人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

親の気持ち

親が先走ってはいけない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

土曜日に近所の医院で抗血小板薬を処方してもらってきました。

最近胃痛が続いているのでその話をして、
胃薬も一緒に処方してもらいました。


処方してもらった薬は、
「アズレン・グルタミン配合細粒」というものです。

抗血小板薬は胃を荒らすので、
もともと胃薬も入っているのですが、
別に一日三回服用する胃薬も出してもらいました。

薬のせいというよりは
ストレスが原因じゃないかなと思っています。

息子のこともあるけれど、
最近は仕事というか会社のことでもいろいろあって
本当につらいのです。

自分で解決したり責任をとれることではないし、
グチを言い合う相手もいないという。

ただ私の話に耳を傾けてくれる人がいたら
どんなに救われることか。


そうそう、我が家のインコ。

あんまりおしゃべりはしないのですが、
突然、「つかれた」としゃべって驚きました。

えーーーー!

私、「つかれた」って、言っちゃっているのかしら。

それで覚えちゃった?

気をつけないと。







今読んでいるとして紹介した、
「シンプルに生きる」ですが、

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社 α文庫)



こんな精神状態だからか、
読んでいても内容がぜんぜん頭に入ってきません。

たぶん、翻訳本だからというのもあるかも。


一方、電子書籍で購入した、
「こころの対話 25のルール」は心に沁み込んでくるようです。

こころの対話 25のルール (講談社 α文庫)



紙の本で購入すればよかったとちょっと後悔。

ぱらぱらめくることができないので、
ちょっと戻ってあの箇所を読みたいと思っても
目的のページをみつけるのがちょっと手間なのです。

しおりをつけておけばべつですが。


あと少しで読み終わるので、
次はどの本にしようかな。




7月も半ばを過ぎ、
親としても息子の就活が気になります。

そもそも就活をしているのか?
などなど、気にするなと言われても気になるもの。

でもここで親である自分が勇み足をしては
また過去の繰り返しになると自制に自制を重ね
ぐっと我慢の日々を過ごしていました。

そうしたところ息子から、


大学中退者向けの就職支援サービスの説明会に行ってきた


とLINEがきました。


おっとあぶない。


やっぱり親は、
あせりから子どもの一歩先を行きがちであるようです。

ぐっと我慢していてよかった。


そしてあれこれ聞き出すことはせず、

心配はしていない
大丈夫だと思っている

というメッセージを伝えておきました。



人間という生き物は、
放っておくと悪いことばかり考えるようです。

ポジティブよりもネガティブになるし、
一人でいると悪いことを想像する。


だから無理やりにでも、

「大丈夫!なんとかなる!」

と声に出すことが必要だと強く思いました。




就職支援サービスを使っても就職できるかどうかわかりません。

でも、何とかなると思うのです。


なんなら引きこもりの支援をしているところを頼ることもできます。

もちろんそれも息子次第です。


勉強しなさいと言ったところで勉強しないし、
やる気がなければどれだけ机の前に座っていても成果が出ないように、
労働についても同じだと思うのです。

追いつめず、寄り添い励まし、
自分の足で歩いていくことを見守りたい。

今はそう思っています。

今は、ね。




今日も読んでくださってありがとうございます。
話をすると元気になれる人と
落ち込まされる人といますよね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

