人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

就活・会社・労働

親が先走ってはいけない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

土曜日に近所の医院で抗血小板薬を処方してもらってきました。

最近胃痛が続いているのでその話をして、
胃薬も一緒に処方してもらいました。


処方してもらった薬は、
「アズレン・グルタミン配合細粒」というものです。

抗血小板薬は胃を荒らすので、
もともと胃薬も入っているのですが、
別に一日三回服用する胃薬も出してもらいました。

薬のせいというよりは
ストレスが原因じゃないかなと思っています。

息子のこともあるけれど、
最近は仕事というか会社のことでもいろいろあって
本当につらいのです。

自分で解決したり責任をとれることではないし、
グチを言い合う相手もいないという。

ただ私の話に耳を傾けてくれる人がいたら
どんなに救われることか。


そうそう、我が家のインコ。

あんまりおしゃべりはしないのですが、
突然、「つかれた」としゃべって驚きました。

えーーーー!

私、「つかれた」って、言っちゃっているのかしら。

それで覚えちゃった?

気をつけないと。







今読んでいるとして紹介した、
「シンプルに生きる」ですが、

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社 α文庫)



こんな精神状態だからか、
読んでいても内容がぜんぜん頭に入ってきません。

たぶん、翻訳本だからというのもあるかも。


一方、電子書籍で購入した、
「こころの対話 25のルール」は心に沁み込んでくるようです。

こころの対話 25のルール (講談社 α文庫)



紙の本で購入すればよかったとちょっと後悔。

ぱらぱらめくることができないので、
ちょっと戻ってあの箇所を読みたいと思っても
目的のページをみつけるのがちょっと手間なのです。

しおりをつけておけばべつですが。


あと少しで読み終わるので、
次はどの本にしようかな。




7月も半ばを過ぎ、
親としても息子の就活が気になります。

そもそも就活をしているのか?
などなど、気にするなと言われても気になるもの。

でもここで親である自分が勇み足をしては
また過去の繰り返しになると自制に自制を重ね
ぐっと我慢の日々を過ごしていました。

そうしたところ息子から、


大学中退者向けの就職支援サービスの説明会に行ってきた


とLINEがきました。


おっとあぶない。


やっぱり親は、
あせりから子どもの一歩先を行きがちであるようです。

ぐっと我慢していてよかった。


そしてあれこれ聞き出すことはせず、

心配はしていない
大丈夫だと思っている

というメッセージを伝えておきました。



人間という生き物は、
放っておくと悪いことばかり考えるようです。

ポジティブよりもネガティブになるし、
一人でいると悪いことを想像する。


だから無理やりにでも、

「大丈夫!なんとかなる!」

と声に出すことが必要だと強く思いました。




就職支援サービスを使っても就職できるかどうかわかりません。

でも、何とかなると思うのです。


なんなら引きこもりの支援をしているところを頼ることもできます。

もちろんそれも息子次第です。


勉強しなさいと言ったところで勉強しないし、
やる気がなければどれだけ机の前に座っていても成果が出ないように、
労働についても同じだと思うのです。

追いつめず、寄り添い励まし、
自分の足で歩いていくことを見守りたい。

今はそう思っています。

今は、ね。




今日も読んでくださってありがとうございます。
話をすると元気になれる人と
落ち込まされる人といますよね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

会社の寿命は30年



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

大雨の続いている地域があります。

大きな災害にならなければいいけれど。

自分は大丈夫。

私などもついそう考えてしまいます。

杞憂に終わったらそれでいい。

災害に対しての備えはやるにこしたことはありません。




会社の寿命は30年と言われています。

私の勤める会社はその寿命に近づいてきて
いま、変革の時を迎えています。

今までのやりかたが通用しなくなってきたという感じでしょうか。

この30年の世界の変化を見れば、
その変化についていくことの大変さがわかるというものです。

役員も歳を重ね、
彼らがバイタリティーにあふれていた
若い頃のやりかたや考え方を
手放せずにもがいているようにみえます。


私は無知でたいした能力もないただのおばちゃんですが、
子育てを通じてだったり、
会社の若い社員や、
身近で言葉を交わす若い子たちをみて、
50代以上のおじさんたちとのギャップを感じます。

