人生なんとかなる!たのしく生きると決めました

浪人、休学、留年、中退した息子の母日記

息子

選挙ですね



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

7月21日は参議院選挙の投票日です。

権利は行使しなくちゃです。


自分にとって都合の良いことをしてくれそうな候補や
政党に一票を投じる。

それでいいのではないでしょうか。


「若者よ選挙に行くな」
という動画が話題になっています。

世代間の分断につながると批判的な意見も多いですが、
この動画が言っていることはある意味本当のことです。

政治家も職業です。

保身ばかりの政治家もたくさんいます。


日本の将来のことより
自らの保身を考えて
投票率の高い年代に都合の良い政策を声高に叫ぶ。

だから若い世代の投票率を上げることに
非常に意味があるということ。

若い世代の投票率が
60代70代より高ければ、
若い世代のことを考えた政策がとられる。


資金には限りがあるので、
その限りあるものをどう分配するのかということです。

私の友人にも、
自分が投票したって何も変わらないから
と言っている人がいました。

でもそう考える人100万人が投票したら
少しは変わるんじゃないかとも思うのです。

私も最近は思考停止しています。

会社なんて政治と一緒みたいなものなので。

どうせ変わらないと思い始めていました。



でも最近、
同じように問題意識を持っている人がいることを知り、
これは会社が変わるチャンスかもしれないと思うことがありました。

あきらめたらそれで終わりなのです。

考えなくなったら終わりなのです。

行動しなくなったら終わりなのです。


世の中は変わり続けています。

何もしなければ今の状態が続くわけではありません。

自分が行動しなければ、
自分以外の人の都合で世の中が変わっていきます。

そこは自覚しなければなりませんね。

どう変わっていってほしいのか。

考え続けていきたいものです。




息子が帰省してきた時、
こんな話をしていました。

各政党のチラシを読んだ感想です。


どこかの野党政党のチラシには
具体的に何をどうしたいかということが書かれていたが、
とうてい実現不可能に思えることだった。

一方与党政党のチラシを見ると、
内容が抽象的過ぎて
具体的に何をどうしたいのかわからなかった。


息子はよく見ているなと思いました。


ただはっきりしていることは、
具体的に何をどうしたいのかがなければ
なにもなしえないということです。

つまり、100点を取ろうと思わなければ
100点は取れないということです。



私も自分が何をしたいのか
これからをどう生きたいのか
はっきりさせないと
ただ毎日がなんとなく過ぎていくようで
とっても怖いなと感じています。

あと50年生きるかもしれないのに!



今日も読んでくださってありがとうございます。
コメントで安富歩氏についていただいたので、
私の大好きな本をまた紹介させていただきますね。

生きる技法







にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

必要なら自ら学ぶのだ



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


来年度実施の大学入学共通テストで導入される民間の英語資格試験のうち、
「TOEIC」(トーイック)が2日、参加を取り下げた
というニュースがありました。

私にはもうすでに関係のないことなので
大学入学共通テストについての知識がありません。

でも、TOEICで受験しようとしていた人は一定数いたはずで、
準備をしていた人たちにとっては
とてつもなくショックだったのではないかということは
想像に難くありません。

英語力があればどの試験を受けても同じ結果になるのならいいのですが、
そうではないことは誰にでもわかることです。

試験に合わせた対策が必要だということです。


学力低下を防ぐために
入学試験を変えようとすることが
そもそもどうなんだろうと私なんかは思います。

英語力を向上させたければ、
大学でつけさせればいいんじゃないの?