片づける、それは子離れでもある



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

我が家では夫が常にテレビをつけておく人です。

観ていなくてもつけている。

テレビを観ながらネットチェック。

たまにじゃなく、ずっと手にはスマホ。


野球を見ながら、サッカーを見ながらスマホ。

別にいいんですけどね。

でも、真剣に見ないのなら、
休日の昼間は野球ではなく
録画したドラマを見せてほしいわ。



そんな、BGMと化した我が家のテレビ。

火曜日の夜は、「世界ふれあい街歩き」が
ついていることが多いです。

昨夜はカナダのバンクーバーでした。

日本人の耳に馴染みやすい英語の発音。

私にも聴き取れそう。


そして、入江の海に浮かんだ家の、
こざっぱりとした美しさ。

どうしたらあんなに物が少なく暮らせるんだろう。

ヨーロッパの家なんかをみても
美しく整えられていますよね。

もちろん撮影に耐えうるお宅を選んでいるのでしょうけれど。


私もなんとか家の中の物を少なくしたい。

ミニマリストの方の対談(インタビュー?)記事を読んだら、
最初にするのはごみを捨てること、とあり、
全くその通りだと思いました。

戸棚や引き出し、タンスの中に入っているゴミ。

そう、不要物、ありますよね。


私は先日リビングボードの中を片付けました。

そこから取り出したのは、
古くなった紅茶や紅茶の空き缶、
消費期限が過ぎたビタミン剤や薬など。

こんなにもゴミがあったのかと驚きました。



日曜日には、
息子が生まれた時に義母に買ってもらった藤のチェストの中身を片付けました。

黄ばんだ肌着、
よれよれになった靴下、
もう着ないであろうトレーナーなど。

まだ着れそうなTシャツは
酸素系漂白剤につけ置き洗い。


中身がからっぽになった藤のチェスト。

リサイクルショップ行きかな。

寂しいけれど、手放すつもりです。

そう、子離れするために。


息子に関連するものを片づけられたとき
きっと私の子離れも完了するのでしょう。

まだちょっと時間がかかりそうですが、
きっちり向き合っていくつもりです。


一番の問題は書類なのですけれど、
こんまりメソッドでは書類は全捨てらしいですよ。

うーん。

捨てられないなあw



今日も読んでくださってありがとうございます。
相変わらず胃痛に悩まされていますが、
頭痛やだるさはなくなりました。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

自分の正解をさがす



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

九州の大雨は大変でしたね。

市の全域に避難勧告が出たところもありました。

全域に避難勧告が出されたら
いったいどこに避難したらいいの?
と思ってしまいます。


でも、冷静になって考えれば、
当然市の中でも高台であったり
地盤が強固な場所もあるわけで、
全員に避難が必要なわけではありません。

結局のところ、
指示に従うかどうかはそれぞれの判断ということになります。


災害にまつわること以外でも、
自ら判断しなければならないことはたくさんあります。

それは、ひとりひとり状況が違うから。


勉強の仕方だって、
参考書の選び方だって、
良いと言われている方法や物が
自分に合うとは限りません。

自分で考えたり吟味せずに選択し、
良くなかったと騒ぎ立ててもどうにもなりません。



私も息子のことやそれ以外のことでも、
悩んだり困ったりしたとき、
本やネットの情報に頼ることがあります。

でも心がけるのは、鵜呑みにしないこと。

あふれる情報から選択するのは自分です。



私は息子のことを静観していますが、
病気や障害が隠れている可能性があると思ったら
今とは別の対応が必要になります。


息子は自立したいと強く思っているのです。

それはいろいろなところからわかっています。

逆にその思いが息子自身を追いつめているように思えて、
だから今は金銭的にも精神的にも
息子を追いつめることはしたくないと思っているのです。


一人で暮らしている。

買い物、掃除洗濯、料理を一人でしている。

いいじゃない、それで。

そこから少しずつできるようになれば。

もちろんすごい子はごまんといることを知っています。

一人暮らしで大学へ行ってバイトもして。

でも、他人と比べて自分の子どものことを情けなく思って
それで良いことなんて何もありません。

息子自身の成長を願うだけです。



私自身のこともそうです。

親や姉との関係性について。

どうすればいいのか悩み、
距離を取ればいいと思ったり。

LINEをブロックにしてみたり。


でも結局、そういう強硬手段は私にそぐわないことを知りました。

自分が苦しくなるだけなのです。


だから、流れに身を任せることにしました。

自分からは特段行動しない。

親や姉の出方次第でどうするか考える。

もう、これしかありません。

これが一番私自身、心穏やかでいられることだとわかりました。


自分にとっての正解をさがす。

それしかないのです。



今日も読んでくださってありがとうございます。
人生は死ぬまで試行錯誤なんでしょうねえ。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

