初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

楽しいと思っても、
次の瞬間には暗い気持ちになる。

なんてことは日常的にあります。

でもできればそうではなく、
楽しい気持ち、うれしい気持ちの連続にしたい。

暗い気持ち、嫌な気持ちにならないためのヒントが、
昨日ご紹介した「怒らないこと」の中に凝縮されています。

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)



私はまだまだだなと反省しつつ
毎日を楽しく過ごすための修行中です。




私は息子を育ててきて、今、色々なことを反省中です。

一番反省しているのが、心配し過ぎてきたこと。

息子を信じてあげられなかった。

ちょっと失敗したら、ますます心配になる。


そうやって焦り苦しみもがいてきて、
たぶんそれ以上に息子に嫌な思いをさせてきたに違いありません。


でもそもそも息子の何を信じてあげられなかったのか。

 子どもを信じるって、どういうこと?


信じていたのに裏切られた。

そう思ったり言っている親御さんは多いと思います。

その、「信じていた」は、
親が思う通りに子どもがなることを信じていた、
ということでしょう。


勉強をする。

スポーツなども頑張る。

遊んでいるように見えて、
最終的には努力して志望校に合格する。

希望の大学に入れなかったけれど、
充実した学生生活を送ってくれる。

なんだかんだでちゃんとしたところへ就職する。


そんな、親が思うような、
親が安心するようになってくれると信じている?



信じるって、どういうことなんだろう。


息子は息子の人生を生きていく。

自分の足で生きていく。


ということを、私は信じたい。






今日も読んでくださってありがとうございます。
いろんなことを考えさせられています。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD