人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

家族の問題

元気が出てきました



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


息子のことはもちろん気がかりですが、
今私を悩ませているのは家族(実家)のこと。

なんだかもう何もかも嫌になり、
「死んでしまいたい」
と思うほど重症になっていました。


一昨日はひどい頭痛に悩まされ、
めまいもあり、
もしかしたら死んでしまうかも、
それでいい、
なんて本気で思っていました。


でも時間は人を冷静にさせるものです。


ああ、無意識で人に罪悪感を抱かせるって
こういうことなんだなと
今日になってわかってきました。

私だってそういうことをしているかもしれません。


罪悪感を抱かせ、
自分の思うとおりに人を操作しようとする。


実際に体験させられると、
死にたくなるほど強烈なものだとわかりました。

本人、無意識ですからね。

抵抗のしようがありません。




私が立ち直るきっかけになったのは、
あるブログのおかげでした。


「人のために生きない」

と入力して検索した結果、
見つけたのが下記のサイトです。

リンクは貼っていませんので、
興味をもたれたら検索してみてください。



ーいばや通信ー

「誰かのため」とか言っていないで、自分のために生きること。ー 期待は自分自身に寄せるものであって、他人に寄せた瞬間に甘えになる。




これを読んで、
息子が帰省した時に息子と交わした会話を思い出したのです。


親のこととか、姉とのこととか、
関わらずにはいられないから、
仕方ないんだということを言ったとき、


「しかたないとか言うけどさ、嫌ならやめればいいじゃん」


というようなことを言われたのです。


そうは言っても、
大人には嫌だからやらないとか、
やめるとか
簡単にできない事情があるものです。

あなたの大学中退とはわけが違うのよ、
とは言いませんでしたが。



でも、そのときなんとなく感じたものがありました。

以前にもちらっと書いたことがあったでしょうか。

そしてこの記事を読んで、
ああ、息子は私に楽しく生きてもらいたいんだなと、
嫌なことをやり、
苦しんでいる親を見て子どもが楽しいわけがない
そう思ったのです。


「しかたない」と言いながら苦しむ私を見て、
自分はそうならないぞと思ったのかもしれません。


そうだよ。

楽しく生きなくちゃ。

死にたいとか言ったって、どうせ死にやしないんだから。

生きるなら、楽しく生きよう。


息子のことを気にしないなんてできないけど、


何したって、
何もしなくたっていいよ。
それであなたが楽しいなら。


というスタンスでいるのがいいんじゃないかしら。


そう思ったら、ちょっと元気がでてきました。




困った時には誰かに、どこかに相談するのが良いのかもしれませんが、
相談して必ずしも良い結果になるとは限りません。


このブログにあった、
教育系シンポジウムでの登壇者のことを読んでもわかるように、
逆に追い詰められる結果になることも考えられます。

難しいですね。



教育のこと、勉強したい。

日本の教育システムはどうなのか。

心理学や精神医療との関連、連携とか、
外国の状況とかを知りたい。

そして、知り得たことを還元したい。

日本の教育システムに影響を与えることはできなくても、
困っている人、悩んでいる人のためにできることをしたい。

そんな気持ちになっています。

年齢や金銭的、能力を考えたらほぼ不可能なんですけどね。


夢、でいいかな。

自分がわくわくできる夢。



最近、やっぱり目標がないと頑張れないなと感じているのです。




今日も読んでくださってありがとうございます。
時間稼ぎも大切です。
あわてないあわてない!



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

退学届



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

いろいろあって非常に体調不良です。

自業自得なんですけどね。



息子は退学届を出さずに除籍になるんじゃないか
(大学にお金を払っていないので)
とやきもきしていましたが
先日帰省した時に問いただしたら、


書類出すだけだよ。出すに決まってるでしょ!


