人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

就活・会社・労働

私たちは不確実性に生きている



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

いまいち元気になれずにいます。

くやしー


悩みのない人間など存在しないのだから、
そんな自分を受け入れましょうかね。



今は地方でも、中小企業でも
ダイバーシティの波に乗らずに
生き残るのは難しい世の中になっています。


私が働く会社はもともと欧米との取引がありましたが、
近年ではアジア各国との取引も多くなってきていて、
中国の方の日本語力に感心させられていました。

そんな中、わが社にも外国籍の方が入社され、
話し言葉はややたどたどしいのに
メールの文章は完璧で驚いています。

むしろ私などより立派な日本語で
恥ずかしくなるほどです。

すごいなあ。



だからといって、
外国語を操れれば仕事や収入が保証されるかと言ったら
そうとも言えません。

そもそも、
言葉を使ってコミュニケーションをとることが
好きだったり得意だったりしないと
仕事にするには辛すぎるから。


勉強ができて、
いい学校に入れば
いい会社に入社できて、
お給料もいっぱいもらえて、
なんて単純なことにはなかなかなりません。

こうすればこうなる、
みたいなことにはならないものです。

私たちは不確実な世の中に生きています。


努力はすべきでしょう。

努力したという事実が自分自身を支えるから。

でもその努力が
自分の思い描く未来につながるとはかぎりません。


病気するかもしれないし、
けがをするかもしれない。

親の事情だってある。

金銭的な問題とか、
住んでいる場所の問題とか。


目標や夢を持つことは
生きていくためのエネルギーになるけれど、
夢や目標に届きそうにないと感じた瞬間に
それらが反対にエネルギーを奪う存在になる。

そういう恐れもあることを
私たちは知っておいた方がいいかもしれません。


そして、
人生は自分が考えていたのとは違う方に転がり、
それでもちゃんと生きていけるということを
理解していたい。


いい大学(人によって基準が違うけれど)を卒業しても
将来は保証されるわけじゃなくて、
案外ブルーカラー的な仕事のほうが
高収入を得られるケースも多分にあるような気がしています。


でも大切なのは、
やっぱり人とのコミュニケーションがとれること。

それは、口が達者だとか、
お調子者だとかいうことではなく、
意思の疎通ができて、
きちんと交渉ができること。

その点からしたら我が息子はかなり怪しくて、
どうなんだろうと思っています。

いや、できるだろうけれど、
それを辛いと思わないかどうかかな。

もし人と接することが苦手なら、
接しない仕事をすればいい。


私たちは、
「こうすべき」
「こうあるべき」
というのにとらわれ過ぎているような気がします。



なーんて
わけわからんことを今日は思うまま
いろいろ書いてみました。


いろいろ辛いです。


今日も読んでくださってありがとうございます。
そろそろ心配から解放されたいです。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

残暑見舞いと前回の記事へのお返事



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。


暑かったり台風が来たり、
夏らしいと言えば夏らしい気候です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。



