人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

子育て・教育

横着せずに向き合う



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

会社に献本と思われる
「介護道楽・ケア三昧」という本があります。

介護道楽・ケア三昧―関わりを自在に楽しみながら



社長と著者が知り合いなのか
会社に何冊も届いたのを覚えています。

そして、この本を読みました。


今日の昼休み、
何気なくこの本をまた手に取りました。

この本に書かれていることは
主に介護にまつわることですが、
読んでいるうちに
人とのかかわり全般に共通するものがあるように感じました。



この本の最初のほうに、こんな文章がありました。


<引用>
 たとえば、「その病気」には「こんな治療」という医療モデルは、精神や高齢者に関する限り間違っている(少なくとも不十分だ)。「その人」に「私」は「こんな関わり」を、が先で、治療は「私」にできる「こんな関わり」の中のひとつにすぎない。
 「その病気」には「こんな治療」という医療モデル、と書いた。病気を障害に、治療を介護に、医療を福祉に置き換えても同じことだ。要するに、因→果の一方向で完結させようとする横着なモデルではダメだ。認知症の人にはこんな介護を、という言い方は、いかにも横着で空々しい。
 これに対して、「その人」に「私」は「こんな関わり」というのは、双方向の危うい関係を認めた発想だ。因果モデルは物の世界には通用しても、人には向かない。人に対しては、危うい関係性モデル、とでもいうものを覚悟するしかないのではないか。その危うさの中にこそ、人間同士の現実があり、この仕事の醍醐味もある。
<引用おわり>


これを読んだとき、
このことは子育てにも通じるのではと感じたのです。

親、あるいは教育者などが、
「こういう人間」にするためには「こういう教育」と思ってはいまいか。

そうではなく、
「この子」に「私」は「こんな関わり」を考えるべきではないのか。


世の中には「頭の良い子にするには」とか
「男の子の育て方」とか
そんなタイトルの雑誌や書籍があふれています。

でも、書籍や雑誌に書かれている通りにしたら
思うとおりの人間、大人になるわけではありません。

そんなのわかっていると思っていても
自分が親になると翻弄されてしまうのです。


だから、雑誌や書籍、
他人の子育ての仕方を参考にする程度ならいいけれど、
真に受けてはならないということでしょう。

大切なのはしっかりと子どもと向き合うことですね。




私はこのブログにいろいろ書いていますが、
私の子育てがうまくいってもいかなくても、
それは私と息子のケースであって
同じような対応を別の方がやったら
違う結果になることも当然ありうるのです。

だから私のブログはただの娯楽的読み物であって
行動指針にしてはいけないものです。

そんなこともちろんわかっていらっしゃると思いますが。


この本は読み物として非常におもしろいです。

第2章以降は職員の方が書いたものです。

出版されて年数が経っていますし、
小説などではないので絶版になっているかと思いましたが
まだ出版されているようですから、
興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

家族や自身の老後について
どうしたらいいのかのヒントにもなるかもしれません。




今日も読んでくださってありがとうございます。
遠く離れていると向き合うことも難しいのですけれど。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

弱い人間なので



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

このブログはそれほどアクセス数が多くありませんが、
アクセスが増えていくとそれに比例して
対応に困るようなコメントも増えていくものです。

どなたかが、
そういうことを恐れていては何も書けない
とおっしゃっていましたが、
私は弱い人間なので
そんなことになったらたぶん精神的に持たないと思います。

いろいろ書きたいなと思うことはあれど、
きっと反論やきついコメントが来るだろうな
と思うと書くことができません。

それはそれで私という人間を表していて
いいのかもしれません。

その程度の人間なのです。





辻仁成さんのツイッターアカウントをフォローしています。

とても良いツイートで
いつも心がジンジンしています。


そして今日はそのツイートの一つをご紹介。

いいですよね?辻さん!



ダメだよ、じゃなくて、大丈夫。
無理だろ、じゃなくて、やってみなよ。
あの子は凄い、じゃなくて、お前はすげーぞ。
周りを見てみろ、じゃなくて、周りなんか気にすんな。
アホか、じゃなくて、天才。
死ぬ気でやれ、じゃなくて、自分を大事に。
負けるな、じゃなくて、逃げろ。
死ね、じゃなくて、生きろ!



どうです?
私はそのとおりだなあと思いました。


もうひとつ、カウンセラーの長谷川博一さんのツイートもご紹介しましょう。




「だめ」を見つけては攻撃する人たちがいます。それは多分に、自分自身を受容できていないから。もし親が我が子を受容したければ、親自身が自分を受容することに努めなくてはなりません。個々の受容が進むことによって、世界の寛容さへと広がりをみせます。争いが減る道筋はここにしかないと考えます。
自己受容感は、自信、自己効力感、自己肯定感、自尊心と区別されなくてはなりません。後の4者にはいずれも条件が付くのです。アクセプタンス>コンフィデンス、エフィカシー、アプルーバル、エスティーム。世間が言う「自分を認めよ」は大抵4者のどれかになっています。「だめでもいい」が受容です。






