人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

2017年09月

私が考える思いやり



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

日に日に空気が清涼さを増しています。

日暮れも早くなり、
虫の声もだんだん少なくなってきたように思います。

日差しに力強さはまだ感じられますが、
これから一気に寒くなっていくのかもしれません。


息子から書類がまだ届きません。

なのに、「お金振り込んでもらっていい?」
というLINEは届きましたよ。

ギリギリで焦るのは嫌いなんだよ。

早くしろ〜(心の叫び)



私の年代くらいまでは、
育ててもらったのだから親に感謝しなければならない、
という考えは当たり前のことでした。

今でもそういう考えは普通にあるかもしれませんが、
「毒親」とか「母が重い」とか、
平和で生活が豊かになったゆえの問題が顕在化してきて、
昔とは違ったことが言われるようになってきました。

「あなたのため」というのは本当は子供のためではなく
親自身のために言っていることである、とか。

本当に子供のためを思うなら、
親の価値観の押し付けではいけない
という考えが少しずつ浸透してきているように思います。

少しずつですけれど。



親と子の関係とは違う話になりますが、
本当の思いやりというものは、
相手に気づかれないようにするものではないかと
私は個人的に思っています。


だいぶ昔の話になりますが、
姉が私にこんなことを言いました。

人に何かをやってあげたら、
自分がやってあげたと主張しなければ
相手にわかってもらえない。と。

当時私はまだ若かったので、
そんなものかと思ったものですが、
今は全くそうは思いません。

それって、相手のためじゃないし、粋じゃない。

私はあなたにこんなことをしてあげたよ、
喜びなさい、感謝しなさい、って言っているようなものだもの。


私なら、やってくれなくて結構、って思っちゃう。

だから、人にやってあげる時は、
相手が負担に思わないよう、
申し訳なく思わないよう気を配ります。

何かを差し上げるときも、
高価すぎるものは控えるとか。


母と姉は、自分のためにやっているにすぎないと感じます。
相手のためじゃなく。

そういう人にはこちらも
「あなたのために私はこんなにやってあげてますよ」
ということをわかるようにやらなければなりません。

感謝してもらいたい人は、
やってもらうことも好きだからです。

さりげなく気づかれないようにやっていても、
「あの人は何もしてくれない」と言われるのがオチなのです。

ああ、めんどくさい。


でもね、さりげない思いやりは、
そういうことができる人は気づくものです。





書店に行くと、ついつい「ひきこもり」という
言葉がタイトルにある本が目についてしまいます。

たいていは、ひきこもりに否定的な内容です。

でも、今日は全く別の本を見つけてしまいました。

なんと、吉本隆明さんの、「ひきこもれ」です。

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)



この本は2002年に刊行されたもので、
私が購入した文庫本は今年の9月で第6刷となっていました。

それだけ多くの人たちに読まれているということです。

目次を読んで、買わずにいられませんでした。


第1章 若者たちよ、ひきこもれ
ーーーコミュニケーション能力を過大視するな

他人とのつながり方は、それぞれでいい

「食べさせてもらえる」環境からの自立

第2章 不登校について考える
ーーー「偽の厳粛さ」を子どもは見抜く

教師が生徒と向き合おうとするから生徒は迷惑する

子ども自身も、自分に対して寛大になってしまっている面がある

学校なんかに期待する親は大きな間違いを犯している

第3章 子どものいじめ、そして死について
ーーー「傷ついた親」が「傷つく子ども」をつくる

いじめる子どもと、いじめられる子ども
どちらも心が傷ついている

いじめている子どもを叱っても何の解決にもならない

子どもの自殺は親の代理死である


目次からめぼしいものを書き出してみました。

子どもが一般的に「順調」とされている路線から
外れていると思っている親なら
ついつい興味を持ってしまうのではないでしょうか。


まだ読んでいませんので、
目次を読んで感じた印象とは違う内容かもしれません。

でもまずは読んでみようと思います。


今日も読んでくださってありがとうございます。
もがき苦しむことが自分を成長させていると思いたいです。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