っていうのは難しいだろうけど。

だって、必要だと思わなければやりませんから。

そう、きっと必要じゃないんだ。

必要な人、必要になるだろうと思う人は、
自ら学ぶのだ。


NBAのドラフトで一巡目指名を受けたことで一躍注目された八村塁選手は、
アメリカに行くことを目指していたので、
高校時代から英語をかなり勉強していたとのこと。

サッカー選手なども、
英語はもとより、
イタリア語やスペイン語ポルトガル語など
学んでいる人たちが多くいます。

結局のところ、学びというのは
自らの意志でやらなければ身につかないということです。

学問を学ばずとも生きていくことはできます。

どこでどのように生きていこうと思うのか、
それがひとりひとりの学びの姿勢になるように思います。



息子が大学を辞めて就職するとなったとき、
私は筆記試験対策を勧めました。

でも息子からぴしゃりと言われたのです。

必要だと思ったらそのときはやるから口出ししないでと。


息子はいまどきの若者らしく
できるだけ無駄なことはしたくないようなのです。

やっておいたほうがいいとか、
やっておいたほうが安心とか、
そういう不確実な要素は排除したいみたいで。

ということで、
あらためて親の口出しは不要、
むしろ悪、と思った次第です。


とはいえ最近になって、
就活用の資料が買いたいからとお金の無心がありました。

はいはい。


資料とはなんぞや。

わからんけど、ま、いっか。



今日は私が読んでいい話だなと思った記事がありましたので
紹介したいと思います。





ぼくが末期がんになって気づいた、親が子に伝えられる最も大切なこと

リンクを貼った記事は後編なので、
前編もぜひ読んでいただきたいと思います。

この記事の、「母校から不良がいなくなった理由」
というのがよくて、
子どものことは肯定してあげたら
がんばってしつけようとしなくても
いい子に育つんだなと思いました。

ま、うすうすそうじゃないかと思っていましたが。


よく、母子家庭だからときびしくしつけたのに、
どんどん荒れていってしまった・・・
というのは「きびしくしつけた」というところに
問題があったんじゃないか、とかね。

いまのままのありのままのあなたが大好きだよ
というメッセージが何よりも大切なのでしょう。



今日も読んでくださってありがとうございます。

「こころの対話 25のルール」を読み始めました。

こころの対話 25のルール (講談社+α文庫)




平易な文章で、どんどん心に入ってきます。

今度感想を書きますね。






にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

息子に会う話と、片づけについて



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。

今度、姪の結婚式があります。

結婚式は横浜なので、
翌日は鎌倉まで足を延ばして観光するつもりです。


帰省していた時、
息子に一緒に鎌倉へ行かないかと誘ってみました。

そうしたら、行くと返事をもらいました。


行く日が近づいてきたので、
また息子にLINEで確認してみました。


何時頃までに鎌倉に到着できるかと。


すぐには返事がこなかったので、
昼夜逆転しているのなら、
結婚式の当日の夜に中華街で夕飯を食べようか?
ともきいてみました。

昨日になって、
鎌倉まで2時間近くかかるし、
早い時間だと通勤ラッシュと重なるから
あまり早く着くのは難しいという返事が来ました。

結局、11時半くらいの到着になると。


ということで、
一緒に鎌倉観光とランチができそうです。

今回は家族三人の写真を撮りたいと思っています。

楽しみ♪






我が家は物がたくさんあって、
片づけや掃除が大変です。

だからまずは物を減らしたいと思っています。

以前ここで紹介した本、
実は私が買ったものと違っていました。

私が買ったのは、この本です。

ミニマリストな暮らし方 ~ひとり暮らしから5人家族まで。人気インスタグラマー&ブロガー21人



薄くて写真が多いので、
あっというまに読めてしまいました。


自分にやる気を起こさせるために買った本です。


ミニマリストのブログやインスタでいいかとも思ったのですが、
長く続いているサイトでは、
どうしても使っているものや買ったものの紹介になっているところがほとんどで、
私が知りたい情報にたどりつくのが大変なのです。

ですからコンパクトにおいしいところどりした本が最善。

この手の本はたくさん出版されていますから、
書店で手に取って自分の感覚にあった本を参考にするのがよさそうです。


土曜日に、とあるイベントに足を運んだのですが、
その車中にこの本を読み切り、
家に帰ってきてから衣替えを兼ねて服を少し処分しました。

それから、鍋も二つ捨てました。

なくてもぜんぜん困らないものだったので。


とにかくなくても困らない、
何年も使っていないもの、着ていない服を処分する。

自分の物を徹底的に見直してみようと思っています。

収納スペースがパンパンで、
しまいきれずに出しっぱなしのものがけっこうあります。

収納スペースの中身を見直して処分したら、
今外に出ているものがしまえるはずです。


不用品を処分するのは簡単なはずです。

がんばるぞー!