と怒られてしまいました。

ごめん。



その後、気になるものの何も言わずにいたら、
先週息子から退学届と学生証が速達で届き、
親のサインをして大学へ送ってほしいと頼まれました。

そして今日、投函しました。


これで退学が確定しました。

おつかれさまでした。


胸がぎゅっと痛くて、
体がこわばっています。


でも、どうしようもないことです。

息子の人生です。






私、誰にも何も言わずに自殺する子の気持ち、
ちょっとわかりました。


苦しくてつらくて逃げたいことがあって、
でもその場から逃げられなくて、
親に話したら動揺したり悲しんだりするだろうなと思うと言いだせなくて
話しても自分の気持ちをわかってくれないだろうという絶望があって
でもどうしても逃げたくて。

親のことが好きだからこそ、
親のことを思うからこそ言えない。


私は子どもじゃないけれど、
同じような気持ちになったのです。


やっぱり、親以外に寄り添ってくれる存在は必要です。

絶対に。


親に言えないことって、いっぱいあると思うから。




今日も読んでくださってありがとうございます。
何もかもいやになっています。
がんばれ自分!
負けるな自分!


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

解決しない悩み



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


今日も家族の問題について書いています。

興味のない方はスルーしてくださいませ。




親が子どもの幸せを喜ばないことがあるなんて
私は思ったことがありません。

父親が息子に対抗意識を持つのはなんとなく感じていたけれど、
それは男という生き物の性質であろうと。

そして、それと、子どもの幸せを願わないことは別であろうと。


でも、本を読んで、
母親が娘の幸せに嫉妬することもあるんだとしりました。

大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ



某人気ブログの悩み相談でも、
実の母親についての悩みがあり、
子の幸せを我がことのように喜べない人って
結構いるのかもしれないと思いました。

その心理がわからない・・・・


母が娘の幸せを喜べないなら、
姉が妹の幸せを喜べないケースなど
その何倍何十倍もありそうですよね。

そう思いたくはないけれど。






さて、昨日のつづきです。




兄には、最終的に困ったことになったら
自分がなんとかすると言ってもらいました。

兄も被害者です。

私はずっとわかっていました。

でも、さすがに私も耐えられなくなってきました。



兄が言っていました。

姉は先生を吊し上げたことがあるらしい。

具体的にどういうことなのかわかりませんが。

でもなんとなく想像できるのです。


屁理屈を言って先生を困らせたんだろうなと。

悪いのは先生である、という言い方で。




兄は帰省してくるとき、
直前まで日時を伝えてきません。

そのことを母はよくぼやいていました。

でも今回その理由がわかったのです。


早くから伝えていると、
それに合わせて姉が来るから。

つまり、兄も姉に会いたくないのです。


そりゃそうだ。

会っても楽しくない。

嫌な思いをさせられるだけなのですから。



本当にわからないのです。

嫌いなら会わなければいいのに。

なのになぜ会いたがり、
そして会って人に嫌な思いをさせるのか。

自分が人に嫌な思いをさせていることに気づいていないのか。



いじめっ子にはいじめている自覚がないのと一緒?

家族には何を言ってもいいと思ってる?




人との関係はおそろしい。


もし、息子さんの結婚相手の親が姉のような人だったらどうします?


そういう関係ではさしたる被害はないかな。



ネットをさまよっていたらこんな本をみつけました。

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ



両親とのことはしかたないけれど、
姉とはできるだけかかわらずにいたい。

とはいえ、あからさまに避けると
それはそれで姉の怒りを買うのは明白で、
いったいどうしたらいいのかについて
もしかしてヒントがあるのでは、
と思われる本です。


怒りを買ったからといって
まさか殺しにはこないだろうと思いますし、
姉が怒りにまかせて悪口を吹聴したところで
身内で姉の味方になる人はいないでしょうけれど・・・・
できればそういう事態は避けたい。

そんな方法があるかどうかわかりませんが。

あるのかなあ。

ないだろうなあ。



それと、この本の

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本



アマゾンのレビュー、
「くりこ」さんのレビューに激しく共感しました。

ネット上でのことは私自身実感がありますし、
この本からの引用のようですが、


一人になることを恐れて、誰かと一緒にいたい、社会と隔絶して生きるのが怖い、孤独になるのが怖い。(中略)争ってでもいいから、あるいは自分のほうから争いをしかけてでもいいから関わっていこうとするーー。

場合によっては、争いたいがために、仕返しがしたいがために、やっつけたいがために、そのチャンスを狙っている。目的は「争うこと」だから、そのきっかけはなんでもいいということになります。