肉体も精神も健康でいるために



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

昨日会社を休んだので、
今日出社で明日からまた休みというのはうれしい。

しかも、今週は姉が母のところへ行ってくれるというので
ゆっくり休めるのもいいね。

明日は市場の雑穀屋さんに行くことにしよう。

ハトムギとえごまを買いたい。


ハトムギは言わずと知れたヨクイニン効果で美肌のためと、
むくみ予防を期待しています。

国産(富山県) はと麦(ハトムギ) 1kg チャック付



えごまはαリノレン酸が多く含まれているということで、
血流改善、動脈硬化の予防、脳の神経細胞の活性化などなど、
まあ少しでもボケ防止になればいいなと思っているわけです。

国産 青森県産 えごま・白えごま(じゅうねん) 78g メール便発送




ハトムギはハトムギ茶を飲んでいるし、
えごま油なんかも使用していますが、
もうちょっと食事に取り入れたいなと思いまして。

ハトムギは多めにゆでて小分けして冷凍しておけば
ごはんに混ぜて炊いたりスープに入れたり
手軽に食べることができます。

私はあのぷちぷち感が結構好きです。

その辺のスーパーでは手に入らないのですよね。

今はネットで簡単に手に入りますが、
通勤定期を利用して市場に行くことができるので、
私の場合は直接店から買うことにしています。

雑穀専門のお店なので、
ほかにもいろいろあって見ているだけで楽しかったりしますし。

昨日はひよこまめをひき肉に混ぜてハンバーグにしました。

豆類が体にいいというので。

レンズ豆も買ってあるので、
こちらはスープにする予定です。



なかなか心穏やかでいられない毎日。

都会では仕事帰りにお坊さんのお話を聞く会みたいなのがあるときいたことがあります。

こちらでもそんなのないかなーと思ってネットで探してみましたが、
なかなかこれだ!と思うものはみつかりませんでした。

そんな中、こんな本をみつけたのです。

ブッダの瞑想法: ヴィパッサナー瞑想の理論と実践



ヴィパッサナー瞑想の全体像を、
理論面と実践面から明快に解き明かした入門書ということで、
本を読むだけじゃコントロールできない私の心を
瞑想を実践することでなんとかできるんじゃないかと思ったのです。

ちょっとお高い本なので迷いもありますが、
とにかく今の私の心の状態が思わしくないので、
いろいろなことにチャレンジしてみたいのです。


そうそう、今日素敵なツイートを目にしました。

たくさんの人がいいねやりツイートしている
辻仁成さんのツイート。



息子よ。気分下がったら人間下がり続ける。気分を上げよ。上げる方法を父ちゃんが教えたる。まずゴミを出せ、親友に電話しろ、部屋の窓を開け、光の中を歩け、なんなら走れ、大笑いしろ、なんなら声を出して泣け、爆睡、ストレスの原因と名前をトイレットペーパーにすべて書き出し、大で流せ。大だ!笑


素敵なツイートだなと思って、
息子にもコピペしてラインで送りました。


そして、昼休みには外に出てちょっと遠くのスーパーまで歩いてきました。

光の中を歩いてきたのです。

暑くも寒くもなく気持ちの良い天気で、
気分もちょっとは上向きになったかな。

閉じこもっていちゃだめだというのがよーくわかりました。

このツイートは手帳に書き写して
ときどき見返そうと思っています。


今日も読んでくださってありがとうございます。
肉体的にも精神的にも健康でいないとね。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

先延ばしが自分の首を絞める



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

ベランダで育てている柚子の木に小さな幼虫らしき虫を見つけました。

はじめは虫かどうかわからないくらい小さくて、
ゆずだから多分アゲハか何かの幼虫だろうと思い、
百均で買ったマクロレンズで接写撮影いたしました。

それを虫好きの兄に見てもらったところ、
クロアゲハの幼虫ではないかと。

このままにしておけばゆずの葉をみんな食べられてしまいます。

でも、アゲハの幼虫は食べる葉が決まっているので、
その辺にポイしてしまったら生きることができません。

ゆずを取るかアゲハを取るか。

葉が食べられてもゆずの木は枯れないだろうということで、
今回はアゲハの幼虫を育てることに決めました。

虫は嫌いですが、やっぱり命を粗末にするのは忍びなく。

以前にはアリッサムに青虫が発生しているのを発見したのですが、
アブラナ科に着く青虫だからモンシロチョウか何かだろうと思い、
やっぱり育てて羽化までこぎつけたことがありました。

