人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

子育て・教育

親も子も自己肯定感を持つ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

またしても家族間でのものとおもわれる事件が起きました。

父親が娘を殺害したのではないかという。

なぜ?

どうして?

そこまでしなければならない理由があったの?

心が痛む事件です。




金曜日の深夜、
さあ寝ようと思っていた矢先、
テレビで放送していた
SWITCHインタビュー 達人達(たち) アンコール「ジャガー横田×高橋孝雄」
(アンコール放送の再放送)
に引き付けられてしまいました。

さすがに眠かったので録画して、
昨日の夜に観たのですが、よかったです。


この高橋孝雄先生の本、すごくよさそう。

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て



amazonの内容紹介を読んだだけで救われる人がいるんじゃないかな。

私もその一人。

この本、買って読もうかしら。

たぶん今なら書店にたくさん並んでいそう。

すでに在庫チェック済み(笑)。



巷には、
頭の良い子にする〇〇、とか
子どもを勝ち組にする〇〇、とか
〇〇は母親で決まる、とか
子供の将来は〇〇で決まる、とか
親を精神的に追い詰めてしまうような文言があふれています。

そしてその不安を払しょくするために、
本を読んだり塾へ通わせたり習い事をさせたり、
そしてうまくいかないと子どもを叱責してしまったり・・・

およそ高橋孝雄先生がおっしゃっていることと
真逆なことをしがちな今の子育て環境です。



本の中には、
母乳が出なければミルクでOK。
おかあさんがラクな方法を選びましょう。
とあるようです。

私が出産した病院では、
お母さんの精神の安定が一番大切だから、
完全母乳でなくてもミルクを使ってもいいですよ、
といわれました。

でも当時は完全母乳がわりともてはやされていた時期です。

今もですか?

友だちはなかなか母乳が出ず、
マッサージに病院へ通ったと言っていました。

母乳は誰でも必ず出るはずだと言われていました。

母乳の量が足りなくてもミルクは足さないという病院もありました。


たぶんお母さんの努力と忍耐で
完全母乳育児は達成されていたのでしょう。

でも、精神的肉体的につらいお母さんも多かったんじゃないかな。


ちょっと脱線しますが、
たまたまみつけたこの本もおもしろそうです。

江戸の乳と子ども: いのちをつなぐ (歴史文化ライブラリー)




そして何より大切なのが、
親自身が今を幸せに思って生きること。

親の自己肯定感が大切らしいです。

そうだなあって思います。


そして、息子に対する不安から、
余計なことを言いたくなりますが、
そこはぐっと我慢です。


絶対に言ってはならないこと。

それは、
あなたのことが心配でならないという言葉。


あなたのことが心配で楽しい気持ちになれない。

あなたのせいで幸せでいられない。


そんなことを親から言われたら
自己肯定感など持てるはずがありません。


共依存にならないためにも、
まずは自分が楽しむことをしようと思っています。


自分の不安を子どもにぶつけない。

でも、ぶつけていたなあ、昔は。






今日も読んでくださってありがとうございます。
不安をぶつける相手は子供以外にすればいいんだよね。
誰にぶつけよっかな~(笑)




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

子どもの人生は子どものもの、親は親の人生を生きる



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


185-180

この数字、何かわかりますか?

今年一年のうち、185日が過ぎ、
残りは180日ということです。

もう半分が過ぎたのですね。

早いものです。




私は子どものころからよく空想していました。

今もしょっちゅうしています。

たとえば、こんなの。


成績をつけない学校を作りたい。

もちろん一般の学校と同じことを教えるしテストもする。

テストの点数は開示し、
理解度はどの程度なのかを知らせる。

だけど、それに基づいた成績表はつけない。

だって、学力についてはテストの点数開示で十分だし、
成績表というのはどれだけ学校(国?)が決めた基準に達しているか
あるいは全体の中での位置を示すものだから。

体育や技術芸術科目に点数はつけられない。

だって完全に先生の主観だし。


大切なのは良い成績を取ることではなく、
自分という人間を知ること。

何が好きで、何が得意で、何が嫌いで何が苦手か。

それらを理解した上で、
高校などの上の学校へ進んでいく。

もう勉強ができればいい時代じゃないもん。


そういうことがわかっている親は増えてきているけど、
学校でつけられる成績とか、
テストの点数で進学先が決められることを考えると
そうは言ってもねえ・・・となってしまいます。



