼうと話しているのですが、
他の事務員さんを誘うかどうか迷っています。

誘ったところで話に乗るかどうかはわかりませんが、
もし一緒に遊ぶといわれたら、ちょっと困るなーなんて。

だってほら、過度のマイペースだから。


息子は昔からあまり友達とつるむ方ではありませんでした。

でも、仲間外れにされるようなタイプではなく、
かといって積極的に人にかかわるほうでもありません。

人と一緒にいるのも一人きりでいるのも
どっちでもいいし気にしない、という感じなのかも。

今息子は休学中でアルバイトもしておらず
ひとりアパートにこもっていて精神的に心配になりますが、
本人は全く気にしていないのかもしれません。

もう大人。

自分のことは自分で決められるし、
困った時には連絡をよこすので大丈夫と思うことにします。


それにしても、一日の中でも気分の上下が激しくて、
どうしたもんじゃろのう(古っ)と思う今日この頃。



今日も読んでくださってありがとうございます。
来月は大学時代の友達と飲み会あります。
楽しみ~




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