こんばんは。

電気料金の口座振替手続の用紙が二つ届いたと息子から連絡がありました。

ひとつは東京電力(株)から。
もうひとつは東京電力エナジーパートナー(株)から。

住所は同じなんですよ。

たぶんどちらでも届くところは同じなので問題なさそうでしたが、
なんとなく東京電力(株)のほうにしたらと息子に言いました。

しかし、まぎらわしい。
なんだか不安になるじゃない。



息子に英語の学力をみるテストがどうだったのかきいてみたら、
簡単だったと言っていました。
センター試験より簡単だったと。

やっぱり私立は推薦などで入ってくる学生が多いからなのでしょうか。
特に息子の学部はそういう子が多そうだし。

授業についていけないということはなさそうだと安心する母であります。

あの、偏差値30台ばかりだった息子がねえ。
よくがんばったんだねえ。
うるうる。

みんな、あきらめちゃいけないよ。
英語は努力すれば必ず成績アップするからね。



さて、今日のタイトルの塾選びについてですが、
おもに中学生の塾についてです。

塾の講師はろくに研修も受けていない学生がやっていることもある
ということは耳にしていましたが、
実際に聞いたことをちょっと書いてみようと思います。

息子が先日のお彼岸に同級生だった子のお墓参りに行ったとき
担任だった先生から聞いたという話です。

先生の教え子たちのうちかなりの子が、
塾講師のアルバイトをしているというのです。

あんなのに教えられるほうがかわいそうだとは先生の談。

確かにわかるわ。
あの高校の卒業生だもん。

息子が中学生の時
家のすぐ隣にあった個別塾に通っていたのですが、 
そこはほとんどが学生やアルバイトのおばちゃんが教えていました。

息子はおバカだったのでそれでもよかったのでしょうが、
息子の友達で優秀だった子は
夏期講習の体験の時、いろいろ質問をして
講師の先生を困らせていました。 

そう、個別はお勉強ができない子が行きがちなところですからね。

個別の塾は質の悪いところが多いと聞きますから
十分に調べてからお子さんを通わせたほうがよいようです。

塾に行かせて安心ではありません。

そんなことわかってら~!

ですよね・・・・。

私はもっと早く、くもんとかに行かせていればよかったなと思っています。

ま、絶対息子は行かなかったと思いますが。

外で働いていると無理やり連れて行くこともできませんから
ほんとうにもどかしいものです。

学習の習慣をつけてあげるのが一番大切です。
私にはそれができませんでした。


今日も読んでくださってありがとうございます。
後悔という名の振り返り、してみましょうかね。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大学受験 ブログランキングへ


*スポンサードリンク*