そうそう、本はね、
無理に処分しないつもりです。

それほどたくさんあるわけでもありませんし。



そして、あるブロガーさんがミニマリストになったきっかけの本を紹介していました。

シンプルに生きる 人生の本物の安らぎを味わう (講談社 α文庫)



近所の書店に在庫があったので、
早速手に入れてきました。

この本はとてもいい感じです。



それと、ミニマリストのみなさんの多くが使用しているというマットレスが紹介されていました。

アイリスオーヤマ エアリー マットレス 三つ折り 厚さ5cm 高反発 リバーシブル 通気性 高耐久性 抗菌防臭 洗える シングル ホワイト MARS-S



私が今つかっているのはニトリで買ったマットレスなのですが、
かなりへたってきていて買い替えを検討しています。

そこで、ホームセンターでこの
エアリーマットレスなるものを見てきました。

なかなかよさそう。

近いうちに買い替える予定です。


きっとこのブログの読者さんでも使用されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひ、ご感想おきかせください。

特に耐久性!

よろしくお願いいたします。






今日も読んでくださってありがとうございます。
昨日の「長閑の庭」もおもしろかったー。
やばい、漫画本がほしくなってきた・・・・

長閑の庭(1) (Kissコミックス)





にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

正しさの暴走



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


皆様、コメントありがとうございます。

いつも心にしみています。


そろそろお返事を書くことを再開しようかと思っています。

もうちょっとだけお待ちください。



皆様からの前向きなコメントをありがたく思いつつ
私もそう願っておりますが、
息子の状況は、社会的に引きこもりなのだろうと思っています。

パケットの使用状況から、
外には出掛けていないようですので。

夫が心配して息子から何か連絡があるか訊いてきたので、
LINEがあったことを伝えて、
生きていることに安堵するという状態です。


外に出られないとか、
親と一切口をきかないとか、
そんなことは全くないので
精神的に病んでいるというわけではありません。

とりあえず今は一定の期限を決めて口出しせず見守ることに徹します。

ただ、これが本格的に引きこもってしまうと問題なので
そのあたりは様子を見ながら援助していくつもりです。

息子の状況次第で支援団体に相談するなど考えます。









ツイッターのタイムラインでリツイートされていた記事を読み、
これは姉だなと思ったものがありました。


ー 正しさが暴走するこのインターネットは早急に滅ぶべきである ー


今回もリンクは貼っていませんので、
上記記事を検索していただければと思います。


この記事にある、「特定の女子」はたぶん小学生の頃の姉です。

姉は良く男の子と喧嘩していたと聞いています。


帰りの会で、「今日の困ったこと」コーナーがあったら、
きっと姉も同じことをしたんじゃないかしら。


そして、この記事では
担任の先生が正しさの暴走を止めることはなかったようですが、
姉の時には先生が止めに入り、
逆に姉に反論され言いくるめられたというのが、
先日兄が言っていた「先生を吊し上げた」
ということなのではないかと思ったり。


姉は怒っても、
こちらが「ごめんなさい」と謝ると、
ケロッと怒っていたことを忘れてしまいます。

私には信じられないことですが。

なぜなら、私は怒った自分に自己嫌悪するからです。

私はいつも自分の落ち度を考え、
自分にもよくないところがたくさんあると思っているので
人に謝罪させるなどとてもできません。


こんな思考をするようになったのも、
物心ついたときからずっと
私に悪いところがあるから怒られるのだ
と思わされてきたからでしょうか。



昨日だったか一昨日だったか、
殺人事件の半数が親族間のものだと
ニュースでやっていました。

殺すくらいなら距離をとればいいのに。

と思いますが、
親族だから離れられないと思い込んでいる。


そういうところも変わっていく時代かもしれません。


姉のことはなるべく考えないようにしたいのに、
忘れた頃になると必ず姉から何かしらのアクションがあるので、
いつそれが来るかとドキドキしています。

忘れたいのに。。。








今朝電車に乗っているときに夫から着信がありました。

電話してくるなんて、何事が起きたのだ!