子どもの人生は子どものもの」という記事があります。

この記事のずっと下の方に、
こんなことが書かれていました。


そういえば、私のところに取材に来てくれたある雑誌の編集者が言っていました。
部下の編集者で、なかなか独り立ちできないのが2,3人いて困っている。
言われたことはてきぱきできるのだが、自分から企画を立てられない。
立てたとしてもありきたりで、本人にも絶対これをやりたいという意思が感じられない。
雑誌づくりの仕事はオリジナリティと情熱が命なので、とても困っている。
道のないところに自分で道をつくれる人材が欲しい。
すでにある道しか歩けないのでは、編集の仕事は無理。
すごく高い倍率の採用試験を通ってきたはずなのだが、採用方法を見直す必要があるようだ。


いままでの学校教育は、
高い倍率の採用試験を通るためのもの、
あるいはその前段階の、
入社試験を受けるための条件となる大学に入学するためのもの
となっている気がしています。

もちろん学問や研究をしたくて大学へ行く子も多いと思います。

でも、圧倒的によりよい職業へ就くためと思っている人の方が多いんじゃないかな。


大学全入時代と言われて久しくなり、
ボランティアだ、サークル活動だ、留学だ、というのも、
就活を見据えて行っている学生も多そう。

そういうことをしてもほかの学生と差別化できないほどですよね。

今の若者は大変だ。

やっぱりもう親が子どもの就活に口出しできる時代ではありませんね。





今週末は実家に行く予定です。

そこで母にあげようと雑誌を買ってきました。

明日の友 240号 初夏 2019年 07月号 [雑誌]



いま販売されている240号の特集は、
「くたびれないご飯づくり」。

私も参考にさせてもらおうと思っています。



そして、書店に足を運べばやはり買ってしまう私・・・・

昨日買ったのは、「365日のベーシックコーデ」

365日のベーシックコーデ 何度でも着たくなる、大人の上品スタイル




と、「人生100年時代の稼ぎ方」。


人生100年時代の稼ぎ方



ファッションは私の苦手分野のひとつ。

ま、苦手なものばかりなんですけど。

人は案外見かけで判断してしまうものなので、
リスク回避という意味で
(見かけで軽んじられないように)
やっぱり外見には多少気を配ろうと思っています。


それから最近、
老後2000万円不足問題が取りざたされていますが、
現役時代はサラリーマン、
リタイアしたら年金暮らし、
というのではいけないのだなとあらためて思いました。

ということで、今さら遅いのかもしれませんが
100歳まで生きるとしたらあと50年近くあるのですから
それまでをどうするか考えて対策を練らねばなりません。

女性の平均寿命は約87歳。

平均ですよ。

ということは、それよりも長生きする人がたくさんいるということです。

楽しく生きるためにも自分で何とかしなくてはなりません。


学歴ではなく、
本当の意味での学び、
賢く生きる術を身につけなくては。



このブログはもともと息子の受験を綴っていましたが、
これからは賢く楽しくいきるための情報共有の場にしていけたらいいな
なんて思えてきました。

そう、親は親の人生を生きるのです。


今日も読んでくださってありがとうございます。
本は読みたいが視力に問題が出てきています。
およよ。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

必要なら自ら学ぶのだ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


来年度実施の大学入学共通テストで導入される民間の英語資格試験のうち、
「TOEIC」(トーイック)が2日、参加を取り下げた
というニュースがありました。

私にはもうすでに関係のないことなので
大学入学共通テストについての知識がありません。

でも、TOEICで受験しようとしていた人は一定数いたはずで、
準備をしていた人たちにとっては
とてつもなくショックだったのではないかということは
想像に難くありません。

英語力があればどの試験を受けても同じ結果になるのならいいのですが、
そうではないことは誰にでもわかることです。

試験に合わせた対策が必要だということです。


学力低下を防ぐために
入学試験を変えようとすることが
そもそもどうなんだろうと私なんかは思います。

英語力を向上させたければ、
大学でつけさせればいいんじゃないの?