もいっこ、うーむとうなるものがございました。

為末大さんのツイートです。



悩みは、それをできない自分と、そうでなければならないと思っている自分との間にあり、なぜ自分はできないのかを人は悩むが、本当に考えたほうがいいのはなぜ自分はそうでなければならないと思っているのか、だ。



なぜ自分はそうでなければならないと思っているのか。


親の影響、大きそう。




私はいたって平凡な人間です。

謙遜でもなんでもなく。


成績はド田舎の公立中学校で、
上位20~30%くらいに入る程度でしたが、
そんな私を両親は優秀だと思っています。

兄や姉に比べて少し成績が良かったからでしょう。


でももし教育熱心な都会の学校だったら
間違いなく落ちこぼれになっていたでしょう。

成績は常にトップでなければならないとか、
そんな考えの親だったら
私はきっと荒れていただろうと思います。

見かけによらず圧力に反発するところがあるので。


この程度の人間である私のことを
十分優秀な人間として見てくれる両親。

だから自分が生まれ育った環境に感謝です。



今日も読んでくださってありがとうございます。
私は息子を受容します。





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

横で比較しない



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

あまりに暑いので、
息子へ送った荷物の中に入れたチョコレート菓子が
ドロドロに溶けているんじゃないかと心配しました。

すぐさま冷蔵庫へ入れたらしいです。


息子へ荷物を送っても、
こちらから訊かなければ
荷物届いたよなんて
自分から知らせてきたことはありませんでしたが、
めずらしく昨日は「届いた」LINEがきました。

おお~
ちょびっとだけど成長してる。

「ありがとう」っていう言葉を
LINEにのせてきたことも
最近になってありました。


そんなの当たり前?

そうかもしれません。


でも、横で比較しないことに決めたのです。

横というのは、
他人、世間一般のことです。

自分の子ども、あるいは自分自身と
よその家やよそのお子さんと比較すること。

それは不毛なのでやめました。

そして、比較するのは縦で。

縦とは、一人の人間の、
過去、現在、未来での比較です。

昨日までできなかったことが
今日できるようになっていたらそれでいい。

今日できなくても明日できるようになればそれでいい。

そのような考え方です。


横の比較が励みになる人や場合もあるでしょう。

でも、逆に無力感にさいなまれることもあります。

だから、横を見るのではなく
自分と自分を比較すればいい。

体力が落ちても
助けてもらう力を身につける。

物覚えが悪くなっても、
記憶を補ってくれるデバイスを使用することをおぼえる。

そんなふうに考えたら、
一生成長していけるのではないでしょうか。





読んでみたいけど、
タイトルがどぎつくて
レジに持って行きにくい本ってありませんか?

そういう本が一冊あって、
ネットで買うなら電子書籍にしようかなと考えています。


ネットで本を検索していると、
書店をうろうろしているのと同じように
色々な本が目に付きます。

今日目に付いたのが、
「この地獄を生きるのだ」
です。

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。





そうそう、「夜回り猫」ご存知でしょうか。

夜廻り猫(1) (ワイドKC)



心にしみるお話が多いのですが、
先日アップされたお話が
これまた考えさせられるものでした。


私たちは嘘つきになったね


子どもが嘘をつくのは親の育て方と関係があるらしい。

厳しく育てると嘘つきになるというのは
結構知られていることのようです。

親ってたいへん。

甘やかしても、厳しくしても
育て方が悪いと責められるんだもの。

子育てに正解はないのにね。


まあでも厳しくしないと善悪がわからなくなる
ってことはないと思っていますけど。



今日も読んでくださってありがとうございます。
うるさく言わず見守り中です。





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

私は内向的です



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

先日生活習慣病予防健診を受けてきました。


知人が、骨密度の検査をしたら
数値が低くてショックを受けたと言っていたので、
私もオプションで検査してもらいました。

幸い私は、99%、問題なしとのこと。

口頭で言われたことだったので、
同年齢と比べて99%なのか、
若年成人平均値と比較して99%なのかは
結果が届いてからでないとわかりませんが。

同年齢との比較だったら100%超えたいなあ。


前出の知人はカーブスに通っているので、
骨密度が低かったのはとても意外だったようです。

骨を強くするには筋トレより衝撃が必要だからかな。

ランニングとか縄跳びとか。


毎日の駅の階段の上り下りの効果ありということでしょうか。






私が子どものころより
現代はとても便利になっています。

こんなふうになるなんて想像できませんでしたね。

こんな便利な世の中なのに
息苦しく感じるのはなぜでしょうか。

情報が多すぎるというのもありそうです。

その情報が、ありのままの自分を押し殺し、
こうあらねばならないという根拠のない考えに
自分で自分を支配してしまっているように思います。


ちょっと昔の記事ですが、
リンクを貼らせてもらいます。


“ありのままの自分を出せる”時代の到来——内向性の秘めたる力


この方のTEDの映像を以前見たことがあります。

アメリカも同じなんだなとわかっておもしろかったです。


私も夫も、そして息子も
どう贔屓目で見ても内向的です。

引用記事の一部を引用してみます。

*<以下引用>
この点について、京都大学で教育心理を専攻し、現在はライフネット生命でお申し込みサポート部の部長を務める吉見隆史は、自身を「内向型」であると認めながら、このような体験を話します。

