人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

自分を受け入れる大切さ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

天気の悪い日が続いていて
野菜の値段が高騰しているとかいないとか。

暑すぎてもダメだし。

農家の方々はどれだけ苦労されていることか。




昨日のクローズアップ現代+

「社会復帰に新展開! 最新のうつ病治療」
というタイトルでの放送でした。

薬による治療に効果のない難病性の鬱の方を対象に
磁気刺激による治療が保険診療に加わったという話です。

私が心を動かされたのは、
磁気刺激の効果についてではなく、
ゲストとして出演されていた高木美保さんのお話です。

高木さんは7年間重いうつ症状に悩まされてきたとのこと。

治療をする中で、
あなたはまじめすぎるとか努力しすぎると言われ、
それは子どものころから良いこととされてきたことなのに
と思ったとおっしゃっていました。


まじめであれ。

努力しなさい。

我慢しなさい。

誰とでも仲良くしなさい。


どれも私たちが言われてきたことです。

そしてどれも良いことだと奨励されていることです。

その一方で私たちの精神をむしばむことでもある。



ふまじめで、努力などせず
我慢しないで好き嫌いをあらわにして好き勝手に振る舞う人たちに、
まじめな人たちは振り回されっぱなし。

会社では尻拭いをさせられ、
あれもこれも一手に引き受け、
仕事はどんどん増えていく一方。


どんなに良い薬や治療法が出てきても、
そのような環境が変わらなければ社会復帰は難しいかもしれません。

ちょっとした考え方や行動を変えることが
案外環境や人を動かす可能性はないでしょうか。

不真面目に分類される人が仕事を頼んできた時、
アサーティブにふるまえたら。

学校では学問を学ぶ以外にも、
アサーティブに振る舞う方法や、
嫌なことを嫌だということ、
嫌なことは嫌だと思っていいこと、
そういう自分を受け入れる練習など
必要なのではないかと思っています。


今読んでいる「こころの対話 25のルール」に
以下のような文章があります。


<以下引用>

 あなたには、がまんを重ね、努力を重ね、自分を殺して、嫌いな人と親しくなることもできるでしょう。そして、みんないい人、そう思えるわたしはすばらしいと感じることもできるでしょう。
 ただし、ほんのいっときです。いずれにしろ、イエローストーンの山火事のように、一気に爆発するときがきます。
 嫌いな人がいるのなら、その人を嫌っている自分を受け入れなさい。そういう自分を受け入れられない自分を受け入れなさい。
「わたしは、あの人のことが嫌いだ。嫌いだということは、嫌いだということで、嫌いだということだ」
「人を嫌っている自分を受け入れられない。受け入れられないということは受け入れられないということで、受け入れられないということだ。
 そう繰り返しなさい。それは、あなたが思っている完全さとは違うかもしれませんが、でも、そのことも含めて、じつはあなたは完全なのですから。


こころの対話 25のルール (講談社 α文庫)



このような文章を読むと救われます。

たとえ一瞬であろうと心が軽くなります。

日々の暮らしの中で息苦しく耐え難くなったとき
このような文章を読んで自分を解放してあげる。

愚痴や悪口を言える環境や相手がいるとは限りません。

言ってしまったことを後悔する私のような人間もいます。


向上心とは真逆かもしれないけれど、
どんな(ダメな)自分も受け入れることが
厳しい社会を生き抜く方法なのかもしれません。




今日も読んでくださってありがとうございます。
会社においても、
「うちの会社に入社してくれてありがとう」
「うちの社員でいてくれてありがとう」
「君のことは大好きだよ」
と社長なり上司なりが毎日語りかけてくれたら
その会社はものすごく良い会社になるんじゃないかなと
本を読んでいて思いました。
現実には真逆なことが起きているんですけどね。





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

今日は本の話し(キャンディ・キャンディとか)



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

姪の結婚式で顔を合わせる機会があった夫の兄弟。

彼らは兄弟のグループLINEを作って
最近よくやりとりをしているようです。

義弟の奥さんは不規則な勤務形態ですが、
先日奥さんのシフトに合わせて義弟が休みをとり、
二人で温泉へ行ったり紫陽花を観に行ったりしたようだと
夫が言っていました。

おお~いいね!