っていうのは難しいだろうけど。

だって、必要だと思わなければやりませんから。

そう、きっと必要じゃないんだ。

必要な人、必要になるだろうと思う人は、
自ら学ぶのだ。


NBAのドラフトで一巡目指名を受けたことで一躍注目された八村塁選手は、
アメリカに行くことを目指していたので、
高校時代から英語をかなり勉強していたとのこと。

サッカー選手なども、
英語はもとより、
イタリア語やスペイン語ポルトガル語など
学んでいる人たちが多くいます。

結局のところ、学びというのは
自らの意志でやらなければ身につかないということです。

学問を学ばずとも生きていくことはできます。

どこでどのように生きていこうと思うのか、
それがひとりひとりの学びの姿勢になるように思います。



息子が大学を辞めて就職するとなったとき、
私は筆記試験対策を勧めました。

でも息子からぴしゃりと言われたのです。

必要だと思ったらそのときはやるから口出ししないでと。


息子はいまどきの若者らしく
できるだけ無駄なことはしたくないようなのです。

やっておいたほうがいいとか、
やっておいたほうが安心とか、
そういう不確実な要素は排除したいみたいで。

ということで、
あらためて親の口出しは不要、
むしろ悪、と思った次第です。


とはいえ最近になって、
就活用の資料が買いたいからとお金の無心がありました。

はいはい。


資料とはなんぞや。

わからんけど、ま、いっか。



今日は私が読んでいい話だなと思った記事がありましたので
紹介したいと思います。





ぼくが末期がんになって気づいた、親が子に伝えられる最も大切なこと

リンクを貼った記事は後編なので、
前編もぜひ読んでいただきたいと思います。

この記事の、「母校から不良がいなくなった理由」
というのがよくて、
子どものことは肯定してあげたら
がんばってしつけようとしなくても
いい子に育つんだなと思いました。

ま、うすうすそうじゃないかと思っていましたが。


よく、母子家庭だからときびしくしつけたのに、
どんどん荒れていってしまった・・・
というのは「きびしくしつけた」というところに
問題があったんじゃないか、とかね。

いまのままのありのままのあなたが大好きだよ
というメッセージが何よりも大切なのでしょう。



今日も読んでくださってありがとうございます。

「こころの対話 25のルール」を読み始めました。

こころの対話 25のルール (講談社+α文庫)




平易な文章で、どんどん心に入ってきます。

今度感想を書きますね。






にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

「厳しく」育てるとは



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


月曜日にNHKの、「鶴瓶の家族に乾杯」をみていて、
「そうそう!わかる!」と思ったことがありました。

鶴瓶さんが立ち寄ったある工房のご夫婦。

なれそめをきいたときに、
ご主人が若い頃、
自分は「ナイフもフォークも使えない」と言ったのをきいて、
奥さんはご主人のことを「かわいい人だと思った」
というようなことをおっしゃっていました。


わかるわかる!

