人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

親の気持ち

自分と今に焦点を当て、楽しくいられることをする



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

更年期障害と思われる体調不良があり、
少しでも改善できればと
気休めにビタミン剤を飲んでいました。

【第2類医薬品】命の母A 420錠



そうしたところ今度は胃が痛くなり、
かかりつけ医からは
ビタミン剤のせいではないと思うけれどと
胃薬を処方していただきました。

なんとなく気になって2週間ほどビタミン剤をやめていたら、
やっぱりまた体調不良がぶり返したので
またビタミン剤を飲み始めました。

そしたら最近はだいぶ調子が良くなってきました。

気休めと思って飲んでいましたが、
軽度の更年期障害には多少効くのかもしれません。


しばらく飲み続けようと思います。



体調も気分も、
日によって違いがあります。

どうしても鬱鬱しがちですが、
考え方を変えただけで
結構前向きになれたりするので、
今朝私が思ったことを備忘録的に書いておくことにいたします。



基本は、自分と今に焦点を当てる。


自分以外の人間と、
過去や未来はどうすることもできないから。

今、自分にできることをするのです。


そして、行動指針は、


楽しくなる、楽しくいられることをする


です。




今日を楽しく生きるのだ。
泣いても笑っても怒っても
外に出ても家の中にこもっていても
寝て過ごしても起きていても
同じ一日。
ならば楽しく生きたい。



息子のことを心配したり、
将来を不安に思っていても
それで良いことなんて何もない。

だから、どうしたら楽しい気持ちになれるのか
そのことを考えなくちゃ。


いつ起こるかわからない事件を心配してもしかたない。

だから、楽しい気持ちになれることをしよう。


将来の金銭的なことが不安なら、
どうしたら収入を増やせるか考え、実行する。


そういう考えを子どもにも伝える。


勉強しなさいと言うのではなく、
勉強しないほうが楽しくいられるならそれでいいと。

あなたがそれでいいなら、おかあさんもそれでいい。


勉強するかしないかを選ぶのは子ども自身。

大学へ行くか行かないかを選ぶのは子ども自身。

大学を続けるか辞めるかを選ぶのも子ども自身。

あなたが楽しくいられると思う方を選べばいい。



共依存にならないためには
そういうスタンスが必要なんじゃないかと考えます。



私たちはわかっている。

どうしたほうが自分が心地よくいられるか。


勉強は好きじゃないけれど、
やらずにいたらどうなるのかわかっているはず。

その上で、やるかやらないかを決めるのは自分。


朝起きるか起きないのかも自分。

いつまでも布団の中にいるのが幸せならそれでいい。

いつまでも布団の中にいて
その結果どうなるのかなんてわかっている。

わかった上で決めたことならそれでいいじゃないか。

結果は自分で受け止めるしかないのだ。


そういうことが考えられるようになれば
きっと何かしらの行動に出るはず。


親はどうしても子どもの課題を自分のこととして考えてしまう。

気をつけねば。




今日も読んでくださってありがとうございます。
でも長いこと共依存を続けてしまっていると
そう簡単に課題の分離はできなくなりそうですよね。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

考えないことはできないから



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

昨日の記事のコメントで、
「凪のお暇」観ていないんですか?
といただいて気づきました。

はい!
観ています!

「凪のお暇」

おもしろいです!


小説やドラマ、映画の良いところは
自分では経験できないことを
仮想体験させてくれるところです。

そしていろいろ考えさせられ
自らの生活に活かすことができたりして。






さてさて、
いつも書いていることですが、
「考えない」ことはできません。

生きている限り。

眠っていても脳は働いていて、
夢でうなされたり。

先日は仕事の夢をみました。

考えていることが見事に夢になって現れて、
新入社員か!って思いましたわ。


息子のことも、
心配したり大丈夫だと思ったり、
どっちにしても考えずにはいられない。

そんな状況なので、
ならば悪い方に考えないように、
良くない行動を取ってしまわないように
そのための予防策は日々講じなければなりません。

そこでやっぱり頼るのは、本。


これから私はどうしていくべきか。

いくらかでも指針となるものをと思いまして、
一冊電子書籍を購入しました。

共依存 苦しいけれど、離れられない (朝日文庫)