そのギャップがわからずとも、
ギャップの存在があるのだろうことを
想像できる人はまだ良いのです。

その存在に気づかず、
うまくいかないのは今の若い子のせいだと思っているから
会社はぎくしゃくし、
有能な若い社員が辞めていくのではないのか。


私もかつては会社のことを思い
いろいろ口出ししたことも一度や二度ではありません。

しかし無駄だと知った今は、
なんとか定年まで会社がもってくれればいい
そんなどうしようもない思いになっています。


会社を安定させ
次の世代に引き継ぐことを目指していたはずなのに
なんだか様子が違ってきている。

私はといえば、
無関心を決め込みやる気も起きないざまです。

粛々と自分の仕事をやるのみです。


子育ても会社経営も難しいですなあ。



大企業なら安泰なのか。

確かに、会社としては
中小企業より倒産や解散の確率は低いかもしれません。

けれど、社員として働くという意味においては
会社が存在してもリストラにあったり、
早期退職を促されたりすることは
かなりの割合で考えられることです。

今の世の中、絶対はありません。


とりあえず、
心身共に健康であること、
これが一番大切ということになりそうです。


息子が就職して、
住宅ローンを完済したら、
年金をもらいながらちょこっとアルバイトをして
悠々自適に暮らせるんだけどなあ。

あと少し、あと少し。




命の母A が効いているのか、
最近ちょっと体調がよくなってきました。

それから、香辛料のいくつかは
漢方薬としても使われているものがありますので、
体を温める効果がありそうなものを
チャイに入れて飲むようにしました。

紅茶はデカフェのものを使い、
カルダモン、シナモン、ジンジャーを入れています。

カルダモンは置いている店が少なく、
値段も他のものに比べるとちょこっと高いでしょうか。

ま、気休めですけどね。



アカシアの花が咲いていました。

2019-07-02 09-03-28

早春に咲くものが多いですが、
この種類は暑くなってから咲くようです。

甘い香りもしていました。



今日も読んでくださってありがとうございます。
息子から届くLINEは
相変わらずサッカーの話題ばかりです。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

だいぶ落ち着いてきました



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

昨日の記事にもたくさんコメントをありがとうございます。

とてもうれしく感謝の気持ちでいっぱいです。

今回も個別にお礼を申し上げられずごめんなさい。

そのかわり記事にエネルギーを注ぐことといたします。





3月1日に大学生の採用活動が解禁となりました。

就活解禁で、各地で企業説明会が開催されている、
今年はいつもに増して売り手市場だ、
と明るいニュースになっていました。

現役で大学へ入学した息子の同級生はこの春から社会人。

そして休学していなければ息子も就活性のはずでした。

人は人。

でもやっぱり浪人してさらに休学した息子をもつ母の気持ちは複雑です。

人をうらやむというのとはちょっとちがう。

その前段階。

大学を卒業できるのか?

社会人になれるのか?

そのレベルです。




一昨日、息子からLINEがきました。

歯医者代を振り込んでほしいと。

昨日お金を送りました。


家に帰ったら大学から学費の振込用紙が届いていました。

勇気を持って、息子に問いました。

「大学辞めないよね」



息子から返事はありません。

既読にはなりました。


今のところはまだわかりません。

でももう少したったらまたきいてみようと思います。

学費振り込んじゃうよ?と。

それで返事がなければ大学は続けるということでしょう。


淡々と毎日が過ぎていきます。




姉と直接やりとりはありませんが、
母のおしゃべりにより姉のところの情報が入ってきます。

就活が解禁になり、姪は10日ほど東京へ行ったきりであると。

どこに泊まっているのかわからない。

ネットで知り合った同じ趣味の人のところに泊めてもらうらしい。



姪はよく東京へ遊びに行きますが、
ホテルなどには泊まらず夜行バスで行き来(?)するか、
趣味が一緒の友達のところへ泊めてもらっているそうです。

シェアハウスに住んでいる友達がいて、
その子が不在でもそのシェアハウスに泊めてもらっている
という話しも姉からききました。

姪はとても社交的なのだ、
息子に姪の爪の垢でも飲ませてやりたい、
そんな風にも思っていました。

でも、10日も泊めてもらう?

あるいは人の家を泊り歩く?