男性は見栄を張ったり
自分を大きく見せようとするところがあるけれど、
案外女性はあるがままの自分を出せる人に
魅力を感じたりするものです。

すでに恋をしてしまっていると盲目になりますが、
そうじゃない場合は見抜いてしまいますからね。


我が夫は見栄を張る典型みたいな人なので、
見栄を張っても見抜かれるから無駄だよ、
知らないなら知らない、
できないことはできないと言う方が好感持たれるんだよ、
と言っておきました。

伝わったかわかりませんけれど。








元事務次官だった人が息子を刺殺する事件がおきました。

最初にこのニュースをきいたとき、
川崎の事件のことが頭をよぎりました。

案の定、自分の息子が事件を起こすことを心配し、
自らの手を汚したとのことでした。

なんと痛ましいことでしょう。



親子間の事件が起きた時、
世間は親の育て方に問題はなかったのか、
ということを考えてしまいます。

子どもがどう育つかは親の責任。

いつのころからか
そんな重圧を感じてしまう親のなんと多いことか。


だからこそ、よそ様に迷惑をかけないように、
人の役に立つ人間になるように、
そんなことを考えて厳しく教育することを心がける。


「甘やかしたからああなったんじゃないの」

と言われないように。



でも、色々な本を読んだり、
さまざまな体験談を読んだり見聞きするうちに、
親の厳格さがかえって子どもをゆがませるのではないか
と思うようになりました。


厳しく教育するの、「厳しく」ってどういうことでしょう。


「厳しく」の中身は?

具体的にどういうことなのか。



親が思う「正しい」形に沿わせること?

ルールを守らせるとか?

勉強をさせるのも含まれる?


そう考えると、よくわからなくなります。

「厳しい」の中身。




殺害された長男のツイッターなどを読んで思うのは、
母親に対するあの憎しみがどこからきているのか、
幼いころに、自分が好きだったものを認められず、
もしかしたら自分が大切にしていたものを
何らかの理由で壊されたりしたのかなと。

ほら、よく聞くではありませんが。

勉強しないからゲーム機を壊したとか、捨てたとか。



それは仕方ないことだと思うでしょうか。

ゲームをするから成績が悪い、
ゲーム機があるからやってしまう、
だから取り上げたり無くしてしまえばいい。


自分が好きなことや物を親に認めてもらえない悲しさよ。


私には親側の気持ちがわかります。

それでもかなりの部分、
息子の希望をかなえてきたつもりでいました。

でも息子と話をしてみると、
私が思っている以上に
欲しいものを買ってもらえなかったとか
我慢させられたという記憶があるみたいでした。

だからといってそれを恨みに思っているわけではないようですが。

私にもありますしね、そういう、親に対する思いが。



子育てって、難しいですね。


今はうまくいっているように思っても
これから先どうなるかわからないこともありますし。





今日も読んでくださってありがとうございます。
私はほったらかしにされてよかったと思っていますが、
実際はどうだったのかわかりません。
怖い親の記憶が抜け落ちてしまっているだけということもあります。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

自分がハッピーなら、他人のことは気にならない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

まだ5月だというのに、暑いですね。

もうすっかり夏です。


みなさま、
たくさんのコメントと気遣いをありがとうございます。

私は元気にしています。

悩みというのは、
どうしたらいいかわからない場合に発生するので、
息子の中退、そして就活が決まった今、
割と気持ちは落ち着いています。

今親にできることは限られますから。



息子のこともですが、
親との関わりをどうしようか考えています。

どうしたらいいかはっきりさせるために、
私がどのように育てられてきたのか、
親はどのような人間なのかを
客観的に分析したいと思うようになりました。

自分や家族のことを客観的に分析するなんて
そう簡単にできることではありません。


それでもやらなければ、
これから私がどのような態度や行動をとったらいいのかわからないので、
まずは手軽なところから本を手に取りました。


図書館から本を借りてきました。

「逃げたい娘 諦めない母」

逃げたい娘 諦めない母



そうしたら、ページをめくって

「はじめに」

の所に、こんなことが書かれていました。




親は、子の背中を押す存在なのでしょうか?
それとも、慣れ親しんだ世界に子を閉じ込めておこうとする存在なのでしょうか?

