人生なんとかなる!浪人生だった息子の母日記

2016年、息子は大学生になりました。が!なんと休学することに!母の苦悩は続くけど、息子を信じて見守るのだ。

親の気持ち

正解はない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


息子に対してとても失礼なことなのだけれど、
どこで子育ての仕方を間違ってしまったのだろうかと
自分を責めてしまうことがあります。


自己責任論が浸透していて、
日本は冷たい国だという論調があります。


そして若者が問題を起こせば、
親の教育の仕方に問題があったのではないかという
親の責任論も巻き起こります。


もちろん、そういう側面も否定できません。


一方で、親の育て方よりも育った環境がその人を決めるというものもあります。


でも、どれもこれも、これが絶対的な正解ではないと思っています。

まあ、当然ですけれど。


まず、親や家庭環境による影響は大きいことに間違いはありません。

でも、すべてではない。

自分の兄弟姉妹をみてみましょう。

同じですか?

似ていますか?


私は、姉とは全くちがいます。

兄とは近いかもしれません。



祖母は情け深い優しい人だったそうです。

しかしその娘たち(母とその姉妹)は
自分のことしか考えない気性の激しい品格に欠ける人たちでした。


親とは別に、どんな仲間に囲まれて育つかで
その人がどんな人になるかが決まるというのもありました。


「子の将来は親の育て方次第」という大誤解
完璧な人間にも堕落した人間にもできない


たしかに、さもありなんという気がします。


しかし、子どものことを思って送り出した先が、
その子に合わないことだってありはしないでしょうか。

良い学校へ入ったと思ったのに、退学したとか。


だから、こうしたらこうなる、
ということはほぼないと言っていいのではないかと思うのです。



持って生まれた性格や資質。

家庭環境。

生活環境。

そしてなにより重要なのが、
誰と出会ったか。


そこにどんな人がいるのか、
その人が自分にとっていい人なのか、
これはくじみたいなものです。


ま、親子もくじそのものという気がしなくもありません。



上野千鶴子氏の東大入学式での祝辞が話題になっていました。

見聞きした方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。



がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。


この部分にはやはり強い印象が残りました。

そしてこの後に続く文に、
「恵まれた環境と恵まれた能力」というものが出てきます。


世界は不公平なのである。

公平なのは時間だけ、と思うけれど、
時間すら公平ではなかったりします。

なぜなら自分の時間を自分で使えない人がいる一方で、
他者の時間を自分のものにする人がいるから。

寿命だってそれぞれ違います。

100歳まで生きる人と
若くして亡くなる人がいる。



なんだか何を書きたいのかわからなくなってきました。




今日も読んでくださってありがとうございます。
結局考えてもしかたないということですね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

吹っ切れたい



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

昨日の仕事帰りに寄った八百屋さんで
息子の同級生のお母さんを見かけました。

小学校は違いましたが、
保育園と中学校が一緒。

息子とは特別仲が良かったわけではありません。

ただ、同級だっただけですが、
保育園が一緒だったので
家族で一緒に出掛けたり遊んだことがありました。


お兄ちゃんは学校の先生になり、
同級生は一浪して難関国立大学へ入学したところまで知っています。

ということは、今4年生ということですね。



見かけたものの声を掛けられませんでした。

息子のこんな状況を恥ずかしいと思うとかというより、
これから息子がどうなるのか
親である私自身が状況の把握をできていないから。

休学して留年して、
でも今はちゃんと大学に行けているというのならそれでいい。

こんなんでさー

って話せますが、今は何も言えない。

まだ胸の中がもやもやしていて、
ぜんぜん吹っ切れていないから。



でもそのうち必ず知り合いにばったり会うはず。

そのとき私は何ていうんだろう。







新しく通うことになった病院は、
私が大学を卒業して最初に勤めた会社があったところの近くです。

今は会社員なら健診を受けるのが当たり前になっていますが、
私が働きだしたころはまだそうではありませんでした。

その会社で働き始めて5年目くらいだったでしょうか。

初めて健診を受けたのが、
今度新しく通うようになった病院だったのです。


そしてなんと、
紹介状を持ってその病院へ行ったら
受付で、カルテがあることを告げられました。

二十数年も前のことなのに。

「〇〇産業さんでしたよね」と会社名まで!

