人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

いろいろあったけど、残りの人生楽しみます!

家族の問題

またまた一週間ぶりの更新です



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

またしても更新が滞りました。

たくさんコメントありがとうございます。

ひとりひとりにお返事を差し上げたい気持ちはいっぱいですが
そうするとますます記事が書けなくなってしまいますので
今回もお許しいただいて
記事を書くことでお返事とさせていただきます。


息子はHSPではないかとコメントいただきました。

HSPを調べたところ
確かにそのような傾向はあるかなと思います。

ただ、HSPの定義で、
いくつもの項目のうち
ひとつでも当てはまらなければHSPではない
なんて書かれているものもあったりして
素人判断をしてはいけないなと思いました。

私自身なんとなくそんな傾向が無きにしも非ずですが、
そういう傾向があるのとHSPであるのとは
たぶんちがうんじゃないかとも思います。

そもそも世の中にはっきりとこうだというもの自体が
無いような気もしますし。

よくわかりません。


昔は個性で片づけられていたことが
最近は障害として扱われるようになり
それが良いことだったりよくなかったり
状況によりけりかなと。

HSPは障害ではないですし。



息子のアルバイトについては、
コネと書きましたが、
息子の状況をわかってもらったうえで
一種のジョブトレのような意味合いで
アルバイトをさせてもらう予定です。

息子には、仕事が忙しいので手伝ってもらいたいんだって、
というように伝えてあります。

毎日フルタイムというわけではなく、
週に何日か短時間で
とにかく外に出て体を動かすことをしてもらいたいのです。


息子がやるかどうか不安でしたが、
やる気になっていることがわかったので
10月から働くことになると思います。

問題はどれくらいの期間働かせてもらうかです。

これをきっかけに他でアルバイトできるように
なったらいいなと思っています。




私の手術のほうはまだその手技が保険認定されていないため
来年の春以降になることが決まりました。

母は私の手術のことが気になっているので
もしお金がかかるようなら援助するから言いなさいと
言ってきました。

私は
「親に頼るつもりはない」
と言ったところ、

「親に頼るつもりないだって?何を言ってるんだか」
と鼻で笑われました。

「それって、育ててもらったくせに」って言いたいの?

と私が言うと、
複雑な表情をしていました。


明らかに、育ててやった
こんなにしてあげた、
という気持ちがありありなのです。


以前も書いたかもしれませんが、小学校低学年の頃、
熱が出て吐き気があって学校を休んだとき、
おこづかいをあげるから一人で寝ていなさいと言われ
母は仕事に行きました。

一人で寝かされていたことよりも、
お金をあげるからという条件を出されたことに
私はショックをうけたのを覚えています。

幼稚園児のころからかぎっ子だったのですが、
その話をすると、
働かないとお金がなかったからと言われます。

私はかぎっ子だったことで
親を責める気持ちは皆無です。

でも、育ててやったのだから恩に着ろ
という思いを押し付けられると
さすがに抵抗したくなるものです。

だったら、
働いているから介護はできません、
と言っても許されるということでしょうか。

子どもは私一人ではなく
兄も姉もいるのだから、
私が親の面倒を見なければと負担に思うことは
全然ないなと思うようになりました。

そこは成長したなと(笑)。



この間兄にあったとき、
こんな話をしていました。

兄が初めて車を買う時に母からいくらかお金を援助してもらったら
(頼んだわけではなく母から申し出たのだと思いますが)
いつの間にか車を買ってもらったことになっていて、
伯母たちから
「車買ってもらったんだって」
と言われてとても嫌な思いをしたと言っていました。

確かに私も何度もその話は母から聞かされました。

他にも兄にお金を出した話はたくさん。


そうなんです。

母は人にやってあげたことを
手柄のように言いふらす人なのです。

私の話もいっぱい言いふらされていることでしょう。



だから私は母に何かしてもらったり
お金を出してもらったりするのはいやなのです。

娘にこんなにもしてあげたと
どれだけ言いふらしていることかと思うと
そうやって人を自分の思うとおりにコントロールしようとする
マニピュレーターは姉だけでなく母もそうだなと思って
暗たんたる気持ちになってしまいます。

母は頚椎を圧迫骨折してから
体を自由に動かすことが難しくなっています。

もともと掃除洗濯など
父にやらせていましたが、
90を過ぎて父の体力も落ちてきたようで、
父にあれこれ命令するように指示を出しながら
「お父さんもすぐ疲れたと言うようになってしまった。
 困った。どうしたらいいんだ」
と、自分の思うように父が動けなくなりつつあることを嘆いていました。