夫婦も子どもが独立する年齢になると
第二の人生が始まるんだなと感じます。

我が家もよく二人ででかけているので、
そういうのをグループラインで知って
刺激を受けたりしたのかもしれません。



そうそう、先日の姪の結婚披露宴の時、
甥が、親からのメール(LINE)に対する既読スルーの
実態を話して聞かせてくれました。

息子の既読スルーは普通のことで、
親が気にするものではないんだなと
あらためて思いましたわw。

よそんちのことだとおもしろおかしく聞けるんですけどね。




積読本は増える一方ですが、
それでも読書はちまちまとやっております。

数冊同時並行をやっており、
頭の中がぐちゃぐちゃになることも。


今朝心に残った一節をピックアップしてみましょう。


「シンプルに生きる」より。

シンプルに生きる 人生の本物の安らぎを味わう (講談社 α文庫)



以下引用

 人生の質はその人がどれだけ自分がなすこと、考えること、そして選択することに注意を払えるか、その「度合い」によって決まってきます。そして自分が注意をそそいで行う行為は、必ず発展を見せるのです。


大切なのは、自分です。

自分の意識だということですね。

人からやらされていると感じている限り、
発展はないということでしょうか。




そんな、あちこちにとびとびの読書。


ちょっと前に「キャンディ・キャンディ FINALSTORY」について書きました。

小説キャンディ・キャンディ FINALSTORY (上)



上巻を図書館で借りて読み、
下巻は借りずに、
漫画のほうを読み始めました。

ちょうど下巻の内容、
セントポール学院を辞めてアメリカに戻ってからの話を
よく覚えていないのです。

ですからまずは漫画のほうを読んでから借りるつもりです。


昨日5巻を読みました。


おもしろい。

おもしろいのです。

そして、原作をおもしろくしているのは
やはりいがらしゆみこ氏の絵でもあると感じました。


この本が著作権の関係で
多くの人の目に触れる機会が奪われているというのは
大きな損失であると感じます。

非常に残念。

このおもしろさを共有できたらいいのに。




さらに本の話を続けます。


NHKのラジオ講座、
エンジョイシンプルイングリッシュで、
梶井基次郎の「檸檬」を取り上げていました。

日本の文学作品は教科書で読んだくらいで、
夏目漱石ですらろくに読んだことのない私。

幸いその手の作品は今、
青空文庫として無料で読むことができます。

さっそく檸檬をダウンロードいたしました。

「トロッコ」とか
「文鳥」とか
「武蔵野」とか
けっこうダウンロードしています。

これ、おすすめです。



今日も読んでくださってありがとうございます。
新しいドラマが始まって、
テレビに読書に時間が足りません。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

親も子も自己肯定感を持つ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

またしても家族間でのものとおもわれる事件が起きました。

父親が娘を殺害したのではないかという。

なぜ?

どうして?

そこまでしなければならない理由があったの?

心が痛む事件です。




金曜日の深夜、
さあ寝ようと思っていた矢先、
テレビで放送していた
SWITCHインタビュー 達人達(たち) アンコール「ジャガー横田×高橋孝雄」
(アンコール放送の再放送)
に引き付けられてしまいました。

さすがに眠かったので録画して、
昨日の夜に観たのですが、よかったです。


この高橋孝雄先生の本、すごくよさそう。

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て



amazonの内容紹介を読んだだけで救われる人がいるんじゃないかな。

私もその一人。

この本、買って読もうかしら。

たぶん今なら書店にたくさん並んでいそう。

すでに在庫チェック済み(笑)。



巷には、
頭の良い子にする〇〇、とか
子どもを勝ち組にする〇〇、とか
〇〇は母親で決まる、とか
子供の将来は〇〇で決まる、とか
親を精神的に追い詰めてしまうような文言があふれています。

そしてその不安を払しょくするために、
本を読んだり塾へ通わせたり習い事をさせたり、
そしてうまくいかないと子どもを叱責してしまったり・・・

およそ高橋孝雄先生がおっしゃっていることと
真逆なことをしがちな今の子育て環境です。



本の中には、
母乳が出なければミルクでOK。
おかあさんがラクな方法を選びましょう。
とあるようです。

私が出産した病院では、
お母さんの精神の安定が一番大切だから、
完全母乳でなくてもミルクを使ってもいいですよ、
といわれました。

でも当時は完全母乳がわりともてはやされていた時期です。

今もですか?

友だちはなかなか母乳が出ず、
マッサージに病院へ通ったと言っていました。

母乳は誰でも必ず出るはずだと言われていました。

母乳の量が足りなくてもミルクは足さないという病院もありました。


たぶんお母さんの努力と忍耐で
完全母乳育児は達成されていたのでしょう。

でも、精神的肉体的につらいお母さんも多かったんじゃないかな。


ちょっと脱線しますが、
たまたまみつけたこの本もおもしろそうです。

江戸の乳と子ども: いのちをつなぐ (歴史文化ライブラリー)




そして何より大切なのが、
親自身が今を幸せに思って生きること。

親の自己肯定感が大切らしいです。

そうだなあって思います。


そして、息子に対する不安から、
余計なことを言いたくなりますが、
そこはぐっと我慢です。


絶対に言ってはならないこと。

それは、
あなたのことが心配でならないという言葉。


あなたのことが心配で楽しい気持ちになれない。

あなたのせいで幸せでいられない。


そんなことを親から言われたら
自己肯定感など持てるはずがありません。


共依存にならないためにも、
まずは自分が楽しむことをしようと思っています。


自分の不安を子どもにぶつけない。

でも、ぶつけていたなあ、昔は。






今日も読んでくださってありがとうございます。
不安をぶつける相手は子供以外にすればいいんだよね。
誰にぶつけよっかな~(笑)




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

子どもの人生は子どものもの、親は親の人生を生きる



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


185-180

この数字、何かわかりますか?