もう一冊読もうと思ったのが、
「家族のゆくえは金しだい」。

家族のゆくえは金しだい



こちらは電子書籍でもそれなりの価格なので
購入するのではなく
図書館から借りることにしました。


初動を間違えると泥沼にはまりそうなので
ここは慎重に行動しようと思っています。



お金を与え続けることは避けたい。

だけど、お金を出さないことによって
息子を家に戻らせることはもっと避けたい。

息子とは距離を置きたいのです。


私は信じたい。

息子が自立することを。



今のアパートにいられるのは来年の3月半ばまで。

それまでに方向性がみえてくるといいな。

引っ越しにはお金がかかりますから、
何度も引っ越すことは避けたい。




今日も読んでくださってありがとうございます。
つい賃貸情報をみて時間を浪費してしまうアホな私です。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

疑い深い私



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

二つの台風がお盆にかけて日本列島に接近しています。

11日は夫の実家へ、
13日は私の実家へ行く予定にしていますが
さて天気はどうなるでしょうか。



息子が大学を中退して就活をすると言ってきた時、
私はアドバイスではなく情報として、
就職支援会社についてのWeb情報や記事リンクを
LINEで息子に送っていました。

そのとき悩んで結局送らなかったのは、
職業訓練制度についてです。


職業能力開発センターや
指定を受けている専門学校などで
無料で職業訓練を受けることができますが、
どうも私には無料の公共施設を信用できない思いがあるのです。

ずいぶん前のことですが、
友人の一人が職業訓練校に通ったことがあり
その後就職していますし、
息子の同級生のお父さんが
職業能力開発センターの先生をしていますので、
決して悪いところではないことも知っています。

しかし、息子の性格を考えると、
一人一人に親身になって対応してくれるとこでなければ
おそらく効果はないだろうと考えました。

それに通う期間が長いですし、
技術を身に着けるというのは息子には向いていないようにも思いました。


無料で利用できる公共施設。

一見良いようですが・・・・・


就職支援をしている人材紹介会社も
会社を紹介してもらう側は無料で利用できます。

しかし、人材を紹介してもらう企業は
採用が決まれば対価を支払う仕組みです。

利害関係が発生する。

お金が絡むということは
そこに責任があるということです。

無料の公共施設なら責任がないというわけではありませんが、
職業能力開発センターでどれだけ学び、
社会に出て役立つ能力を身に着けたか、
そして就職できたかどうかについて
どれほど職員の方々が我がこととして思っているかということです。

自分がかかわった人が就職できたかどうかで
職員の方に何かしら影響があるとは思えません。

けれど人材紹介会社の場合は、
就職してくれなければ会社の利益が上がりませんから
当然必死になって就職支援をするでしょう。


また、ハローワークは紹介される側も
求人を出す企業側も無料で利用できるため、
ブラック企業がかなり多くあり、
ブラックだとわかっていても排除することはできない状況です。

職員の方はおそらくわかっているでしょうから
窓口で対面した際には
もしかしたら何かアドバイスいただけるかもしれませんが。

とにかく息子のような社会人経験のない若者には
ハローワークを利用するのは難しいかなと考えました。


たぶん大学のキャリアセンターなんかも
息子には利用しきれなかったと思われます。

厳しそうだしね。

自分からぐいぐい行く子ならよいだろうけど。


そんなんじゃ、社会に出てもやっていけないだろう!って?

そうですよねえ。



今日も読んでくださってありがとうございます。
息子の研修は2週間もあるそうですよ。
そこで気の合う友達ができたらなおよいね。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

奨学金の記事に対するコメントのお返事にかえて



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

数日前、ネプチューンの名倉潤さんが
頚椎椎間板ヘルニアの手術後の侵襲によるストレスで鬱を発症し、
2か月間仕事を休むというニュースがありました。

そのニュースを目にしたとき、
なんとなくわかるかも、と思いました。

私の場合は手術したわけではなく検査入院でしたが、
脳梗塞を発症しICUにいて外部との連絡が絶たれ、
ベッドの上で過ごしているうちに
精神的に不安定になっていきました。

どうしようもなく泣けてしまう時間があるのです。


たくさんのプレッシャーがあったのだと思います。

家計の多くの部分を支えている。

息子も休学後復学したにもかかわらず留年。

両親も高齢で介護が必要になっており、
今後どうするか考えていかなければならない。

何があっても姉には頼りたくないという思い。


そういう、自分がやらなければならないことがたくさんあるけれど、
だけどそんなに何もかもできる気がしない、
という重圧で精神的におかしくなっていました。

追いつめられていました。

追いつめられると人は冷静さを失います。

だから人を追いつめちゃいけないし、
自分も自分を追いつめてはいけない。

助けてくれる人がいること、
人に助けを求めることが
どれだけ大切か
身を持って経験しました。


擁護することはできないけれど、
残忍な事件を起こした人たちの多くが
精神的に追い詰められていたことを思うと
事件防止には何が必要なのか見えてくるような気がします。