私は夫の実家と私の実家へ
それぞれ日帰りで行ってまいりました。


義父も今すぐどうこうという感じではなく
来月には介護認定されるのではないかという状況のようです。

双方の両親ともに
長生きしてもらいたいと思うものの、
これからどうなっていくのか予測不能なことに
もやもやしたものに心が占拠されてしまっています。

夫の両親のことは実の子どもである
夫の兄弟でなんとかすることであると、
なるべく考えないようにしています。

私の両親のことも
どうなるかまったくわからない状態で
考えても仕方がないと思っています。

でもやっぱり考えないことはできないのですよね。


もやもや。


実家からの帰り道、
生きるのってつらいな、
なんて思ってしまいました。

つらい。

苦しい。

この、つらいとか苦しいとかの正体は何なんだろう。

その正体をさぐるべく、
ネットサーフィンをしていて
これかなと思ったのは、
「こうすべき」という固定概念。

親の面倒をみなければとか、
親孝行しなければ、というような。

そして、それらから逃げても
きっと私はそんな自分を赦せないだろうから
親のためにやってもやらなくても
くるしく思うんだろうなといういうこと。

お金と時間があれば、
むしろやったほうがいい。

でもそこに姉の存在を感じ、
ひとり恐怖におののいているわたし。

杞憂かもしれません。

でもこの杞憂が私を苦しめる。



「嫁の務め」求める義理の姉、気が重い夫の実家 帰省して役割演じる「嫁女優」、昔と変わらず今も

上の記事は嫁の立場の人の気持ちですが、
ここに書かれていた



帰省後も、こうした義姉の事を思い出すだけで動悸がしたり、食欲が減退がしたりする


という部分に強く共感します。


これから両親が弱ったり、
亡くなったり、
親がひとりになったとき、
どうしたらいいか兄弟で話し合い
意見をすり合わせたりできたらいいのですが、
とてもできるとは思えないのです。

姉の思うとおりにするか、
でなければ姉は一切手出しはしない
というふうになるのではないかと恐れています。

だから私は話し合いをしたくない。


相続放棄をするから
どうぞお好きにしてください
としたいのですが、
親のことを考えるとそうできるとも思えません。

あー

考えるな!

考えるな!

考えるな!


自分にできることなら問題ない。

できないことだから悩む。


ということですね。




息子のことも近いかもしれません。


今回も皆様、コメントありがとうございます。


サポートステーションの情報は早速息子へ伝えました。

息子にはこちらのほうが向いているような気がします。

ぜひ足を運んでもらいたい。


息子が参加した研修は、
休まず終了できたら書類選考なしで集団面接に参加できる
というものだったのではないかと思います。

ただ、今回リタイヤしたからといって
それでおしまいではないと思いますので、
サポステなどで体調と気力を整えて
チャンスがあればまたチャレンジしてもらいたいです。


私の勤務する会社も、
本社は人材紹介会社経由で採用しています。

そして、会社の規模が大きくなってきた頃から
20代の若者を採用し始めましたが、
当然のように長続きしていません。

長続きしない理由は、
これといったはっきりしたものではないでしょう。

それぞれ理由は違います。

自分が若い頃そうだったように、
忍耐が足りなかったということもあるでしょうし、
社風が合わなかったとか、
やりたいことを見つけて辞めていった子もいます。

そして若いがゆえに、
会社の将来性が不透明だから
というのもあるのではないかと感じています。

だって、私が若かったら辞めているかも
と思うからです。


自分の年齢を考えて、
定年退職するまでは会社が存続できるかな、
と天秤にかけている私がいます。

今転職しても同じくらいの給料をくれる会社なんて絶対にありません。

だから、このままでは会社がダメになってしまうだろうなと思いつつ、
自分の仕事をもくもくとこなすことに意識を集中する努力をしています。

できないから苦しいんですけど。



今日も読んでくださってありがとうございます。
自分に都合の良い記事を読んで
気持ちをアップさせています。
それでいいのだ!



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

疑い深い私



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

二つの台風がお盆にかけて日本列島に接近しています。

11日は夫の実家へ、
13日は私の実家へ行く予定にしていますが
さて天気はどうなるでしょうか。



息子が大学を中退して就活をすると言ってきた時、
私はアドバイスではなく情報として、
就職支援会社についてのWeb情報や記事リンクを
LINEで息子に送っていました。

そのとき悩んで結局送らなかったのは、
職業訓練制度についてです。


職業能力開発センターや
指定を受けている専門学校などで
無料で職業訓練を受けることができますが、
どうも私には無料の公共施設を信用できない思いがあるのです。

ずいぶん前のことですが、
友人の一人が職業訓練校に通ったことがあり
その後就職していますし、
息子の同級生のお父さんが
職業能力開発センターの先生をしていますので、
決して悪いところではないことも知っています。

