みなさまからたくさんのコメントをいただきました。

書き込んでくださった方も、
書き込まないけど心の中で応援してくださった方も、
みんなみんなありがとうございます。

あまりにもたくさんコメントを頂戴したので、
個別にお返事することができません。

ごめんなさい。


こんなにたくさんの方に読んで頂いていたこと、
そして受け入れてくださる方の存在を実感し、
心から書き続けてきてよかったと思っています。


ブログのタイトルを少し変えました。

PCの画面で見ていただくと、
タイトルの下にサブタイトルがあり、
「2016年、息子は大学生になりました。が!なんと休学することに!母の苦悩は続くけど、息子を信じて見守るのだ。」と読むことができます。

しかし、スマホ画面には表示されません。

確かにこれではタイトルを読む限り、
今も息子が浪人生のように思えます。

また、PC画面ではサイドバーにプロフィールを配置しており、
今までの経緯がわかるようになっているのですが、
それもスマホ用画面では読むことができません。

アクセス解析を見れば、
PCよりスマホで読んでくださっている方が
圧倒的多数なのがわかります。


そういうわけで、少しでも誤解が減るように
タイトルをちょっとだけいじりました。

全く別のものにしてしまうと、
見つけてもらえなくなる可能性がありますので。


また、スマホ用画面にブログの説明を兼ねて、
プロフィールとしてPCのサブタイトルを入れてみました。

これでだいぶ誤解が減るのではないでしょうか。

いつでもどんな場面でも努力は必要なのだということ
あらためて思い知らされました。







今でも一日のうちのかなりの時間
姉のことを考えてしまっています。

考えないようにすることは、
自分の意志でできることではありません。

時間が経って、
少しずつ癒されていくのを待つばかりです。


ただ冷静になって考えると、
姉からのLINEに姉の機嫌を損ねるようなことは一切返信していないので、
それはよかったなと思っています。

姉の心のなかにあったものを私に書き送って
それで気がすんで、
あとしばらくは大丈夫なのではないでしょうか。

ただ、一定期間が過ぎて私が相変わらずなのに、
また腹が立ってくる可能性はあります。

今後私はどうすべきか。

そこを決めかねているので
まだもやもやしているのでしょう。


姉の機嫌を取ることは、
自分自身だけでなく家族をも犠牲にすることになるので、
それはやめようと思っています。

姉に責められて私は不義理なのかと思い込んでいましたが、
いままでを思い返してみたら
よほど私の方が姉のために労力を使っていました。

ええ、姪のためにもアレコレ奔走しておりました。

でもそれを姉に話すつもりはありません。

私が口を開けばいつかまた
「お前にこう言われた」と何年、何十年か経った後
言われることになるからです。

口は災いの元。

何も話すまい。



夫も息子も私の味方です。

息子には、もう関わるな、もっとうまく立ち回れ
と叱られました。




姉のことでわかったことがいろいろありますが、
そのことは書きません。

書きたいけど書きません(笑)。


姉がこれからずっと幸せでいられることを祈るばかりです。

姪が素晴らしい会社に就職し、
自慢話ができるようになってほしい。

これからも姪が姉に寄り添い、
よき理解者でいてくれますように。




書きたいことがたくさんありますので、
ブログは再開いたします。

お休みはちょっとだけでしたね。

心配してくださったみなさま、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。