孤独は妄想



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

今日はいくらか体調が良いようです。

昨日の日曜日にいつもよりゆっくり起きたからでしょうか。



私は会社に一人でいる時間が長く、
最近は電話よりメールのやりとりが増えたこともあり、
孤独にさいなまれて気持ちがふさぐことが多々あります。

あまりに気分が鬱々してきたので、

「会社に一人 孤独」

みたいな言葉を入れて検索する始末。


そこで目にしたのが、

「孤独は妄想」

でした。



検索するとすぐに見つけられると思いますので、
興味を持ったれたら読んでみてくださいね。



その記事を読んでいたら、
急に元気が出てきました。

もちろん元気になれるのも一瞬なんですけど。


ただ、私の中に、

一人は孤独

みたいな気持ちがあって、
自分自身で暗くなっていたことは事実です。


子どものことを考えるときも、
なんとなく友達がいっぱいいたり、
友だちと出かけていれば安心したり
そんな親は多いように思います。

だけど実際には本当に仲良しなのかわからないし、
友だちだからといって
困った時に助けてくれるとは限りません。


人は一人では生きていけない、
色々な形で社会的に助け合わなければ生きていけませんが、
それはいつもだれかと一緒にいるとか
友達がたくさんいるとかいないとかとは関係のない問題です。

本当は、困った時に「助けてください」
といえることが大切なのだと思います。


2歳11カ月の長女を数日間、自宅に放置し死なせた
というニュースがありました。


育児に精神的に疲れ、一人になりたかった
とのこと。

3日間ほど自宅に帰っていなかったという。

自宅に帰っていなかったということは、
彼女と一緒にいてくれる人がいたのではないかと推察されます。

でも、助けを求めることはなかった・・・・

あるいは助けを求められても助けてくれる人はいなかったのか。


案外、本当に困った時には
友だちに助けを求めることってできないかもしれません。

たとえば、私が息子のことで悩んでいても
そのような話をできるひとは限られます。


だれに、どこに助けを求めればいいのか。

学校の勉強より、
そういう知識の方が必要だなと思う今日この頃。



息子のことは心配だけど、
あえて今は何も言わないぞと心に決めていたところ、
就活を始める兆しが見えてきました。

ここでも焦らないことが肝要です。




今日も読んでくださってありがとうございます。
息子は孤独に強い人間だと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


G20大阪サミットが開催されるに伴い、
大阪は各地で何かと大変になっているようですね。

流通が一番混乱しているでしょうか。

荷物の集配業務もストップしていたり。


さらには熱帯低気圧が台風に発達するとかしないとか。

被害や混乱が最小限で済みますように。




私はよく気になったり印象に残った言葉を
メモしていると書きました。

会社の机にも、
言葉をメモした付箋があちこちに散らばっています(片づけろよ)。

そんな付箋のひとつに、
こんな言葉が書かれていました。




「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない
(承認欲求を否定する)



メモしたことなどとうの昔に忘れています。

なんなら、このブログに書いたことも忘れています(笑)。



いつだったかの私がメモした言葉。

時間が経ってメモしたことすら忘れていても、
それを目にするとやはり心にしみますね。


「あの人」とは誰なのか。

それは人それぞれによって違ってくるでしょう。

たぶん、これを書いたときの私がイメージしていた「あの人」は、
やっぱり姉のことでしょうね。


そして私たちが肝に銘じなくてはいけないのは、
子どもに、親の期待を満たすために生きるよう
仕向けてはいけないということでしょうか。


NHK連ドラ「なつぞら」の雪次郎、
演劇をやりたいと川村屋をやめたけれど、
今後の展開はどうなるのかな。

子どもに親の期待にそえなくて申し訳ない
なんて思わせちゃいけないような気がします。

人生には正解も間違いもなくて、
自分がどう思うかだけ。


他人が見て成功者だと思う人が全然幸せそうじゃなかったり、
逆に恵まれない環境にいるのに楽しそうに生きている人もいる。


親が子どもの幸せを思ってあれこれ言ったりやったりするけれど、
子どもの人生に親はあまり踏み込まないほうがいいような気がしています。

親はまず自分が楽しく生きましょう。



今日は私の好きなツイッターアカウントを紹介いたします。



Testosterone@badassceo


ぜひ、ずーっとさかのぼって読んでいただきたいです。

6/16のツイートなんかもいいです。




今日も読んでくださってありがとうございます。
皆様の明日も素敵な一日になりますように。





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