姉はこれなのかなあと思いました。




今日も読んでくださってありがとうございます。
母がもう少し人の気持ちのわかる人だったら。
兄の帰省を姉に話したりしなければ、
かわいい息子(兄)にもっと頻繁に会えるのにね。

かわいい娘(私)にも会えなくなるよ。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

悩む孝行娘



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


コメントありがとうございます。

相変わらずお返事しておりませんが、
しっかりと読ませていただき、
受け止めさせていただいています。


それぞれのコメントに対して個別に返答はいたしませんが、
記事の中に見つけていただければと思っています。





一昨日の夜、兄から電話がありました。

今週の土曜日にこちらへ来ることになっていたのですが、
体調を崩したため来られないと。

高熱が続いていてやっと落ち着いたところなので、
今週は来られそうもないということでした。


兄と会ったらじっくり話をしようと思っていました。

母と姉のことを。


結局電話で情報を共有することができました。


私が思う母と姉は、
兄が思う母と姉と同じものでした。


そして、別の視点からみた彼らの情報をもらい、
よりはっきりとわかってきました。




親孝行娘をやめる、
そんな宣言はする必要ないのではないか、
というご意見もいただきました。

そうですよね。

親の立場に立ってみたら、
娘からそんなことを言われたら
深く傷つくと思いますから。


言わずにうまく立ち回れるのか。


もし、何も言わずに距離をとれば、
またしょっちゅう電話がかかってきたり、
次はいつ来るんだと問われたり、
体の不調を訴えられたり、
そういうことを受け入れなければならないでしょう。


待ち時間の長い病院が
苦情を減らす手段としてとったのが、
あとどれくらい待つのか「見える化」することだった、
という記事を読んだことがあります。

私の親も、
次にいつ行くのかを伝えていれば、
それまでは何の連絡もありません。

でも、わかっていないと、
いつ来るのだ、さっぱり来ない、
という心境になってしまうのです。


今回私が母に腹を立てたのは、
姉妹仲良くしろと言われたからです。

腹を立てるようなことではないだろう。

そう思われる方もいるでしょう。


けれどそれは、
自分をいじめる人と仲良くしなさい
と言われることと同じです。


そしてその「仲良くしなさい」が、
母の都合で言っているにほかならないからです。

そう、姉妹が仲違いしたら、
母にとって都合が悪いからです。


でも、私は姉と仲違いしたいわけではありません。

できるだけ関係を持ちたくないだけです。

どうしたら距離をとれるのか。

どうしたら被害を最小限に抑えられるのか。

そのことを考えているだけです。



私が親のことを一生懸命やれば、
姉にとっては都合が良いものの
「親孝行娘」に対する嫉妬も増幅するはずです。


私が姉に口答えする寸分の隙もありません。

人の意見は一切受け入れない人なのです。


母と姉は同じ性質であるものの、
まだ母は人の話に耳を傾けることができます。

ま、耳を傾けるからと言って、
人の気持ちがわかるわけではないのですが。


そんなこんなで、
さてどうしようか、
どう話そうかと思案しています。



息子が帰省した時、話をしました。


話しをして、息子の気持ちがわかりました。


だから、話さないとわからないのです。


話したからと言って理解してもらえるとは限りません。


でも、私がどういう気持ちでいるのか、
どうしたいのかを話さなければ、
絶対にわかってもらえないことは確かです。

話してもわかってもらえないかもしれませんが。


この後の話は後日に譲ることとします。










ちょっと前に紹介した本、
結局買ってしまいました。

すっきり暮らすために持たないもの、やめたこと



勝間式超コントロール思考



一旦は購入を見合わせたんですよ。

でも、この本のことが頭から離れず、
本に関しては、「迷ったら手に入れろ」
で行くことにいたしました。


買って失敗したな、
と思ったところでたかが本。

失敗も勉強じゃ。


それと、これら二冊の本のほかにももう一冊、買っちゃいました。

かぼちゃを塩で煮る (幻冬舎文庫)



こういう写真のない料理本、
結構好きなんです。

想像力が掻き立てられるというか。




今日も読んでくださってありがとうございます。
会社で退職するひとが続発しています。
それについても書いていきたいと思っています。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