アマリリスさん、スヌーピストさん、アキケンさん、ぶんさん、
奨学金の記事にコメントありがとうございます。

今回はコメント欄ではなく、
こちらの記事としてお返事をかかせていただきます。

手抜きみたいでごめんなさい。



土曜日、実家に行ってきました。

結論から書くと、
私が実家に行ったときにはすでに
お墓は新しくすることに決まっていました。

250万円だそうです。

全部親が自分で出すみたいです。


お墓について兄は電話で母と話をしたようですが、
母の意志はかたくてどうしようもないので、
やりたいようにさせるしかないとの結論に達したそうです。

兄はこちらに戻ってこないし、
じゃあいつか兄の家の近くにお墓を移すといっても、
兄の息子は遠く離れた別な土地に家を買って住んでいるので、
結局どうするのがいいのか
今の時点で結論を出すことはできない状況です。

だから兄も、
そんなにお墓を新しくしたいならさせるしかない
と思ったとのこと。

母は孫である兄の息子にもお墓の話をしていて、
彼は「〇〇(母からしたらひ孫)にきいて」
とかわしていたとか。

うまい!

孫にまでお墓の話をする母。

お墓・・・・

困った問題です。


どこかで墓じまいはしなければいけないでしょうね。



それと、姉の話を兄と義姉にきいてもらいました。

兄もずっとずっと姉とは相性が悪いまま苦しんできました。


母の義姉に対するひどい仕打ちもききました。

義姉はそんなことをされても
たぶん夫である兄以外に口外することはなかったはずです。

なぜなら、彼らの子どもたちが
母や姉に対して悪い感情を持っていないことが見て取れるからです。

すごいなあと思います。

でも今回初めて私が母や姉の話をしたので、
義姉も話してくれました。

本当にひどい。

それでも義姉はこうして来てくれている。

すごいことです。


こうして話すことによって、
母や姉の論理に基づいて「私が悪いのかしら?」
と自分を責めなくてもよくなりました。

そして、これからも
私自ら姉に連絡を取ることはせず
距離を置こうとあらためて思いました。

今後、両親がどうなっていくのかわかりません。

どちらが先に他界するかによっても
対応は違ってきます。

どうなるにせよ、
私が主導権をとって事を進めることはしない、
と宣言しました。





そして息子のこと。

以前にも書いたような気がしますが、あらためて。


息子が大学を辞めることになった時、
私のほうからいくつか提案をしました。

その中の一つに、
一度こちらに戻ってきてはどうかというものがありました。

けれど息子にその選択肢はありませんでした。

息子がこだわっているのは東京での就職ではなく、
実家に戻らないということだと思います。

親の庇護の下では自立できない。

甘えてしまう。

そういう思いがあるのでしょう。


金銭的に親に依存していたら同じだろう
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも同じく金銭的に依存していても、
身の回りのことを一切親にやってもらうのと、
掃除洗濯食事を自分でやるのとでは
雲泥の差があると思っています。

いざというとき頼ることのできる人がそばにいないというのは
相当なことだと思います。


私は兵糧攻めはしないと決めています。

親の言うとおりにしないならお金は出さない、
というようなことはしたくありません。

もちろんないものは出せませんが。

私自身が親に兵糧攻めにされた経験があります。

姉と一緒に住まないならお金は出さないと
大学生の時に母から言われました。

これは単に母が姉に一人暮らしさせるのが心配だったからにすぎません。

なぜに社会人の姉と一緒に住まなければならなかったのか
なぜそれを拒否しなかったのか
本当に不思議でなりませんが、
それほどまでに子どもは親の元では非力なのです。


とにかく息子の意志を尊重したかったのです。

今一番大切なのは、
親が良いと思うことを息子にさせることではありません。

息子が自分で考え、自分で選択し、自分で決断し、
やってみることなのです。


やってみてうまくいかなければ
そのときまた考えればいい。

やっぱりだめだとなれば戻ってくればいい。

そのとき、「ほれみたことか」
ということは絶対に言わない。

そんなことを考えながら、
息子がどうしているかを気にし、
ついつい
「就活はどう?」
とか
「昼夜逆転してない?」
とか
言いたくなるのをぐっと我慢していました。