今回はゆずの葉が蛹にまで足りるかどうか心配です。

足りなそうだったらミカン科の何かを買ってくるつもりです。



ここで何度も取り上げている小池一夫さんのツイッター。

今回もそうそうそうなんだよねーと思うものがあったのでご紹介いたします。



生活の問題の大半は、「めんどくさい」から出来ている。めんどくさいが、小さな問題を大きな問題へ変えていき、やがて自分の首を絞める。めんどくさいは、小さなめんどくさいのうちに芽を摘んでおくことで、生活の質は非常に高くなる。81の体験と実感として。


これ、その通りですよね。

私なんて昔からどんどん貯めていき、
どうしようもないところまで自分を追い詰めていました。

やればできるのにやらずに終わらせたことも数知れず。

勉強だって毎日コツコツやっていたら
もっといい大学に入れただろうに。


今日は有給休暇を取って家にいましたが、
やろうやろうと思っていてやらずにいたある箇所の掃除をやりました。

片付けなければならないところはまだまだたくさんありますが、
とりあえず今日はいくらかできたのでそれで良しにしました。

そして、皆さんへのコメントのお返事を書きました。

もしお返事かき忘れてしまった方がいらっしゃったらごめんなさい。


コメントも生ものですから、
すぐ返信しないとトンチンカンになってしまうこともよくあります。

寝る前にPCやスマホの画面を見ることは
質の良い睡眠を妨げると思い、
できるだけ昼休みにお返事するように心がけているのですが、
昼休みも仕事せざるをえないことが多く、
なかなかどうしてお返事がままなりません。

でもこれは言い訳。

帰りの電車の中でも書けるのですから、
これからはできるだけ都度お返事をしようと思っています。

何事も先延ばしは自分の首を絞めるもの。

子どもにもそのことを伝えたいものですが、
伝えても自分で経験しなければ実感としてわからないかもしれません。

できている子もたくさんいるでしょう。

学力が高い子は大抵できているような気がします。

やるべきことをやるべき時にやる。

よりよく生きていくためには必要なことです。


五十路を過ぎて自分を変えることは並大抵のことではありませんが、
よりよく生きるために変えられることは変えていきたいと思っています。



今日も読んでくださってありがとうございます。
だいぶ気温が低くなってきました。
体調管理には気を付けましょう〜





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

本を読んだくらいじゃ変わらない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

ちょっと今日は気温が高めかな。

湿度もあるかな。

いまひとつな天気です。


年末で有給休暇がリセットされちゃうので
少しでも消化したいと明日休むことにしました。

明日はみんなにコメントのお返事書くぞー!



今日は午前中から嫌なことがありました。

原因は自分自身にあります。

自分自身の気持ちの問題です。

私は寛容さが足りない。

感情に支配されている。

だから苦しいのです。


仕事にもいろいろな種類があります。

自分に与えられたものをただこなすだけなら悩みはないでしょう。

でもそんな単純なものはそうそうありません。

自分にできない範囲の他人の仕事を、
「あの人のやりかたはまずい」とか、
「どうしてあんなふうなんだろう」とか
いくら思っても仕方ありません。

そういう私の考えが間違っていることもあるでしょう。

だから見ざる言わざる聞かざるを貫けば
いくらか気持ちは楽かもしれません。

でも、事はそう単純ではありません。

私にはできない範囲のことでも、
同じチームの人がきちんと仕事をしないと
その責任はチーム全体にかかってくるからです。

本に書かれているように反応しないことができるようになっても、
チームの誰かのせいでクレーム処理を自分がすることになったり、
売上が上がらずボーナスが出なくなったり、
理不尽な仕事を振って来られたりしても、
冷静でいられる自信が私にはありません。

こうすればいいのに、と思っても
所詮私はアシスタントです。

アドバイスしたところで右から左。

信用を無くし売り上げが低下するのを見て見ぬふりしかできません。

結局、働きかけてもダメだし、
放っておいてもダメだし、
どうしていいのかわからなくなっています。


所詮人は変わらないのです。

変えようと思うことがそもそも間違っている。

そう思う自分が変わらなければ。

あーもう!