ちなみに今はカタカナの社名になっています。



もしかしたらこのブログに会社の健診のときのことを書いたことがあったでしょうか。


問診の時の先生がとても感じの良い年配の方で、
こんな話をしてくれました。

先生には息子さんが二人いて、
長男が物心ついたころはとても忙しくしていたから、
彼は医師というのはとても大変な職業だと思ったらしく
医師の道は選ばなかった。

しかし次男の時には仕事が落ち着いているときだったので、
医師という職業はそれほど大変だと思わなかったのか
医師になる道を選んだ、とおっしゃっていました。


どんな道を選ぶのかは本人次第。

たとえ親でも子どもの意志は尊重しなければなりません。



先日病院からの帰り道、
ちょうどお昼近くだったので
気になっていたお店のランチを食べてきました。

行きたいところへ行き、やりたいことをやる。


嫌な人には会わない。

好きだと思う人とは積極的にかかわる。


そう思う今日この頃。



今日も読んでくださってありがとうございます。
明日死ぬかもよ、の気持ちで今日も生きます。

あした死ぬかもよ?







にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

心置きなく話したい



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

体調不良(たぶん気のせい)が続いています。

体調不良というより
精神不良って感じでしょうか。


昨日、紹介された病院で今後について話をきいてきました。

もう一度心臓の状態を詳しく調べたいということで、
前の病院でもやった検査、
経食道心エコー検査をすることになりました。

さてどうなるんでしょうか。



卵円孔開存がある場合、
血栓ができにくくする薬を服用するのと、
孔をふさいだ場合とで、
その後の脳梗塞再発に有意な差は無いようです。

差は無いからどうするか。


でも私が知りたいのは、
年齢を重ねてもQOLを低下させないために
これから運動をしていきたいと思っているのだけれど、
積極的に運動をするという観点から
どちらのほうがリスクが低いのかということなのです。


開存状態で運動するのと、
異物を心臓に留置して運動するのと、
どちらがより体にとって負担とならないのか。


ここのところめっきり体力がおちてきて、
ちょっと走ったり神社の長い石段を上ったりすると
すぐに胸が苦しくなる状態です。

この息苦しくなるのは単なる体力の低下なのか、
卵円孔開存も一因なのか。

そして激しい運動をしても全く問題はないのか。


今度検査をしたときに、
先生に尋ねてみようと思います。





息子は・・・どうなっているんだか(笑)。


先日紹介した本がありますが、

押入れのちよ (新潮文庫)



表題作の「押入れのちよ」から後の作品には
“えぐい”という言葉を使いたくなるようなものがありました。

読後がちょっと・・・というような。


そして、解説を読んで思い出しました。

息子はホラーが好きだったことを。



もう一冊息子が紹介してくれた本があります。

言壺 (ハヤカワ文庫JA)



こっちの本の方がお気に入りらしく、
結構詳しく内容を話してくれました。

忘れちゃったけど。

だって、複雑な話なんだもん。




今日の「クローズアップ現代+」は、毒親についてでした。

武田真一アナウンサー、泣いていましたね。

お子さんのことで悩みがあるのでしょうか。


子育ては一筋縄ではいきません。

みんな悩んでいる。




今日も読んでくださってありがとうございます。
悩みを心置きなく話せたらどんなに楽だろう。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

息子への執着なのだ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


コメントのお返事もできず
記事の更新も滞っております。

気持ちが沈んでいるところに
仕事が忙しくなり帰りが遅くなっています。

家に帰って手抜きご飯を食べてドラマを観て・・

ってオイ!

ドラマを観る時間はあるのかい!



動悸がするとか
頭がくらくらしてふわふわする感覚があったり、
でもきっと気のせいに違いない。

気にするからそんな気がするだけ。

そう自分に言い聞かせています。



日曜日の夜、NHKスペシャルでこんまりさんの片づけについてやっていましたね。


NHKスペシャル「密着ドキュメント 片付け~人生をやり直す人々~」


ツイッターのタイムラインなどでは
ちょっと否定的なツイートもみられましたが、
私はひとつの大きな気付きを得られました。



それは、番組の中でこんまりさんが言っていたこんなこと。



捨てられない理由はふたつしかありません。
ひとつは、過去への執着。
もう一つは、未来への不安。
(言葉は違っているかもしれませんが、こんな意味)