父の人生はなんだったんだろう。

かわいそうだと思うものの、
それも父が選んだことなのだろうと
思うようにしています。


母は末っ子で婿取りで両親を看取っているので
おそらく私に面倒を見てもらいたいと思っているし、
姉も私にその役割を期待しているのかもしれないと思うと
何が何でもその役割は果たさないぞと
逆に意地になってしまいます。

施設に入るしかないかな、と
わざとらしく言ってくるところもいやらしい。



母がもっと人の気持ちがわかる人で、
姉があんな人じゃなかったら
私はもっと両親のためにやっているだろうし
姉とも仲良くしていたでしょう。

でもそれは単なる「たられば」にすぎません。

現実を見据えて自分はどうするのか
しっかり考えていきます。


なんか、親の悪口になってしまいました。

すみません、
その部分はお読み逃しください。

母がやっぱり子どもに対して
「育ててやった」と思っている人間だとわかったので
気持ちを吐き出さずにいられませんでした。



「間違ってできた子で産むかどうか迷った。堕ろそうかと思った」
と言われてからの
「娘を産んでおいてよかった」(介護要員?)
という言葉を経ての
「育ててやった」(言葉にはなっていませんが)
にはさすがにちょっと、ねえ。




今日も読んでくださってありがとうございます。
人生いろいろありますね。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

姉のことその後~ドラマ、本のことなど



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

東京オリンピックまで1年を切りました。

みなさんは観戦チケット入手に挑戦されましたか?


生きている間に自国開催はもうないだろうと思うので、
ぜひオリンピックを観戦したいと思っていましたが、
息子のこのような状況で
オリンピックどころではなくなりました。

気持ち的に、ね。

観戦の可能性は、
マラソンかしら・・・・
チケット不要ですから。

オリンピックを観戦するかしないかとは関係なく
海外からのお客様が殺到することに間違いはないので
それに備えておきたいですね。

この一年、
真剣に英語を学ぼうじゃありませんか!

ま、口だけになりそうですが。






脳は忘れるようにできている。

脳は慣れる。



ここにきてやっとこさ
姉の呪縛から解き放れつつあります。

そもそも姉から私に対して何のアクションもないこと。

これからもなさそうかな?という感じ。


さすがの姉も、
私にあんなものすごいメールを送りつけてきたので
多少の罪悪感は感じているのかもしれません。


実は先日母から電話があり、
お金は大丈夫なのかと言われました。

コメントでお知らせしてくださった方がいらっしゃいましたが、
やはり保証人になっている姉のところに
返済開始のお知らせが届いたようで、
そのことを母に話したと思われます。

でも姉は息子が大学を辞めたとは思っていないみたい。


母には息子が辞めたことは伝えませんでした。

何かと面倒くさいので。

いつまで黙っていられるかわかりませんが、
とりあえず話さずに済むまでこのままでいます。


姉は我が家の家計が火の車だと思っているのではないでしょうか。

それほどではないものの、
カツカツで余裕がないのは事実ですが、
いまのところはなんとかなっています。

どうしようもなくなったら息子が東京から引き上げれば済むことなので
とにかく今は元気で働くだけです。


我が息子はその後どうしているのか。

ご心配していただいていると思います。

そのことについては今の時点では
なんとも申し上げられません。

私にも考えがありますので、
事態が動きましたらそのときは
ここに書いていくつもりです。



最後に、いまさらですが
今クールのドラマについてちょこっと。


録画も含めて結構観ていますが、
なんだかんだで一番好きなのは、
「これは経費で落ちません!」です。

やはりお仕事系。笑

いろいろ勉強になり、
仕事の役にも立っています。
(あれが?)


それと、時代劇ですが「蛍草 菜々の剣」が好きです。


それから、次の放送が待ち遠しいのが、
「ボイス」。

シリアス系はあまり好きじゃないのですが、
かなーり次が気になっちゃって。


まあまあおもしろいのは、「偽装不倫」。


そのほかには、
「監察医 あさがお」
「Heaven ご苦楽レストラン」
「ルパンの娘」
「サイン」
「セミオトコ」
「ベビーシッターギン」
「ノーサイドゲーム」
などですが、
これだけあると観るのが大変で・・・・

録画がたまるたまる・・・

惰性で見続けているものも結構あって、
時間の無駄だなとおもうこともしばしば。


でも、ドラマを観ている間は嫌なことを忘れていられるので
まあいいかと思っています。



今日も読んでくださってありがとうございます。

蛍草はそもそも原作が素晴らしい。ようです(読んでいないので)

