人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

入学準備

人生の9割は辛いことかもしれないけど私は楽しく生きたい



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

人事を尽くして天命を待つ

まさに今そのような心境の方が大勢いることと思います。

どんな天命になるのか。

その天命には納得ができるか。

きっと、人事を尽くせていたら納得できるのかもしれませんね。

納得できないのは結果にではなく
人事を尽くせなかった自分自身になんじゃないでしょうか。



入学や就職、転勤などで引っ越しが多いこの時期、
引っ越し業者が見つからないという事態が起きているとか。

息子の時は、ヤマトの単身引っ越しサービスを利用しました。

国立大学の結果が出てからアパート探しをし、
その後の手配でしたが全く問題ありませんでした。

今年はその手のものも利用が困難になっているのでしょうか?

それともトラックを使った大型の引っ越しの場合だけ?

息子のアパートにもその後家電製品などが増えたので、
もう単身パックなどで間に合う状態ではありません。

息子が引っ越すときにもそんな状態だったら
どうするんでしょう。

都内での引越しなら
普通免許で運転できるサイズのトラックをレンタルして、
何往復かして運ぶしかないかもしれませんね。




今日、いつものように昼休みにほぼ日を訪問したら、
糸井さんが今日のダーリンで、
「運は人柄」という本を買ったと書いていました。


運は人柄 誰もが気付いている人生好転のコツ (角川新書)



すごく読みたくなりました。

読むまでもなくわかっていることではありますが、
それでもやっぱり私が思っていることを肯定してもらいたくて
この本はぜひとも読もうと決心しました。

内容紹介の一番最後に、

「人生の9割は辛いことばかり」

と書かれていて、
そうか、みんなそうなんだよね、
と思うことで逆に勇気をもらえます。

辛いのは自分だけじゃないんだ。

みんなもそうなんだ。

だから自分も頑張ろう。


子育てもそう。

どんなに愛情を注ぎ大切に育てたって、
子どもは親が思う方とは違う方へと進んで行ってしまうもの。

親がコントロールして子どもが立派に育ったお話ばかり見聞きすると
「なんでうちの子ばかり」と思ってしまうけれど、
案外9割は「なんで?」と思っている親なんじゃなかろうか。

うまくいっていない話を自慢げに話す親はいませんから。




昨日のニュースでは、
オリンピックに参加したアスリートの皆さんの
報告会の様子などがたくさん流れていました。

それを見て思いました。

そうだ、東京オリンピックを観に行こう!と。

海外で開催される場合だと、
時間的金銭的に観戦はむずかしい。

だけど、東京なら行ける。

チケットは高くたって数万円でしょうから、
あとは手に入れる手段ですね。

人気競技じゃなくてもいいから
ぜひとも観に行こうと思います。

そのときはここで一緒に行く人を誘おうかしら。



今日も読んでくださってありがとうございます。
夫婦で行くとお金がかかるので、
友達といくのが一番ですね。
誘ったら息子も行きそうだけど。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

ささやかなアドバイス〜睡眠リズムについて

スポンサーリンク


こんにちは。

息子は無事大阪から帰ってきたようです。

明日くらいからガイダンスが始まるはず。

ちゃんとやってくれるかな〜

やってくれると信じよう。

うまくいかなくてもそれは息子の問題。

息子が解決しなければならないことなのだから、
気にしないようにしよう。

ここで親が手出し口出しして何とかなっても、
社会人になってまでやってあげることはできない。

そこまでやってあげたら自立の機会を逸してしまう。

ここはぐっとこらえどきでしょう。



皆さんは相撲、好きですか?

私は子どもの頃、父と一緒に見ていたので好きです。

千代の富士が北の湖を倒した取り組みも見ていました。

昨日の稀勢の里が優勝を決めた取り組みは素晴らしかった。

でもね、どうしても私は気になるのです。

照の富士のことが。

私も稀勢の里を応援していました。

でも、多くが稀勢の里を応援しているような雰囲気の中、
どんな気持ちだっただろうかと考えてしまうのです。

勝負事ですから、勝つ人がいれば負ける人がいる。

わかってはいるけれど、
ちょっと切ない気持ちになってしまいました。

スポーツなど、勝負ことに身を置く人たちは、
こういうことにも耐えなければならないのですね。

尊敬します。



4月から大学生になる方たちとその親御さんへ。

特に浪人していたり、
主に夜に勉強していたとか、
あまり体を動かしていなかった場合、
睡眠障害にお気をつけください。

現役生は学校があって規則正しい生活ができていますし、
体育などで体を動かしていたでしょうから大丈夫かと思います。

でも、息子のように予備校へ行かなくなったり、
夜遅くまで起きていて昼間寝ているような
昼夜逆転になっていた場合、
簡単に生活リズムが戻らないことがあります。

一人暮らしをするようになって起こしてくれる人がいなくなると、
どう頑張っても起きることができなくなり、
息子のようになってしまうことも考えられます。

食事も大切のようです。

新しい生活が始まるまでもう時間がありませんが、
数日でもいいからとにかく早寝早起きをしてくださいね。

ささやかな私からのアドバイスです。



今日も読んでくださってありがとうございます。
明日はホルター心電図検査ですよー。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ

にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



AD
 

自分で決められることに焦点をあてよう

スポンサーリンク


こんにちは。

昨日書いた記事、うっかりしていて下書きのままにしていました。

気づいたのが今日の夕方。

あちゃー。


誰にでもある、うっかりやミス。

受験生の皆さんにはそのようなことがないように気を付けてほしいです。


大学の合否がぞくぞくわかってきて、
私大が第一志望の場合は早速手続きに入っているのでしょうか。

家を出て下宿生活をする場合は
住むところを探すために現地に足を運ばなければならず、
楽しくも大変なことでしょう。

東京の場合は場所によって本当に賃料が高く、
大変だーと思っていました。

とはいうものの、息子の場合は都心からちょっと離れているので、
まあこんなもんで済んでよかったという程度で落ち着きました。

一般的には地方のほうが下宿代は安く済みそうに思えます。

でも、地方国立大学を卒業している保険の外交員さんが言ってました。

そもそもアパートが少ないものだから、
需要と供給の関係で足元を見られ、
賃料はそれほど安くなかったと。

息子のアパートは、8畳バストイレ別、
管理費込みで5万5千円。

保険のお姉さんが借りていたアパートは、
10年以上前で5万5千円。
バストイレが一緒で全然広くない6畳だったそう。

なるほどそういうこともあるのか。

息子が受験したときに仮押さえしたアパートは、
4万円くらいだったような気がします。

もっと安いところもあるにはありましたが、
広さや立地、実際に見てみると、
賃料だけではやはり決められませんでした。

その町には大学がたくさんあり、
アパートもたくさんありましたから、
賃料も比較的低く抑えられていたように思います。


最近は大学も都心回帰の傾向にあるようですが、
下宿生にとってはあまり良いとは言えませんねえ。

都心のアパートは高い。

都心から離れると交通費がかかる。

ですから。


返済不要の奨学金の話しがありますが、
格安で入居できる寮が十分な数あれば、
地方から出ていく学生にはうれしいんじゃないかな。

だって、学費と同じくらいかかるわけですから。

寮建設に補助金を出すのも学生のためになるかも。



受験も終盤。

私大の結果によっては追い詰められた気持ちになっている方も
たくさんいることでしょう。

息子も去年、「生きていてもしかたない」
なんてことを口にしていました。

たかが受験、されど受験。

先日書いたものを、もう一度書きましょうかね。


ほぼ日手帳2017年版 1月14日の日々の言葉。


入試や就活で「人生ここで決まるんだ」って思ってる人たちに。
「そんなことはないよ。それで何かが決まるなんて大間違いだよ。
 何も決まらないよ、そんなことでは」って言いたい。
ダメになろうと思えばいくらでもダメになれるし、
面白くなろうと思えばなれるから。
――――浅生鴨さんが「勉強の夏、ゲームの夏。2015」の中で



今日も読んでくださってありがとうございます。
人生には自分で決められることと決められないことがあります。
決められることに焦点を当てて生きていきましょう。



 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

不安いっぱい、出発の春

スポンサーリンク



こんにちは。

大好きなフィギュアスケートがあると
いろいろなことを後回しにしてしまします。

本当に好きなことがると人はこうなるものです。

いいんです、それで。


昨日は午前中に録画していたドラマを3本ほど観て、
昼食を食べた後に新しく買ったミラーレス一眼を持って出かけ、
大型電気店経由で帰ってきました。

うちに帰ってきたらもう6時半で、
ご飯を作って食べてお風呂に入り、
その後はフィギュアスケートをずっと見ていました。

三原舞依ちゃん、優勝おめでとう!

今日は男子のフリーです。

テレビ放送は7時からだから、
大河ドラマは録画してあとでみなくちゃ。


昨日撮ってきた写真を息子へLINEで送ったのですが、
未読スルーされているのか今日になっても既読にならず。

死んでいるんじゃ?

とあいかわらずの心配があたまをもたげ、
これは返事をする必要のあるものを送るしかないと、

「25日だけど、11時に原宿待ち合わせ大丈夫?」

とLINEしたら、

「大丈夫」

と返事がありました。

生きてた(*´∇`*)


子どものいない人にしたら
「ばかじゃね?」
と思われそうだけど、
きっとここに来てくれている人なら
私の気持ちがわかる人も多いのでは?と思っていますが、
どうでしょうかぁ?