と心配したら、
鍵を持たずに家を出てしまったから
私の会社まで家の鍵を取りに来るという話でした。

鍵の束には会社の机の鍵もついていたらしく、
引き出しが開けられなかったみたいです。

営業車できて鍵を私から受け取り、
その足で自宅に自分の鍵を取りに戻ったと思われます。



夕方に待ち合わせして、
義父への父の日のプレゼントを選んで送りました。

何しろ鍵がなかったので、
早く帰ろうにも帰れませんでしたから。



今日も読んでくださってありがとうございます。
明日は抗血小板薬を処方してもらうために病院に行きます。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

元気が出てきました



初めての方は、よろしければこちらをご覧ください


スポンサーリンク


こんにちは。


息子のことはもちろん気がかりですが、
今私を悩ませているのは家族(実家)のこと。

なんだかもう何もかも嫌になり、
「死んでしまいたい」
と思うほど重症になっていました。


一昨日はひどい頭痛に悩まされ、
めまいもあり、
もしかしたら死んでしまうかも、
それでいい、
なんて本気で思っていました。


でも時間は人を冷静にさせるものです。


ああ、無意識で人に罪悪感を抱かせるって
こういうことなんだなと
今日になってわかってきました。

私だってそういうことをしているかもしれません。


罪悪感を抱かせ、
自分の思うとおりに人を操作しようとする。


実際に体験させられると、
死にたくなるほど強烈なものだとわかりました。

本人、無意識ですからね。

抵抗のしようがありません。




私が立ち直るきっかけになったのは、
あるブログのおかげでした。


「人のために生きない」

と入力して検索した結果、
見つけたのが下記のサイトです。

リンクは貼っていませんので、
興味をもたれたら検索してみてください。



ーいばや通信ー

「誰かのため」とか言っていないで、自分のために生きること。ー 期待は自分自身に寄せるものであって、他人に寄せた瞬間に甘えになる。




これを読んで、
息子が帰省した時に息子と交わした会話を思い出したのです。


親のこととか、姉とのこととか、
関わらずにはいられないから、
仕方ないんだということを言ったとき、


「しかたないとか言うけどさ、嫌ならやめればいいじゃん」


というようなことを言われたのです。


そうは言っても、
大人には嫌だからやらないとか、
やめるとか
簡単にできない事情があるものです。

あなたの大学中退とはわけが違うのよ、
とは言いませんでしたが。



でも、そのときなんとなく感じたものがありました。

以前にもちらっと書いたことがあったでしょうか。

そしてこの記事を読んで、
ああ、息子は私に楽しく生きてもらいたいんだなと、
嫌なことをやり、
苦しんでいる親を見て子どもが楽しいわけがない
そう思ったのです。


「しかたない」と言いながら苦しむ私を見て、
自分はそうならないぞと思ったのかもしれません。


そうだよ。

楽しく生きなくちゃ。

死にたいとか言ったって、どうせ死にやしないんだから。

生きるなら、楽しく生きよう。


息子のことを気にしないなんてできないけど、


何したって、
何もしなくたっていいよ。
それであなたが楽しいなら。


というスタンスでいるのがいいんじゃないかしら。


そう思ったら、ちょっと元気がでてきました。




困った時には誰かに、どこかに相談するのが良いのかもしれませんが、
相談して必ずしも良い結果になるとは限りません。


このブログにあった、
教育系シンポジウムでの登壇者のことを読んでもわかるように、
逆に追い詰められる結果になることも考えられます。

難しいですね。



教育のこと、勉強したい。

日本の教育システムはどうなのか。

心理学や精神医療との関連、連携とか、
外国の状況とかを知りたい。

そして、知り得たことを還元したい。

日本の教育システムに影響を与えることはできなくても、
困っている人、悩んでいる人のためにできることをしたい。

そんな気持ちになっています。

年齢や金銭的、能力を考えたらほぼ不可能なんですけどね。


夢、でいいかな。

自分がわくわくできる夢。



最近、やっぱり目標がないと頑張れないなと感じているのです。




今日も読んでくださってありがとうございます。
時間稼ぎも大切です。
あわてないあわてない!



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ  にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ にほんブログ村 本ブログへ

 


AD
 

スポンサードリンク1
読んでみたい本メモ

AD
プロフィール
公立高校不合格
底辺私立高校の進学コースへ

偏差値30、40台を長く低迷

希望を持って浪人生活に入るも
成績が振るわないことから
模試を受けない、
予備校へ行かない部屋から出てこない生活

2016年1浪ののち東京の私立大学進学

大学1年の夏休み明けより休学。
1年半休学して復学するも留年。
そして退学するに至りました。

これからどうなるのか。

子どもを信じて見守り隊員
(読者)大募集中(笑)

コメントのお返事、
すぐできないことも多いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ


にほんブログ村 本ブログへ




最新コメント
息子もやってます
  • ライブドアブログ