例えばですが、子どもの頃に、みんなが“レクリエーション会”に集まって、楽しくワイワイとしているときに、そこで盛り上がりきれない自分、【違和感】を感じる自分がいたりしましたね。

同僚と飲みに行く、とかは仕事の延長線上というところもあっていいんですが、休日に同僚とバーベキュー大会があって、それに参加するのが当たり前だよね、そこで楽しめないといけないよね、という空気感があると、めんどくささを感じたり、「なんでそんなに盛り上がってるの?」というちょっとした【孤独感】を感じたりもしますよね(笑)

この、吉見が指摘するような、ちょっとした【違和感】【孤独感】を感じるのが、現代で生きる「内向性」の高い人の日々直面する窮屈さなのかもしれません。
*<引用終わり>

盛り上がりきれない自分。

まさに私のことだわ。


そして、外交的なほうがよくて
内向的なのは良くないこと
という価値観が浸透してしまっていて
内向的な自分を受容できない。


コミュニケーション力がある=外交的
ではないのに。

内向的な自分が世の中から否定されているように感じる。




新聞で、芥川賞、直木賞を受賞されたお二人の記事を読みました。

有料記事なので読めないかもしれませんが、
ほかにも関連記事があるので興味がある方はググってみてください。


芥川賞を受賞された今村夏子さんは、
人と接しない仕事に就きたいと思ってきたそうです。

内向的な人は外交的になろうとするのではなく、
内向的なままで気持ちよく生きる方法を探るのが
これからは必要なのではないでしょうか。


親は子どもにある意味「違う人間になれ」
と言ってしまっていることがあります。

自分を殺して生きるのがどんなに苦しいことか。

私も会社で経験していますが、
それにも限度というものがあります。


親は子どもの個性を見出し、
より良く生きるサポートができたらいいですね。



今日も読んでくださってありがとうございます。
一緒に仕事をすると、
口だけ人間はすぐばれます。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

親も子も自己肯定感を持つ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

またしても家族間でのものとおもわれる事件が起きました。

父親が娘を殺害したのではないかという。

なぜ?

どうして?

そこまでしなければならない理由があったの?

心が痛む事件です。




金曜日の深夜、
さあ寝ようと思っていた矢先、
テレビで放送していた
SWITCHインタビュー 達人達(たち) アンコール「ジャガー横田×高橋孝雄」
(アンコール放送の再放送)
に引き付けられてしまいました。

さすがに眠かったので録画して、
昨日の夜に観たのですが、よかったです。


この高橋孝雄先生の本、すごくよさそう。

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て



amazonの内容紹介を読んだだけで救われる人がいるんじゃないかな。

私もその一人。

この本、買って読もうかしら。

たぶん今なら書店にたくさん並んでいそう。

すでに在庫チェック済み(笑)。



巷には、
頭の良い子にする〇〇、とか
子どもを勝ち組にする〇〇、とか
〇〇は母親で決まる、とか
子供の将来は〇〇で決まる、とか
親を精神的に追い詰めてしまうような文言があふれています。

そしてその不安を払しょくするために、
本を読んだり塾へ通わせたり習い事をさせたり、
そしてうまくいかないと子どもを叱責してしまったり・・・

およそ高橋孝雄先生がおっしゃっていることと
真逆なことをしがちな今の子育て環境です。



本の中には、
母乳が出なければミルクでOK。
おかあさんがラクな方法を選びましょう。
とあるようです。

私が出産した病院では、
お母さんの精神の安定が一番大切だから、
完全母乳でなくてもミルクを使ってもいいですよ、
といわれました。

でも当時は完全母乳がわりともてはやされていた時期です。

今もですか?

友だちはなかなか母乳が出ず、
マッサージに病院へ通ったと言っていました。

母乳は誰でも必ず出るはずだと言われていました。

母乳の量が足りなくてもミルクは足さないという病院もありました。


たぶんお母さんの努力と忍耐で
完全母乳育児は達成されていたのでしょう。

でも、精神的肉体的につらいお母さんも多かったんじゃないかな。


ちょっと脱線しますが、
たまたまみつけたこの本もおもしろそうです。

江戸の乳と子ども: いのちをつなぐ (歴史文化ライブラリー)




そして何より大切なのが、
親自身が今を幸せに思って生きること。

親の自己肯定感が大切らしいです。

そうだなあって思います。


そして、息子に対する不安から、
余計なことを言いたくなりますが、
そこはぐっと我慢です。


絶対に言ってはならないこと。

それは、
あなたのことが心配でならないという言葉。


あなたのことが心配で楽しい気持ちになれない。

あなたのせいで幸せでいられない。


そんなことを親から言われたら
自己肯定感など持てるはずがありません。


共依存にならないためにも、
まずは自分が楽しむことをしようと思っています。


自分の不安を子どもにぶつけない。

でも、ぶつけていたなあ、昔は。






今日も読んでくださってありがとうございます。
不安をぶつける相手は子供以外にすればいいんだよね。
誰にぶつけよっかな~(笑)




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