というのは社交的と言うのとは違うのでは?
と思いはじめました。


学生時代の親友というのでもない、
ネットで知り合った趣味の友達のところ。

1日くらいならいざ知らず、そんなに長く・・・


ちょっと・・・恐ろしく・・・なってきました。

私のような頼まれると断れない人間は
つかまってはいけない種類の人ではないかと。




コメントで何人かの方に、
姉はパーソナリティ障害ではないかとご指摘をいただきました。

私もいろいろ調べてみたのですが、
自己愛性というよりも境界性によりマッチしているように思いました。


東大の博士課程の方が書いた論文をネットでみつけて読みました。

「発達障害と境界例の精神行動特性の比較」というものです。

これを読んで確信しました。

姉は境界性パーソナリティ障害であると。



私はどうしたらいいのか散々悩みましたが、
結局は距離を取り、反応しない、
言ってくることに反論しない、
暖簾に腕押し、糠に釘、
というのが一番いいのではないかと言う結論に至りました。

息子の誕生日祝いにいろいろ送ってもらっていたようだから、
姪の誕生日にも贈るべきか?と悩みましたが、
何もしないことにしました。

とにかく何もしない。


パーソナリティ障害の症状の一つに自傷行為がありますが、
姉にはそんなことないよな、と思ったものの、
先日みんなで温泉に行ったとき、
「将来自分は一人きりになる。
そうなったらどうやって死のうか自殺の方法を調べている」
と言っていたので、
これは「私にさびしい思いをさせたら死ぬからね」
という脅しに他なりません。


今は娘と夫がいるから大丈夫ですが、
姉がもし一人になったら・・・・ひゃ~(怖)


実は、姪がまだ中学生か高校生の頃、
もしかしてボーダーではないかと思い、
それについての本を読んでいました。

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)



自分の思うとおりにならないと癇癪を起こし、
何が地雷なのかわからずに怖かったからです。

今はだいぶ落ち着いているようだし、
そもそも姪と話す機会がないので、
姪がどういう人間なのか今の私にはまったくわかりません。

私、姪がこわいんですよ。

姉から姪の話をいろいろきいていて、
とにかく人を批判的にしか言っていないので、
私が近づいたらどうせ私のことも悪く言われるのが分っていますから。

そういえば姉は姪のことをこう言っていました。


自分より年下については、許せる。

でも自分より年上でバカな人間は許せないのだと。


こわいこわい~

一緒に働いたらどんな感じになるんだろう。。。

ていうか、姪、そんなんじゃ楽しく働けないだろうな。

辛くないかな。


世の中にはいろんな人がいるよ。

おもしろい人もおもしろくない人も、
仕事ができる人もできない人も、
気が利く人もきかない人も、
色々な人がいるのが社会というもの。

社会の中の自分が所属するコミュニティーで
自分がどういう役割を果たしていくのか。

どうしたらみんなが楽しくいられるのか。

そういうことを考えながら生きていくものだよ。

あ、あくまで私の考えですけど。


私と関わる人にはハッピーでいてもらいたい。

でもそのためには
姉のような人から離れる必要もあるのです。

なんか矛盾してるけど。

そこが苦しいところ。




今日も読んでくださってありがとうございます。
矛盾だらけの記事ですが、それが私です。
最後にいっこだけ自慢しちゃいますね。
みんな私と一緒に働きたいと言ってくれます。
何よりうれしいことです。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

就活生に



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

スギ花粉が飛散し始めたそうですね。

インフルエンザの次は花粉と、
マスクが手放せない季節です。



以前、息子の大学へ行ったとき、
大学生協のブックカバーがほしくて、
文庫と新書を一冊ずつ買いました。

特別欲しい本があったわけでもなく、
時間もあまりなかったので
適当に目についた本を手に取ったのですが、
その一冊が、「内定童貞」という本。

内定童貞 (星海社新書)



「嫌われる勇気」を図書館へ取りに行くまでの間
どの本を読もうかしらと積読本をあさっていて目に留まったのですが、
就活生のみならず、一般の人が読んでもおもしろそうです。

カバーの表紙をめくったところに書いてある文を引用してみます。




本質を見極めれば「就活」はそこまで怖くない

学生は、就活への恐怖を肥大化させすぎている。インターンに行かなくても内定はとれるし、面接で話す内容は立派でなくてもいい。合否は能力ではなく、相性で決まる。第一志望に通らなくても、中途採用で入ればいい。面接官にもバカはいるし、人事は味方だーーー。大切なのは、美辞麗句に隠れた「企業の本音」を知ることと、社会人と「普通に」話せるトレーニング(方法は本書にて紹介する)をしておくこと。そして、すぐバレるような「ウソをつかない」ことだ。これさえできれば、就活は怖くない。誰もが未経験(=童貞)であるがゆえ、不安まみれになる就活。キツイ数ヶ月になるがなるが、本書を読んで気持ちを軽くし、乗り切ってもらいたい。