螢草 (双葉文庫)



最初の数ページをウェブ上で読みましたが、
美しい文体に引き込まれました。

歴史物が好きな夫は葉室麟の愛読者。
もしかしたら持っているのかも。
でも電子書籍だろうから借りられない。

ということで、買って読むかも~



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

元気が出てきました



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


息子のことはもちろん気がかりですが、
今私を悩ませているのは家族(実家)のこと。

なんだかもう何もかも嫌になり、
「死んでしまいたい」
と思うほど重症になっていました。


一昨日はひどい頭痛に悩まされ、
めまいもあり、
もしかしたら死んでしまうかも、
それでいい、
なんて本気で思っていました。


でも時間は人を冷静にさせるものです。


ああ、無意識で人に罪悪感を抱かせるって
こういうことなんだなと
今日になってわかってきました。

私だってそういうことをしているかもしれません。


罪悪感を抱かせ、
自分の思うとおりに人を操作しようとする。


実際に体験させられると、
死にたくなるほど強烈なものだとわかりました。

本人、無意識ですからね。

抵抗のしようがありません。




私が立ち直るきっかけになったのは、
あるブログのおかげでした。


「人のために生きない」

と入力して検索した結果、
見つけたのが下記のサイトです。

リンクは貼っていませんので、
興味をもたれたら検索してみてください。



ーいばや通信ー

「誰かのため」とか言っていないで、自分のために生きること。ー 期待は自分自身に寄せるものであって、他人に寄せた瞬間に甘えになる。




これを読んで、
息子が帰省した時に息子と交わした会話を思い出したのです。


親のこととか、姉とのこととか、
関わらずにはいられないから、
仕方ないんだということを言ったとき、


「しかたないとか言うけどさ、嫌ならやめればいいじゃん」


というようなことを言われたのです。


そうは言っても、
大人には嫌だからやらないとか、
やめるとか
簡単にできない事情があるものです。

あなたの大学中退とはわけが違うのよ、
とは言いませんでしたが。



でも、そのときなんとなく感じたものがありました。

以前にもちらっと書いたことがあったでしょうか。

そしてこの記事を読んで、
ああ、息子は私に楽しく生きてもらいたいんだなと、
嫌なことをやり、
苦しんでいる親を見て子どもが楽しいわけがない
そう思ったのです。


「しかたない」と言いながら苦しむ私を見て、
自分はそうならないぞと思ったのかもしれません。


そうだよ。

楽しく生きなくちゃ。

死にたいとか言ったって、どうせ死にやしないんだから。

生きるなら、楽しく生きよう。


息子のことを気にしないなんてできないけど、


何したって、
何もしなくたっていいよ。
それであなたが楽しいなら。


というスタンスでいるのがいいんじゃないかしら。


そう思ったら、ちょっと元気がでてきました。




困った時には誰かに、どこかに相談するのが良いのかもしれませんが、
相談して必ずしも良い結果になるとは限りません。


このブログにあった、
教育系シンポジウムでの登壇者のことを読んでもわかるように、
逆に追い詰められる結果になることも考えられます。

難しいですね。



教育のこと、勉強したい。

日本の教育システムはどうなのか。

心理学や精神医療との関連、連携とか、
外国の状況とかを知りたい。

そして、知り得たことを還元したい。

日本の教育システムに影響を与えることはできなくても、
困っている人、悩んでいる人のためにできることをしたい。

そんな気持ちになっています。

年齢や金銭的、能力を考えたらほぼ不可能なんですけどね。


夢、でいいかな。

自分がわくわくできる夢。



最近、やっぱり目標がないと頑張れないなと感じているのです。




今日も読んでくださってありがとうございます。
時間稼ぎも大切です。
あわてないあわてない!



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

退学届



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

いろいろあって非常に体調不良です。

自業自得なんですけどね。



息子は退学届を出さずに除籍になるんじゃないか
(大学にお金を払っていないので)
とやきもきしていましたが
先日帰省した時に問いただしたら、


書類出すだけだよ。出すに決まってるでしょ!