私立の合格発表の結果、
進学する大学が決まった人も多いことでしょう。

国公立を受験する人はその結果が出るまで何も進められず
ちょっとしたストレスですね。

短時間であれこれ決めなければならず
気持ちが急いていたことを思い出します。

家財道具を買いそろえるのに大金を払いました。

ただ、こっちから持っていくものは少なかったので、
引っ越し費用は安く済みました。

今思うのは、冷蔵庫や洗濯機など、
レンタルでもよかったのではないかということです。



新品4年レンタルで購入するのとそれほ変わらないことを知ったからです。

しかも、レンタル品が新品で。

新生活で買いそろえてものがたくさんあり、
卒業して引っ越しするときは大きなトラックが必要になることは間違いなく、
いったい引っ越しにいくら必要になるのだろうと心配になります。

今から心配してどうするんだ?

まあ、息子は4年で卒業できないことが決定しましたから、
4年レンタルしなくてよかったんですけど。

就職は地元で公務員!

と思っている人はレンタルというのもありかな。

ご主人の単身赴任にレンタルを利用されている人は多いみたいですね。


わくわくどきどき、そして不安いっぱいの春です。



今日も読んでくださってありがとうございます。
この春、息子も無事再出発できますように。





 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 

気を紛らわせるためにアパートをさがしてみよう

AD


こんにちは。

のどがイガイガして咳が出て困っています。

電車の中で突然始まるので本当に困ります。


西日本 鳥取中心に記録的大雪のおそれ
というニュースを目にしました。

大丈夫かなあ。

受験に影響がでないといいけれど。


お子さんが受験生の皆様。

心穏やかではいられませんね。

ということで、その穏やかでいられない気持ちを他に持っていく
お手伝いをしたいと思います。

昨日も少し書きましたが、
大学進学でお子さんが家を出られるという方。

アパート探しをしてみましょうか。

といっても実際に契約するのではなく、
ネット上で探して空想の世界にひたるのです。

地域によってアパートもさまざま。

自分の常識は他人の非常識。

自分が住む地域とよそではアパートの様子も違ったりします。
気候が違えば建物も違います。

じっくりと物件についての知識をつけたり、
そこの大学の学生は主にどのあたりに住んでいるのか調べたり。

気が付けば子どものことを心配しているという方には
そうやって気を紛らわせることをお勧めします。



首都圏や私大に進学する方は
早めにアパートをおさえるのがいいのかもしれませんが、
地方国立となるとまた話は違ってくるかもしれません。

息子が受験した国立大学では、
大学生協が持っている物件がとても多く、
ホームページをみると、
合格発表後でも十分物件は見つけられる、
と書かれていました。

そのような場合はあせって仮契約をする必要はないと思います。

というのは、出足が遅いと良い物件をおさえられないというのがひとつ。

もう一つは、うちのように不合格だった子がおさえていた物件が
ちゃんとまわってくるから。

案外、そっちのほうが良かったりするかもしれません。

もちろんそれは大学生協が管理している物件が多い場合ですが。

それに、仮契約していても、
本契約のために足を運ばなければならないのです。

もし息子がその国立大学にいくことになっていたら、
アパートの契約のためだけに5万円(交通費)が吹き飛んでいました。

さらに引っ越しとか、いくらかかったかわかりません。

神のおぼしめしありがたや。

という気持ちです。


大学が決まったら忙しくなりますよ。

人生は川の流れのよう。

急流だったり緩やかな流れだったり、
時に渦巻き、よどむこともある。

でも、止まることはないのです。

だから、舵取りが大切。

そしてその舵はひとりひとりがとるしかない。

親が子どもの舵を切ることはゆるされないんだよな、
と今の私は肝に銘じています。

もし私の乗る船の舵を横から手を出されて勝手に切られたら
憤りを感じると思うから。


昨日のドラマ、「嫌われる勇気」の中でも言っていました。

子どもが勉強しなかったら親のあなたはどうするか。

勉強するのはあなたの課題ですよ、
いつでもサポートはしますよと伝え、
あとは見守るのがよいという。

これって、「子どもを信じること」で言っていたことと同じ?

それが究極の答えなんだろうと思う。


そんな悟ったようなことを書いているこの私も、
この先の息子の状態によってはまた取り乱すかもしれません。

でも、取り乱したところでどうしようもないことは、
去年十分に経験しましたから、
さあどうなるのか、自分。


今日も読んでくださってありがとうございます。
昨日息子からLINEがきました。

乗ってた電車が人身事故で止まって
一時間半も足止めくらった

だって。
何事も経験です。

(ニュースになっていた池袋の事故ではないと思います)



 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村


親バカ ブログランキングへ

AD
 
スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