ぐちぐちくだらないことを書いてすみません。


あんな人も社会人やってるんだから
きっと息子も大丈夫だ。

そう思って気を紛らわせよう。


くだらなすぎてごめんなさい。
今日は独りなのをいいことに会社でびゃーっと泣いていたものですから。

明日は立ち直る予定です。


今日も読んでくださってありがとうございます。
ちくしょう!
負けるもんか!




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

お母さんは一生あなたのサポーター



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

私は物事を後回しにしがちな典型的なダメダメちゃんです。

頂いたコメントに対するお返事も、
すっかり遅くなってしまっています。

先に頂いた方へのコメントから、
と思っているうちにぐだぐだになってしまった次第です。


ここまでためてしまったので、
もしかしたらお返事がもれてしまうことがあるかもしれません。

そのときはごめんなさい。


自分はダメな人間だ。

と常日頃から思っていますが、
自覚していてもなおるものではありません。

そうやって自己嫌悪に陥り、
劣等感の塊になるよりも、
「私は物事を先送りにしてしまう傾向がある」と自覚して、
そんな自分を受け入れつつ
どうしてもなおしたいと思うことを
少しずつでもやっていこうと思っています。


先日ここでご紹介した「反応しない練習」を読み始めました。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」



まだ50ページ程度しか読み進めていません。

そこまでの内容がちょうど本の中でまとめられていますので
ご紹介しますと・・・・


〇悩みの原因は、“心の反応” である。
〇“心の反応” の背景には、“求める心” や “七つの欲求”(特に承認欲求)がある。
〇心の状態をよく理解するには―――
 ①言葉で確認する
 ②感覚を意識する
 ③貪欲・怒り・妄想の三つに分類する
こうした理解によって、苦しみを作り出しているムダな反応を解消していくのです。

人がなぜいつまでも悩みを抜けられないかといえば、「自分の心が見えない」からです。


ということです。

まだまだ私はうまくできませんが、
とりあえず、「私は息子のことを心配している」
というところから始めようと思います。

なぜ心配なのか。

大学を辞めるかもしれない。

大学を辞めることがなぜ心配なのか。

中退してちゃんとした仕事につけるかどうかわからないから。

ちゃんとした仕事につけなかったらなぜ心配なのか。

自立できないかもしれない。

自立できないといけないのか?

将来的に息子を支援しなければならなくなるかもしれない。
そんなお金はない。
息子が充実した生活を送れずにいるのをみることになったら
それはとてもつらい。

おいおい、息子じゃなくて自分のことしか考えてないじゃん!
と自分につっこみ。

ま、みんなそんなところでしょうか。


これから先のことは何もわかりません。

息子が大化けするかもしれないし。

順調に見える子がこれから先も順調とは限らないし。

心配だけど、息子に掛ける言葉はこうかな。

自分を大切にしなさい。
あなたを幸せにできるのはあなたしかいない。
自分にとって一番良いと思う選択を自分で下しなさい。


あとね、こんなのもいいかなと思っています。


お母さんは一生あなたのサポーターだよ。
サポーターは、手を貸すことはできないの。
代わりにプレーすることはもちろんできない。
サポーターが選手にお給料を払うこともない。
ただ見守って応援するだけ。
生きている限りサポーターでいつづけるからね。


こんな歯の浮くようなセリフは言えないかもしれませんけど。


結局のところ私の本音としては、
息子自身が納得して生きていってくれれば
どんな生き方をしてもいい、です。

ああすればよかった、こうすればよかった、
というのは誰の口から出ても耳触りの悪いものです。


休学の書類はまだこちらに送っていないそうです。

早く送れーーと言っておきました。



今日も読んでくださってありがとうございます。
も一つ心配なのは息子の健康。
親より先に死ぬんじゃないぞー



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