今年一年のうち、185日が過ぎ、
残りは180日ということです。

もう半分が過ぎたのですね。

早いものです。




私は子どものころからよく空想していました。

今もしょっちゅうしています。

たとえば、こんなの。


成績をつけない学校を作りたい。

もちろん一般の学校と同じことを教えるしテストもする。

テストの点数は開示し、
理解度はどの程度なのかを知らせる。

だけど、それに基づいた成績表はつけない。

だって、学力についてはテストの点数開示で十分だし、
成績表というのはどれだけ学校(国?)が決めた基準に達しているか
あるいは全体の中での位置を示すものだから。

体育や技術芸術科目に点数はつけられない。

だって完全に先生の主観だし。


大切なのは良い成績を取ることではなく、
自分という人間を知ること。

何が好きで、何が得意で、何が嫌いで何が苦手か。

それらを理解した上で、
高校などの上の学校へ進んでいく。

もう勉強ができればいい時代じゃないもん。


そういうことがわかっている親は増えてきているけど、
学校でつけられる成績とか、
テストの点数で進学先が決められることを考えると
そうは言ってもねえ・・・となってしまいます。



子どもの人生は子どものもの」という記事があります。

この記事のずっと下の方に、
こんなことが書かれていました。


そういえば、私のところに取材に来てくれたある雑誌の編集者が言っていました。
部下の編集者で、なかなか独り立ちできないのが2,3人いて困っている。
言われたことはてきぱきできるのだが、自分から企画を立てられない。
立てたとしてもありきたりで、本人にも絶対これをやりたいという意思が感じられない。
雑誌づくりの仕事はオリジナリティと情熱が命なので、とても困っている。
道のないところに自分で道をつくれる人材が欲しい。
すでにある道しか歩けないのでは、編集の仕事は無理。
すごく高い倍率の採用試験を通ってきたはずなのだが、採用方法を見直す必要があるようだ。


いままでの学校教育は、
高い倍率の採用試験を通るためのもの、
あるいはその前段階の、
入社試験を受けるための条件となる大学に入学するためのもの
となっている気がしています。

もちろん学問や研究をしたくて大学へ行く子も多いと思います。

でも、圧倒的によりよい職業へ就くためと思っている人の方が多いんじゃないかな。


大学全入時代と言われて久しくなり、
ボランティアだ、サークル活動だ、留学だ、というのも、
就活を見据えて行っている学生も多そう。

そういうことをしてもほかの学生と差別化できないほどですよね。

今の若者は大変だ。

やっぱりもう親が子どもの就活に口出しできる時代ではありませんね。





今週末は実家に行く予定です。

そこで母にあげようと雑誌を買ってきました。

明日の友 240号 初夏 2019年 07月号 [雑誌]



いま販売されている240号の特集は、
「くたびれないご飯づくり」。

私も参考にさせてもらおうと思っています。



そして、書店に足を運べばやはり買ってしまう私・・・・

昨日買ったのは、「365日のベーシックコーデ」

365日のベーシックコーデ 何度でも着たくなる、大人の上品スタイル




と、「人生100年時代の稼ぎ方」。


人生100年時代の稼ぎ方



ファッションは私の苦手分野のひとつ。

ま、苦手なものばかりなんですけど。

人は案外見かけで判断してしまうものなので、
リスク回避という意味で
(見かけで軽んじられないように)
やっぱり外見には多少気を配ろうと思っています。


それから最近、
老後2000万円不足問題が取りざたされていますが、
現役時代はサラリーマン、
リタイアしたら年金暮らし、
というのではいけないのだなとあらためて思いました。

ということで、今さら遅いのかもしれませんが
100歳まで生きるとしたらあと50年近くあるのですから
それまでをどうするか考えて対策を練らねばなりません。

女性の平均寿命は約87歳。

平均ですよ。

ということは、それよりも長生きする人がたくさんいるということです。

楽しく生きるためにも自分で何とかしなくてはなりません。


学歴ではなく、
本当の意味での学び、
賢く生きる術を身につけなくては。



このブログはもともと息子の受験を綴っていましたが、
これからは賢く楽しくいきるための情報共有の場にしていけたらいいな
なんて思えてきました。

そう、親は親の人生を生きるのです。


今日も読んでくださってありがとうございます。
本は読みたいが視力に問題が出てきています。
およよ。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