と怒られてしまいました。

ごめん。



その後、気になるものの何も言わずにいたら、
先週息子から退学届と学生証が速達で届き、
親のサインをして大学へ送ってほしいと頼まれました。

そして今日、投函しました。


これで退学が確定しました。

おつかれさまでした。


胸がぎゅっと痛くて、
体がこわばっています。


でも、どうしようもないことです。

息子の人生です。






私、誰にも何も言わずに自殺する子の気持ち、
ちょっとわかりました。


苦しくてつらくて逃げたいことがあって、
でもその場から逃げられなくて、
親に話したら動揺したり悲しんだりするだろうなと思うと言いだせなくて
話しても自分の気持ちをわかってくれないだろうという絶望があって
でもどうしても逃げたくて。

親のことが好きだからこそ、
親のことを思うからこそ言えない。


私は子どもじゃないけれど、
同じような気持ちになったのです。


やっぱり、親以外に寄り添ってくれる存在は必要です。

絶対に。


親に言えないことって、いっぱいあると思うから。




今日も読んでくださってありがとうございます。
何もかもいやになっています。
がんばれ自分!
負けるな自分!


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

解決しない悩み



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


今日も家族の問題について書いています。

興味のない方はスルーしてくださいませ。




親が子どもの幸せを喜ばないことがあるなんて
私は思ったことがありません。

父親が息子に対抗意識を持つのはなんとなく感じていたけれど、
それは男という生き物の性質であろうと。

そして、それと、子どもの幸せを願わないことは別であろうと。


でも、本を読んで、
母親が娘の幸せに嫉妬することもあるんだとしりました。

大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ



某人気ブログの悩み相談でも、
実の母親についての悩みがあり、
子の幸せを我がことのように喜べない人って
結構いるのかもしれないと思いました。

その心理がわからない・・・・


母が娘の幸せを喜べないなら、
姉が妹の幸せを喜べないケースなど
その何倍何十倍もありそうですよね。

そう思いたくはないけれど。






さて、昨日のつづきです。




兄には、最終的に困ったことになったら
自分がなんとかすると言ってもらいました。

兄も被害者です。

私はずっとわかっていました。

でも、さすがに私も耐えられなくなってきました。



兄が言っていました。

姉は先生を吊し上げたことがあるらしい。

具体的にどういうことなのかわかりませんが。

でもなんとなく想像できるのです。


屁理屈を言って先生を困らせたんだろうなと。

悪いのは先生である、という言い方で。




兄は帰省してくるとき、
直前まで日時を伝えてきません。

そのことを母はよくぼやいていました。

でも今回その理由がわかったのです。


早くから伝えていると、
それに合わせて姉が来るから。

つまり、兄も姉に会いたくないのです。


そりゃそうだ。

会っても楽しくない。

嫌な思いをさせられるだけなのですから。



本当にわからないのです。

嫌いなら会わなければいいのに。

なのになぜ会いたがり、
そして会って人に嫌な思いをさせるのか。

自分が人に嫌な思いをさせていることに気づいていないのか。



いじめっ子にはいじめている自覚がないのと一緒?

家族には何を言ってもいいと思ってる?




人との関係はおそろしい。


もし、息子さんの結婚相手の親が姉のような人だったらどうします?


そういう関係ではさしたる被害はないかな。



ネットをさまよっていたらこんな本をみつけました。

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ



両親とのことはしかたないけれど、
姉とはできるだけかかわらずにいたい。

とはいえ、あからさまに避けると
それはそれで姉の怒りを買うのは明白で、
いったいどうしたらいいのかについて
もしかしてヒントがあるのでは、
と思われる本です。


怒りを買ったからといって
まさか殺しにはこないだろうと思いますし、
姉が怒りにまかせて悪口を吹聴したところで
身内で姉の味方になる人はいないでしょうけれど・・・・
できればそういう事態は避けたい。

そんな方法があるかどうかわかりませんが。

あるのかなあ。

ないだろうなあ。



それと、この本の

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本



アマゾンのレビュー、
「くりこ」さんのレビューに激しく共感しました。

ネット上でのことは私自身実感がありますし、
この本からの引用のようですが、


一人になることを恐れて、誰かと一緒にいたい、社会と隔絶して生きるのが怖い、孤独になるのが怖い。(中略)争ってでもいいから、あるいは自分のほうから争いをしかけてでもいいから関わっていこうとするーー。

場合によっては、争いたいがために、仕返しがしたいがために、やっつけたいがために、そのチャンスを狙っている。目的は「争うこと」だから、そのきっかけはなんでもいいということになります。


姉はこれなのかなあと思いました。




今日も読んでくださってありがとうございます。
母がもう少し人の気持ちのわかる人だったら。
兄の帰省を姉に話したりしなければ、
かわいい息子(兄)にもっと頻繁に会えるのにね。

かわいい娘(私)にも会えなくなるよ。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ





最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