残念ながらアマゾンのサイトでも中身を見られませんが、
ところどころ文字がどでかくなっていて、
通勤で読んでいたら隣の人に見られるのではと
ちょっと躊躇します。笑


全部読んだわけではないので、
内容について書けることは今はありませんが、
読み物としてはおもしろいことは確かです。

もし就活生のお子さんがいたら、
勇気づけにプレゼントしてもいいかもしれません。


それから昨日読んだ記事。

就活を経れば「不誠実な会社」はひと目でわかる
先輩たちが語る「企業の見方で変わったこと」

これなんかも就活生には良いかもしれません。




まだまだ元気になれない私ですが、
以前にも紹介したと思う記事を読み直し、
心を落ち着かせています。

親の皆様へ。子どものことを心配しないで信頼して下さい。


子どもといえど別な人間。

それぞれが自分に責任を持つ。

ですね。




今日も読んでくださってありがとうございます。
誰からも心配されないって、気持ちいいです。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

人生がどうころぶかなんてわからない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

実は昨日、仕事でミスをしでかしました。

商品センターへ出荷依頼をしたときに、
送り先を間違って指示してしまったのです。

退社する直前に荷物が発送されたか確認したとき、
送り先が違っていることに気づきました。

これは大変だ!

あわてて送り状番号を教えてもらい、
運送会社に電話をして、
荷物の転送をお願いすることができました。

取次店に到着してからの転送になるので、
たぶん配達が一日遅れてしまいます。

お客様に電話してその旨お話ししてお詫びしました。

失敗したけれど、手遅れになる前に気づいてよかった。

私って運がいい。

反省しつつ自分の強運を再確認した出来事でした。




昨日はジョブチェンジの話題でした。

記事の雰囲気はまったく違うのですが、
ジョブチェンジがちょこっと見える素敵なお話を
ほぼ日の中に見つけましたのでリンクを貼ってみました。


ペットボトルキャップとわたし


後編の真ん中あたりに、
著者のジョブチェンジについてのくだりがあります。

憧れだったテレビ局に転職ができたあとの部分。



けれど、いざ入社してみると、思ったようにはいかない。
これまで若い企業で自由に働き過ぎたこともあったと思う。
文化やお作法がまったく異なる会社の中で、
会議で発言することのない自分‥‥
雑用をこなすばかりの自分‥‥。
仕事にのめり込んでいたこれまでが嘘のように感じられ、
日に日にわたしは透明人間のようになっていった。

誰か、わたしのことを
見てくれているひとはいるのだろうか。

いまの自分を、小学生のころの自分が見るとどう思うだろう。
もっと役に立ちたい。
だけど、うまくいかない。
宛名書きだけで終わってしまう1日もあった。
気づけばテレビはもう見なくなっていた。 


入りたい会社とやりたい仕事。

両方実現できたらいいのだろうけれど、
そううまくいくはずはない。

本人以外からしたら、
大きい会社、名の知れた会社、安定企業につとめているのなら
それでいいんじゃないのと思うかもしれません。

でも、外側から見たら素晴らしいと思える職場でも、
中でどんな仕事をさせられるかによって
精神的に追い詰められてしまうことだってあるでしょう。

この私も最近は、
生活のためだと割り切って
心を不感症にして耐えています。

一体どんな不満があるのだ?
と言われてしまうような恵まれた環境にあるにもかかわらず。



この記事の終わりの方に、
過去の経験が役に立って、
テレビ番組に関わる仕事もはじめることになった
とありました。


昨日の記事にもあった、スキルが合わさってレアになる
ということの実例ですね。

人生がどうころぶかなんてわかるはずがありません。




息子は特別秀でた能力は持ち合わせておらず、
勉強もあまりできずに高校受験は失敗しました。

けれどすべり止めで入学した高校がよいところで、
大学は息子にしては十分すぎるところに合格することができました。

なのに病気で休学。


人生は上がったり下がったり。

浪人した上に休学して、
人によっては「終わったな」と思うかもしれません。

でもこんな時代です。

この先どうなるかなどまだまだ全然わかりません。



姪は頭脳明晰、何をやらせてもそつなくこなす。

高校は勉強せずとも地域のトップ校の一つに入学。

けれど病気をしたこともあり、
がんばって勉強して難関大学に入ることより
やりたいことができる大学へ行くことを選びました。

姪も同じです。


今が良くても悪くても、
ずっと同じ状態でいられることはありません。

今やるべきこと、やりたいことは何なのか。

それを考えて毎日を生きるしかありません。




もうすぐセンター試験。

人によっては人生で初めての
自分の生き方に影響を与えるかもしれない大きな試練です。

みんな、がんばれ。




今日も読んでくださってありがとうございます。
ただなんとなく毎日が過ぎるのって、すごく幸せなことですね。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