新しく何かを始めよう、自分の人生を切り拓こう!
そんな夢を抱いて一歩を踏み出そうとする人間に対し、最初に壁として立ちはだかるのが親です。
「現実を見なさい」
「お前はおっちょこちょいだから無理」
「危ない橋をわざわざ渡る必要はない」
多くの人は、このようなマイナスな言葉を親にかけられた経験があるはずです。
親は、自分の人生を参考にさまざまなことを判断し、子に善意のアドバイスを授けます。しかし、親が積み重ねてきた成功や失敗はあくまでも過去のものであり、そのすべてが未来に応用できるとは限りません。
それなのに親は、自分の経験を語り、いつまでも子を支配しようとします。
子が自分の手の届く世界から離れ、飛び立っていくという現実を受け入れたくはないのでしょう。



あら。

自分と親の関係というより、
今親としての私に対する警告のような文章が出てきました。


親は、自分の人生を参考にさまざまなことを判断し、子に善意のアドバイスを授けます。しかし、親が積み重ねてきた成功や失敗はあくまでも過去のものであり、そのすべてが未来に応用できるとは限りません。
それなのに親は、自分の経験を語り、いつまでも子を支配しようとします。


この部分、やっちゃってる人、多いのではないでしょうか。

無意識に。



まだ読み始めたばかりなので、
さらに気づきがあった時には
またご紹介したいと思います。



金曜日の夜、息子からLINEがきました。


「スーツって、いつ届くんだっけ」


お直しがあったので、
出来上がったら息子のところへ宅急便で届くようにしていました。


「月曜日の、四時から六時の間」

と返すと、

「了解」

との返信がありました。


お。

以前なら「了解」なんてすら返してこなかったのに。

ほんのちょっぴり、
1ミリくらいは成長したかな。


それに、スーツのことを気にするというのは、
スーツが届かなければ就活も開始できない
ということかなと。


失敗はしないに越したことはないけれど、
本人がトライアンドエラーを覚悟しているのだから
親が口出しすることありませんよね。


全然関係ありませんが、
世界リレーでバトンミスによって失格になった
男子400メートルリレー。

でも、先日のゴールデングランプリでは
今季最速の記録で優勝しました。

素晴らしい。

失敗を悔やんでも仕方ない。

次に活かすしかありません。


本人が前向きに考えているのに
水をかけるようなことを言ってくる人はいますが、
気にせず自分のやるべきことをやるのです。

見守っているぞ、息子よ!





テレビやラジオで耳にしたり
本やネットで目にして心に残った言葉や
ふと頭に浮かんだことを手帳にメモしています。


先日手帳に書いたことの一つが、

「自分がハッピーなら、他人のことは気にならない」




どんな髪型にしようか悩んでいると
街を歩いている人の髪型がきになるし、
靴が欲しいと靴に目がいきます。


だから、私のブログの読者の多くは
今子育てに悩んでいる人、
かつて悩んでいた人なのではないかなと思っています。

だって、子供がいない人、
いても子どものことを全く気にしていない人、
優秀だったり全く心配がない人が
こんなブログを読むことに時間を浪費するとは思えないからです。

悩んでいるからといって、
共感できるとは限りません。

私のやり方が自分の価値観と違えば反感を感じることでしょう。

違って当然です。

違うことが、自分を否定されたように感じる人もいるはずですが、
決してそうではないことを理解して欲しいと思います。

そうしないと、姉のように
自分と価値観の違う人を攻撃するようになってしまします。


「自分がハッピーなら、他人のことは気にならない」


だから、どうしたら自分はハッピーでいられるか
そこを追求したらいいと思うのです。



同じ日にメモしたこと。


「『あなたのため』は自分のため」

「子ども(他人)を変えたければ自分が変われ」

「常識を疑え」

「常識にとらわれるな」


などがあります。



息子のおかげで私も成長させてもらっている。

ありがとう。


子どもに感謝しろというのではなく、
子どもが生まれてきてくれたことに、
そして子どもの存在によって自分が成長させてもらっていることに
感謝する人間に、私はなりたい。
  ↑
宮沢賢治かっ!笑




今日も読んでくださってありがとうございます。
ブログのタイトルも、別なものを考え中です。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