しかし、息子の性格を考えると、
一人一人に親身になって対応してくれるとこでなければ
おそらく効果はないだろうと考えました。

それに通う期間が長いですし、
技術を身に着けるというのは息子には向いていないようにも思いました。


無料で利用できる公共施設。

一見良いようですが・・・・・


就職支援をしている人材紹介会社も
会社を紹介してもらう側は無料で利用できます。

しかし、人材を紹介してもらう企業は
採用が決まれば対価を支払う仕組みです。

利害関係が発生する。

お金が絡むということは
そこに責任があるということです。

無料の公共施設なら責任がないというわけではありませんが、
職業能力開発センターでどれだけ学び、
社会に出て役立つ能力を身に着けたか、
そして就職できたかどうかについて
どれほど職員の方々が我がこととして思っているかということです。

自分がかかわった人が就職できたかどうかで
職員の方に何かしら影響があるとは思えません。

けれど人材紹介会社の場合は、
就職してくれなければ会社の利益が上がりませんから
当然必死になって就職支援をするでしょう。


また、ハローワークは紹介される側も
求人を出す企業側も無料で利用できるため、
ブラック企業がかなり多くあり、
ブラックだとわかっていても排除することはできない状況です。

職員の方はおそらくわかっているでしょうから
窓口で対面した際には
もしかしたら何かアドバイスいただけるかもしれませんが。

とにかく息子のような社会人経験のない若者には
ハローワークを利用するのは難しいかなと考えました。


たぶん大学のキャリアセンターなんかも
息子には利用しきれなかったと思われます。

厳しそうだしね。

自分からぐいぐい行く子ならよいだろうけど。


そんなんじゃ、社会に出てもやっていけないだろう!って?

そうですよねえ。



今日も読んでくださってありがとうございます。
息子の研修は2週間もあるそうですよ。
そこで気の合う友達ができたらなおよいね。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

親が先走ってはいけない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

土曜日に近所の医院で抗血小板薬を処方してもらってきました。

最近胃痛が続いているのでその話をして、
胃薬も一緒に処方してもらいました。


処方してもらった薬は、
「アズレン・グルタミン配合細粒」というものです。

抗血小板薬は胃を荒らすので、
もともと胃薬も入っているのですが、
別に一日三回服用する胃薬も出してもらいました。

薬のせいというよりは
ストレスが原因じゃないかなと思っています。

息子のこともあるけれど、
最近は仕事というか会社のことでもいろいろあって
本当につらいのです。

自分で解決したり責任をとれることではないし、
グチを言い合う相手もいないという。

ただ私の話に耳を傾けてくれる人がいたら
どんなに救われることか。


そうそう、我が家のインコ。

あんまりおしゃべりはしないのですが、
突然、「つかれた」としゃべって驚きました。

えーーーー!

私、「つかれた」って、言っちゃっているのかしら。

それで覚えちゃった?

気をつけないと。







今読んでいるとして紹介した、
「シンプルに生きる」ですが、

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社 α文庫)



こんな精神状態だからか、
読んでいても内容がぜんぜん頭に入ってきません。

たぶん、翻訳本だからというのもあるかも。


一方、電子書籍で購入した、
「こころの対話 25のルール」は心に沁み込んでくるようです。

こころの対話 25のルール (講談社 α文庫)