実は今度本社へ行く用事があり、
それが月曜日なので、
前日の日曜日から東京へ入って
息子と会おうかと思い、
息子にLINEしてみました。

そうしたところめずらしく、
まだわからないという返事。

理由は、就職支援会社の研修を今度受けるらしく、
研修を終了したら集団面接会に参加できるとかなんとか。

まあそういうことのようです。


すんなり就職が決まるとは思っていませんし、
息子にも焦らずじっくり
自分に合うところを探しなさいと伝えました。


とにかく行動することが大切。

いい人との出会いがあればいいなと思っています。



息子の就職が早く決まってくれれば
金銭的にも非常に助かります。

でも、そういうことも
絶対に口にしないぞと心に決めています。

プレッシャーが精神を不安定にするのです。


大丈夫大丈夫。

きっとなんとかなる。



今日も読んでくださってありがとうございます。
ほどほどのプレッシャーはいいんですけどね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

奨学金の返済が始まります



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

灼熱地獄の毎日ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ヨーロッパも暑い日が続いているようで
それについての情報を目にすることもありますが、
フランスとか、エアコンの普及率がとても低いそうですね。

もちろんホテルの空調はちゃんとしていると思いますが・・・・


ずいぶん前の情報なのですが、
イギリスに行くなら7月。

8月になると寒くなってくる・・・・
なんてことをどこかで読んだことがあります。

私は、そっか、イギリスにいくなら7月なのね。
うちの会社は7月、8月、9月の間で夏休みをとればいいから、
行くときは7月の初めにしようかな、
世の学校が夏休みに入る前の方が
旅費が安いんじゃないかしら
などなどと考えておりました。

さて、これからの地球、どうなるんでしょうか。


ヨーロッパで思い出しました。

昨日、NHKスペシャル、香川照之の昆虫”やばいぜ!”をみました。



そこで衝撃の事実が。

なんと、地球上から昆虫の数が減っているというのです。

ドイツでは8割近い昆虫が減る異常事態が進行中とのこと。

研究者の間ではあと100年で昆虫は絶滅する
と言われているらしいです。

うあ~

どうなっていくんでしょうか。




昨日から兄が実家に帰省しています。

たぶん。

そう連絡がきていたので。


なので、私も明日実家へ行きます。


お墓の草むしりをしてきれいにしたいなと思っています。

そして、お盆はどうしようかと思案中です。


それはどういうことかというと、
姉と顔を合わせたくないのだけれど、
姉がいつ実家へいくのかどうやって知ろうか、
ということです。

私から、いつ行くの?なんてきけないし、
母に確認してもらうのも気が引けるし、
かといって鉢合わせしたらいやだし。

行かない、というのもなんだかね。

お墓参りはしたいのですよ。


ああ~気が重い。

やっと姉のことを思い出さない時間が増えてきたので、
なんとか私の意識からフェードアウトさせるために
姉と会わない期間をできるだけ長く保ちたい~



そういえば、実家のお墓を新しくするらしいです。

確かに古いお墓です。

でも、兄は関東にいて、
こちらに戻ることはないのです。

古い墓に入りたくないという両親の気持ちは尊重すべきですが、
墓守としての兄の気持ちも少しは考えてあげたらどうなんだろう
と思ったり。

将来的にはお墓の引っ越しも考えなければいけないですよね。

お墓の引っ越しについてちょっと調べてみたら、
だいたい200万~300万円くらいかかるようです。

これはきついね。

どんよりしてきたから、
もう考えるのはやめよう。



奨学金の返済が始まるという案内のはがきが、
連帯保証人であるこちらに届きました。

月々8,000円台です。


夫は、「お姉ちゃんのところにも届いていたりしないよね」
と言っていましたが、
保証人なので大丈夫ではないかと思っています。

こちらは連帯保証人ですから・・・・


姪も奨学金を借りていて、
私が保証人になっています。

貸与額は月々3万円くらいだったはずなので、
それほど大きな金額にはなっていないでしょう。

姪のことなので大丈夫とは思いますが。


遊ぶのに忙しくて、
バイトしてるけど親に借金しているらしく・・・

親に借金。

借金なんだろうか。

ま、いつか返しなさいよ、という意味ですね。


私は息子にお金を返せだとか、
将来恩返ししろだとか
親孝行せい、だとか
そんなことは言いません。

なんとか一人立ちしてくれればいいなと思っているだけです。

それも、今すぐだとか、
追いつめることもしません。

追いつめたら火事場の馬鹿力を発揮するかと言えば、
そんなことはないと思っているので。


甘いのかもしれませんが、
こういうことは親が厳しくして良い結果になるとは思えないので、
様子を見ていくつもりです。

息子よ!
安心して飛べ!
いざとなったら受け止めてやる!



今日も読んでくださってありがとうございます。
厳しくして良い結果になることももちろんあると思います。


この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。



この本、電子書籍で買いました。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