過去への執着。

私は、自分の物に対しては、
あまり執着がありません。

若い頃の物はあまり残っていません。

たぶんそれは、過去の自分も今の自分も
受け入れられているからではないでしょうか。


その点夫は、
今の状況を受け入れられないから
過去のものを手放せないのだろうな
と思っていた時期がありました。

でも最近はそうでもなくなってきたように思います。


そして、私が手放せずにいるもの。

それは、息子に関するものです。


小中学校のプリントなどはだいぶ処分していますが、
それでもまだいくらか残っています。

そして、高校時代のものとなると
ほとんど手つかずで残っているのです。

毎月のクラス通信。

模試の結果。

大学の受験表。

合格通知。


どれもこれも、
見れば心臓をぎゅっとつかまれたように
胸が痛みます。

それは、今の状況を私が受け入れられずにいるからでしょう。

楽しかったことも、
苦しかったことも
私にとっては息子との思い出です。

これからも息子との思い出を紡いでいけると思えれば
そんなものをいつまでも手元に置いておく必要などありません。

情けない母親で、しょうもない人間です。


すべてをゴミ袋に入れてしまうことは簡単です。

でも、それで解決するわけじゃない。

だから、もう少し息子のことに向き合って
少しずつ整理しながら片づけていくつもりです。



さすがに最近は長生きする自信がなくなってきました。

気のせいだと自分に言い聞かせながら、
突然命を失う可能性はありそうだなと
体調が悪いと考えてしまいます。


そして、身の回りを見回して、
いやあ、こんな状況で死んだらはずかしいぞと思うわけです。

仕事もそう。

今は死ねない。


でも本気で身辺整理しなくては。

そうしておいた方が長生きしそうじゃありません?



今日も読んでくださってありがとうございます。
病気をしなければ、
ゴールデンウィーク中にアルバイトできたのになあ。

しょうがないから、アンケートモニターしようかな。





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

自分のおかげ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク



こんにちは。

視聴率はとれているものの
いまひとつ評判が微妙だった「半分、青い」も残りわずかとなりました。

このドラマ、観ていてイライラさせられるところがあるものの、
時々「ああそうだな」と思わされることも。


先日はどのシーンだったか忘れましたが、

「疑うより信じた方がいい」

というセリフがあり、思わずスマホにメモりました。


たぶん日本人は信じることより疑うことの方が
普段多いのではないでしょうか。

それって、だまされる経験が多いから?

裏切られてばかりいる?


私は全然そんなことはありません。

私の周りには良い人が多いし、
裏切られたりだまされたりしたことなんて
とんと思い出せません。

なのになぜ疑ってしまうのか。

自分が人をだましている?

裏切っているから?


そんなこともありません。

もちろん自分のなかに醜いものだってあります。

全てが本当のことを語っているわけでもありません。

でも、人としてやってはいけないことはしていません。

やってしまったら自分が嫌いになるから。


自分のことは信じられるようになりました。

だから、次は家族のことを信じよう。

そう、息子のことを信じよう。




さて、今日のタイトルの、「自分のおかげ」。

言い方を変えると「自己責任」ということですが、
「自己責任」という言葉の響きはちょっとネガティブに聞こえます。

だから、「自分のおかげ」と言いたい。

今私がこうしていられるのは、
過去の自分のおかげ。

すごくそう思うのです。


まず、社会人になってすぐに入った養老保険。

これは友人の先輩が保険会社に勤めていて、
勧められて(お願いされて?笑)入ったものなのですが、
これが今年満期を迎えてウン百万という満期保険金を手にしました。

このお金があったから、息子を大学に行かせられているのです。


それから、夫の生命保険。

これは終身保険なのですが、
一部引き出せるお金が貯まっており、
それで息子の学費を払ったこともありました。


生活は苦しかったけれど、
解約せずこつこつと払い続けた自分のおかげ。

そして、こういう保険に入るきっかけとなった人との出会い。

保険に入ったタイミング。


先日保険会社の人が来て保険内容の確認をしたのですが、
夫の生命保険も、二人で入っている個人年金も、
「お宝保険」と言われているもののようです。

利回りがすごくいい。

払った保険料の倍になって戻ってくる。

保険に入った時はバブルで、
その後デフレになったのでこういうことになりました。

今後インフレになると状況は一変するでしょうけれど、
それは個人ではどうしようもありません。

健康で死ぬ直前まで働き続けることを目標にしています。

健康でこうしていられるのも自分のおかげ。



英会話はさっぱりできないけれど、
それでもコツコツラジオを聴いたり
とぎれとぎれではありますが勉強を続けていたので、
だいぶ英語の感覚はあるほうだと思っています。

本気で取り組めばある程度まで行けるように感じています。

そう、コツコツと続けてきた自分のおかげ。



だからこれからも未来の自分に「幸せなのは自分のおかげ」
と思ってもらえるように毎日を過ごしたい。

そう思っています。



今があるのは自分のおかげと思えるように親が生活していれば
それは子どもにだって伝わるのではないでしょうか。

毎日不平不満を垂れ流さないようにしたいものです。




今日も読んでくださってありがとうございます。
仕事が楽しくないのも「自分のせい」なんだよねー。
がんばろ。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより
睡眠障害を患い休学ののち
大学辞めたいと言い出す
結局さらに1年休学することに

2018年4月に復学しました。
まだまだどうなるかわからず
ドキドキ中。

心配するのではなく
信じて見守る態度にシフトチェンジ

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