紙の本で購入すればよかったとちょっと後悔。

ぱらぱらめくることができないので、
ちょっと戻ってあの箇所を読みたいと思っても
目的のページをみつけるのがちょっと手間なのです。

しおりをつけておけばべつですが。


あと少しで読み終わるので、
次はどの本にしようかな。




7月も半ばを過ぎ、
親としても息子の就活が気になります。

そもそも就活をしているのか?
などなど、気にするなと言われても気になるもの。

でもここで親である自分が勇み足をしては
また過去の繰り返しになると自制に自制を重ね
ぐっと我慢の日々を過ごしていました。

そうしたところ息子から、


大学中退者向けの就職支援サービスの説明会に行ってきた


とLINEがきました。


おっとあぶない。


やっぱり親は、
あせりから子どもの一歩先を行きがちであるようです。

ぐっと我慢していてよかった。


そしてあれこれ聞き出すことはせず、

心配はしていない
大丈夫だと思っている

というメッセージを伝えておきました。



人間という生き物は、
放っておくと悪いことばかり考えるようです。

ポジティブよりもネガティブになるし、
一人でいると悪いことを想像する。


だから無理やりにでも、

「大丈夫!なんとかなる!」

と声に出すことが必要だと強く思いました。




就職支援サービスを使っても就職できるかどうかわかりません。

でも、何とかなると思うのです。


なんなら引きこもりの支援をしているところを頼ることもできます。

もちろんそれも息子次第です。


勉強しなさいと言ったところで勉強しないし、
やる気がなければどれだけ机の前に座っていても成果が出ないように、
労働についても同じだと思うのです。

追いつめず、寄り添い励まし、
自分の足で歩いていくことを見守りたい。

今はそう思っています。

今は、ね。




今日も読んでくださってありがとうございます。
話をすると元気になれる人と
落ち込まされる人といますよね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

会社の寿命は30年



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

大雨の続いている地域があります。

大きな災害にならなければいいけれど。

自分は大丈夫。

私などもついそう考えてしまいます。

杞憂に終わったらそれでいい。

災害に対しての備えはやるにこしたことはありません。




会社の寿命は30年と言われています。

私の勤める会社はその寿命に近づいてきて
いま、変革の時を迎えています。

今までのやりかたが通用しなくなってきたという感じでしょうか。

この30年の世界の変化を見れば、
その変化についていくことの大変さがわかるというものです。

役員も歳を重ね、
彼らがバイタリティーにあふれていた
若い頃のやりかたや考え方を
手放せずにもがいているようにみえます。


私は無知でたいした能力もないただのおばちゃんですが、
子育てを通じてだったり、
会社の若い社員や、
身近で言葉を交わす若い子たちをみて、
50代以上のおじさんたちとのギャップを感じます。

そのギャップがわからずとも、
ギャップの存在があるのだろうことを
想像できる人はまだ良いのです。

その存在に気づかず、
うまくいかないのは今の若い子のせいだと思っているから
会社はぎくしゃくし、
有能な若い社員が辞めていくのではないのか。


私もかつては会社のことを思い
いろいろ口出ししたことも一度や二度ではありません。

しかし無駄だと知った今は、
なんとか定年まで会社がもってくれればいい
そんなどうしようもない思いになっています。


会社を安定させ
次の世代に引き継ぐことを目指していたはずなのに
なんだか様子が違ってきている。

私はといえば、
無関心を決め込みやる気も起きないざまです。

粛々と自分の仕事をやるのみです。


子育ても会社経営も難しいですなあ。



大企業なら安泰なのか。

確かに、会社としては
中小企業より倒産や解散の確率は低いかもしれません。

けれど、社員として働くという意味においては
会社が存在してもリストラにあったり、
早期退職を促されたりすることは
かなりの割合で考えられることです。

今の世の中、絶対はありません。


とりあえず、
心身共に健康であること、
これが一番大切ということになりそうです。


息子が就職して、
住宅ローンを完済したら、
年金をもらいながらちょこっとアルバイトをして
悠々自適に暮らせるんだけどなあ。

あと少し、あと少し。




命の母A が効いているのか、
最近ちょっと体調がよくなってきました。

それから、香辛料のいくつかは
漢方薬としても使われているものがありますので、
体を温める効果がありそうなものを
チャイに入れて飲むようにしました。

紅茶はデカフェのものを使い、
カルダモン、シナモン、ジンジャーを入れています。

カルダモンは置いている店が少なく、
値段も他のものに比べるとちょこっと高いでしょうか。

ま、気休めですけどね。



アカシアの花が咲いていました。

2019-07-02 09-03-28

早春に咲くものが多いですが、
この種類は暑くなってから咲くようです。

甘い香りもしていました。



今日も読んでくださってありがとうございます。
息子から届くLINEは
相変わらずサッカーの話題ばかりです。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