道聞かれ顔



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

体調があまりに悪いので、
やはり婦人科の受診を考えています。

もう7月になるし、
夏休みの一日を通院に当てようかと思っています。


気休めにサプリメントも飲んでいます。

いろいろ悩んで、「命の母A」の84錠7日分のものを購入しました。

【第2類医薬品】命の母A 420錠



お試しで。


でも、サプリメントを買って飲むよりも
ちゃんと病院で診察してもらい、
漢方なりホルモン剤なりを処方してもらった方が
保険がきくし安く済むような気がするのです。







今日は本の話をしたいと思います。

以前ご紹介した
「勝間式 超コントロール思考」を読んでいます。

勝間式超コントロール思考



この本の、「第4章 人間関係をコントロールする」に
こんな文章がありました。

以下、引用です。


 小田教授の実験によると、わたしたち人間は目の前にいる人の身ぶり手ぶりや雰囲気だけでも、相手の利他性を察することができるそうです。なぜこの能力があるかというと、その能力がないとどの人と仲良く付き合って、どの人とあまり深入りしてはいけないかということについて判断ができなくなるからです。
 つまり、利他性を備えている人は、あらゆる人間から仲良く付き合ってもらえるため、ひいては社会の中で生きていきやすくなる、というわけです。

 道端でしょっちゅう道を尋ねられる人のことを、わたしは「道聞かれ顔」と呼んでいます。一方で、まったく道を尋ねられた経験がないという人もいると思います。これはなぜかというと、人間は無意識に「利他性がある人」を見分けて、道を親切に教えてくれる可能性が高い人へ、的確に声を掛けているということです。
 そして、わたしたちが人間関係で目指すべきなのは、この「道聞かれ顔」になることです。この人は親切な人だし、親切そうな相手だから付き合おうと思ってもらえれば、人間関係は大体うまくいきます。


引用終わり。


みなさんは、道聞かれ顔ですか?

私は先日行った鎌倉で尋ねられました(嬉)。


円覚寺にある国宝の洪鐘がどこにあるか、
外国人男性を二人連れた女性の方に。

あいにくそのときは私も探しあぐねていた時だったので、
教えてあげるけとはできませんでしたけれど。



そういえばこんなこともありました。

25年も前のことです。

社員旅行で行った香港の革製品を中心とするお土産屋さんでのこと。


レジで店員の女性が私に耳打ちしました。

あなたに特別安くしてあげます。
あの人には内緒ね、と、
一緒に行った会社の先輩女性を見ながら。

本当だったのかどうかわかりません。

誰にでもそんなことを言っていたのかもしれません。

でも、会社の先輩は確かにキツイ人でした。

それは外見からもわかりました。

でも、決して悪い人ではなかったのですが。



姉も見るからに怖いです。

以前姉自身が言っていたことですが、
姪のことで学校の対応がひどかったので
それについて話したかったのだけれど、
姉がそういうことを言うと相手が異常に恐れるのがわかっているので
言うのをためらったと。

結局姪がかかっていた病院のスタッフが
学校に対して話をしてくれたらしいのですが。


つまり、姉が苦情を言うと、
外見からクレーマーと思われてしまうようなのです。

その苦情が正当なものだとしても。


内面は外見に表れてしまうのでしょうか。



本ではその後に、「快適か不快か」について書かれています。


以下引用です。

 相手が利他的かどうか判断するセンサーが、人と関わるための第1段階のセンサーだとしたら、次の第2段階で発動するのが「その人と一緒にいて快適か、不快か」というセンサーです。こちらも実に敏感に反応するものです。
(中略)
 わたしは人間関係において、この「快適か、不快か」を感じるセンサーは非常に重要であり、その判断には素直に従った方が人間関係はうまくいくと思っています。
 ところが、会社での付き合いがあったり相手が血縁だったりすると、そのセンサーが警報を鳴らしているのにもかかわらず、無理して「付き合わなければいけない」と思い込んでしまうひとがいます。
(中略)
 わたしたちは自分のことしかコントロールできませんが「どの人と付き合うか」ということについては、自分の判断でコントロール可能です。相手を変えられないのであれば、自分がどの人と付き合うかということについては、自分のメンタルの健康のために、能動的に関係性を築く必要があります。

引用終わり。


そうなんですけどねえ。

私はまだまだコントロール不能です。




それから、これもまた以前紹介した本。

こころの対話 25のルール (講談社+α文庫)



今はほとんど書店に並んでいないようだし、
迷った末電子書籍を購入しました。

小説は紙の本がいいかなと思っていますが。

この本についても、
読んだ感想をお伝えしますね。




今日も読んでくださってありがとうございます。
息子に、どんなところに住みたいの?ときいたら、
大きな本屋があるところ、という返事でした。
みなさんはどんなところに住みたいですか?




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